宮前平歯科林クリニック

宮前平歯科林クリニック

林 茂雄院長

179522

東急田園都市線の宮前平駅を出てすぐ、メディカルモールの3階にある「宮前平歯科林クリニック」。勤務医として経験を積んだ院長の林茂雄先生が、2016年12月に開業した。人と話すのが大好きで、ユーモアたっぷりのその人柄は子どもたちからも大人気。開業して間もないというのに、子どもから大人まで、周辺のベットタウンからたくさんの患者が訪れる。チームワークをとても大切にし、信頼できる医師とのネットワークを構築。「健康のことでお悩みの場合は気軽に相談してください。信頼できる仲間を紹介します」と林院長。患者の健康を全面的にバックアップしていきたいと意気込む。
(取材日2016年12月29日)

大切なのは患者目線、医師とも連携して健康をサポート

―歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

実は、私の姉が歯科医師なんですよ。なので、歯科医師という仕事がとても身近で、どんな仕事なのかよくわかっていましたし、その魅力も姉からいろいろと教えてもらいました。それに、両親には以前から「手に職を持ちなさい」と言われていたので、進路を決める時、迷わず歯科医師に決めました。歯科医師の仕事は姉から教えてもらった通りで、歯の治療を通して患者さんにとても喜んでいただける、とても素晴らしい職業ですね。歯の治療を通して地域に貢献していると実感もできるので、仕事がとても楽しいですし、すごく充実した毎日を過ごしています。

―この場所で開業したのはなぜですか。

住まいが横浜なので、東横線の沿線かその周辺エリアで開業したいと思っていました。それと、こだわりが一つあって、開業するなら絶対にメディカルモールと決めていました。年配の患者さんの中には、歯科医師も「お医者さん」みたいな感覚でとらえている方もいて、歯の治療が終わったあと、腰も痛いからついでに診てほしいと言われることがあるんですよ。そんなとき、相談に乗ってあげられないのは悔しいですよね。なので、開業したら周りの医師と連携して、患者さんの健康を全面的にバックアップしたかったので、メディカルモールにこだわりました。ここのメディカルモールには、信頼できるお医者さんがいくつも入っているので、歯の治療をしたあと、いいお医者さんを紹介してあげられます。今も周りの先生とのネットワークはどんどん広がっているので、健康のことでお悩みの場合は気軽に相談してください。

―子どもの患者さんも多いようですね。

開業時にはさまざまな患者さんを想定し、院内をバリアフリーにしてご高齢の患者さんでも安心していただけるようにしましたし、通常の待合室の隣にキッズルームも用意して、お子さん連れの患者さんにもリラックスしていただける空間をつくりました。おかげさまで開業以来、幅広い年齢層の患者さんに来ていただいています。特徴的なのは、小児歯科専門ではないのですが、子どもの患者さんが多いことでしょうか。この周辺は30代から40代の若い世帯が多いエリアということも、影響してるのかもしれません。もしも、お子さんが歯医者嫌いでお困りのようでしたら、気軽に相談してください。すぐに治療をしないで、まずは時間をかけて歯医者さんに慣れてもらうなど、お子さんの様子に応じて治療方針を変えています。

記事更新日:2017/11/13


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細