全国のドクター8,887人の想いを取材
クリニック・病院 161,489件の情報を掲載(2020年1月29日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 調布市
  4. 柴崎駅
  5. 調布柴崎歯科クリニック
  6. 東郷 亮輔 院長、東郷 千穗美 副院長

東郷 亮輔 院長、東郷 千穗美 副院長の独自取材記事

調布柴崎歯科クリニック

(調布市/柴崎駅)

最終更新日:2019/08/28

20180911 179867

京王線柴崎駅北口から徒歩2分という利便性の高い場所にある「調布柴崎歯科クリニック」。子どもから高齢者まで幅広い患者が通う同院では、厚生労働省が掲げている「8020運動」を意識しながら日々の診療にあたっている。東郷亮輔先生と千穂美先生の2人体制で、それぞれの専門性を生かした多方面からの診療を可能にすることで、二人三脚で患者に寄り添っているのだとか。そんな2人に、歯科医療にかける思いや今後の展望などをじっくりと語ってもらった。
(取材日2018年8月29日)

「8020運動」を意識して、日々の診療に取り組む

オープンから1年半以上がたちましたが、今はどのような患者さんが多いのでしょうか?

20180911 1

【亮輔先生】幅広い年代の方に通っていただいていて、最高齢は98歳の方です。ただ、今通ってくださっている患者さんの中で一番多いのが30代から50代の働き盛りの方ですね。やはりご自身で痛みや違和感を感じて来院する方が一番多いと思います。そういった場合でも、お口の中を診せていただくと、痛みの原因以外にも治療が必要な場合が多く、そこからそれ以外の治療が始まることもあります。開院当初から通ってくださっている患者さんの中には、その頃に比べて歯や口の中についての意識が高くなった方も多いんですよ。そういう姿を見るのはとてもうれしいですね。

こちらのクリニックを開院した経緯を教えていただけますか?

【亮輔先生】僕は福岡出身で、実家も歯科医院なんです。九州で歯科医師として働くという選択肢もありましたが、東京のほうが勉強会などの機会も多く、ずっとこちらで仕事をしたいと思っていました。家族にも相談しましたが、「好きにしていいよ」と言ってもらえたので、東京での開業を決めたんです。この場所に巡り会うまでには、いろいろと候補もあったのですがなかなか決めきれず……。でも、こちらを見たときに、自宅から近いことやガラス張りの雰囲気などが気に入って即決しました。それが2016年の8月のことで、オープンは同年の12月でしたから、その半年はかなりバタバタでしたね(笑)。

診療で心がけていることを教えてください。

20180911 2

【亮輔先生】当院では、厚労省が掲げている「8020運動」を意識して日々の診療にあたっています。「8020運動」とは、80歳になったときに、自分の歯を20本以上保っていようというものです。そのために、虫歯や歯周病の治療はもちろん、噛み合わせや歯並び治療に対応していますし、そして何より定期的に通院していただけるように患者さんお一人お一人に配慮をしています。
【千穂美先生】「8020運動」もそうですが、患者さんには国が出しているデータや論文などを提示するようにしています。客観的なデータを見せることで、患者さんの通院を続ける意識を高めたり、習慣を変えようとするきっかけになったりもするのです。

より良い歯科治療を患者に還元するべく、日々進化する

診療・設備でのこだわりを教えてください。

20180911 3

【亮輔先生】先ほどお話ししたように「8020」を達成するには『二大疾患である虫歯・歯周病治療』『正しいかみ合わせを得ること』『メインテナンスを継続すること』が重要と考えています。これには僕たち2人で行っていくのは困難なので、歯科衛生士の力がとても重要です。患者さんお一人お一人にしっかり時間を取って、皆でチーム医療を行っています。また、歯科に求めるニーズは人によってさまざまですので、審美歯科や口臭治療なども重視しています。そういったことをしっかり行っていくために、CTや世界でも特に厳しい基準を満たすクラスBの滅菌器などを採用しました。今後も設備は充実させていくつもりです。
【千穂美先生】今あるものを使っていかに技術を高めていくかも重要なので、スタッフ教育なども力を入れています。また、スタッフには積極的に外部の勉強会に参加することを奨励してもいます。

患者さんからの反響はいかがですか?

【亮輔先生】開院してから、ずっとこのスタンスを貫いているので、多くの患者さんから「歯の大事さを知った」「そんな説明初めて受けた」などと言ってくださいます。少し大げさですが患者さんの人生に関われたと思うととてもうれしいですね。スタッフもやりがいを感じてくれているようで、自分からどんどんいい仕事をしてくれます(笑)。良い循環が生まれていると思います。

お子さんにはどのような方針で治療をされていますか?

20180911 4

【千穂美先生】ただ単に虫歯治療をするのではなく、正しい習慣や正しい歯ブラシを身につけて、自分で予防できるようになることを意識しています。また、かみ合わせの改善は早いほうが根本的なところから解決を図れるので、お子さんのうちからしっかりと治療することが大切だと考えています。今は、お子さん一人ひとりの成長の段階に合わせ、筋機能療法の考えを用いながらマウスピース型装置を用いた矯正などを行っています。お子さんの矯正治療については、口を常に開けていたり、前歯が出ていたりするのを心配されている保護者の方から質問を受けることも多いですね。しっかりとお子さんの口の中を見ている保護者の方が多くて感心します。赤ちゃんの歯が一本生えれば管理が必要になってきますので、どんなことでも安心して相談していただければと思っています。

患者のより良い人生に貢献したい

開院し1年半たちましたが、スタッフの方の雰囲気などに変化はありましたか?

20180911 5

【亮輔先生】オープンから今まで、スタッフが一人も辞めていないんです。もちろん、日々いろいろなことがありますが、最終的にはついてきてくれているので、感謝しています。月に一度、しっかりと時間を割いて全スタッフミーティングを行っています。客観的なデータをもとにした患者さんへの説明の仕方など、ミーティングというより勉強会と言ったほうがいいかもしれませんね。スタッフも患者さんから信頼されていて、スタッフから説明を受けた患者さんが意識や習慣を変えたケースがいくつもあります。それぞれが高いスキルを持つスタッフたちなので、その能力をさらに引き出すためにはどうしたらいいかはずっと考えていきたいと思っています。僕たちを含めた全スタッフが刺激し合い、向上し合えるのが理想の姿ですね。

今後の展望を教えていただけますか?

【亮輔先生】通っていただいている患者さんが周りの方に「あそこは間違いないから、歯医者に行くならあそこにしなよ」と言ってもらえるようなクリニックに育てていきたいです。そのためには、一人ひとりの患者さんに真面目に向き合うことが何より大切だと思っています。そしてそれは、歯科医師である僕たち2人だけではなく、スタッフ全員で継続的にやり続けないといけないことです。僕は、小さなことも見逃さないよう、しっかりとクリニック全体を見ていかなくてはいけないと思っています。

読者へのメッセージをお願いします。

20180911 6

【亮輔先生】高齢になった時、いかに健康でいられるか、ごはんをおいしく食べられるかは、お口の中の健康が大きく関係します。高齢になるもっと前の段階から歯科医師としてお口の中の健康に携わり、患者さんのより良い人生に貢献していきたいと思っています。患者さんのお役に立てるよう、これからも日々努力していきます。
【千穂美先生】現代の女性は30代で出産する方が多く、それから50代あたりまで、歯医者から足が遠のく方がたくさんいらっしゃいます。でも、お母さんのお口の中の健康はお子さんの健康にも直結するので、まずはご自身のケアのためにも歯医者に来ていただきたいです。性別に関わらず、30代から50代のセルフケアがその後の健康に大きく影響します。ぜひ後回しにせず、お近くの歯医者での定期的なメンテナンスを受けてください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

オフィスホワイトニング/1回9000円~、ホームホワイトニング/ジェル1本2000円~、マウスピース型装置を用いた部分矯正(前歯)/35万円、マウスピース型装置を用いた全体矯正/60~82万円、インプラント治療/1本34万円~(すべて税別)

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access