全国のドクター9,579人の想いを取材
クリニック・病院 160,681件の情報を掲載(2022年11月30日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 町田市
  4. 南町田グランベリーパーク駅
  5. 南町田ファミリー歯科
  6. 戸田 啓允 院長

戸田 啓允 院長の独自取材記事

南町田ファミリー歯科

(町田市/南町田グランベリーパーク駅)

最終更新日:2022/11/28

20221031 179493 top

「困っている患者さんが駆け込める歯科医院にしたい」とほほ笑む、「南町田ファミリー歯科」の戸田啓允院長。虫歯や歯周病の治療のほか、口腔外科・矯正歯科・小児歯科・インプラント・ホワイトニングなどを幅広く診療し、話好きの優しい人柄で信頼を集めている。診療では「自分が受けたい治療の提供」を信念に、わかりやすい説明を重視。患者を思う気持ちはクリニックづくりにも注がれ、院内はオレンジや木目の温かい雰囲気で統一し、広いキッズルームには「歯医者は怖くないんだよと教えたい」と鉄道模型やままごとセット、お絵かきセットなどを所狭しと置いている。「これから20年、30年、ずっとこの場所で地域医療に貢献したい」と表情豊かに語る院長に、クリニックの特徴や診療方針について話を聞いた。

(取材日2016年12月21日/更新日2022年10月31日)

困ったときに駆け込める、地域密着型の医療をめざす

まずはクリニックの簡単な紹介からお願いします。

20221031 1

どなたでも通いやすい、地域密着型の歯科医院をめざしています。歯科医院というと「痛い・怖い」というイメージがあるので、治療内容をしっかりと説明し、痛みを極力抑えた丁寧な治療に取り組んでいます。また、地域の皆さんが困ったときに診療できないようでは、地域密着型とは言えないので、土日も開院し、虫歯・歯周病の治療や、口腔外科・予防歯科・矯正歯科・小児歯科・インプラント治療・ホワイトニングなどに幅広く対応しています。

南町田という地域の印象や、患者さんの層はいかがですか?

人が温かい街ですね。優しくアットホームな患者さんが多くて、街を歩いていると「先生、先生」と声をかけてくださいます。歯に対する意識は、皆さんとても高いですね。しっかりとブラッシングをされて来院なさる方が多いように思います。平日は夜7時30分まで、土日も診療しているので、お子さんや学生、会社員の方もいらっしゃいます。ただ、土日はどうしても混み合って、お待たせしてしまうので申し訳なく思っています。

患者さんが訴える症状で多いものがあればお聞かせください。

20221031 2

「歯を白くしたい」という方がとても多いですね。審美歯科でホワイトニングを行っているのですが、高校生から70歳代まで幅広い年齢層の方がいらっしゃいます。「学校で白くきれいにした歯を友達に見せたい」という高校生や、「営業で人前に出るので白くしたい」という会社員の方、「最期の写真を撮るときにきれいな歯で写りたい」というご高齢の方など、皆さんさまざまなお気持ちがあるようです。ただ、ホワイトニングは歯が完成していないと行えないので、15歳以上を目安にしています。

信念は「自分が受けたい治療を提供する」こと

設備や内装でこだわった点を教えてください。

20221031 2 3

「自分が受けたい治療を提供する」ことが僕の信念なので、設備や治療環境にはこだわっています。とくに治療器具の滅菌消毒処理では、日本の基準より厳しいヨーロッパ基準の滅菌器を使い、高温高圧の蒸気ですみずみまで滅菌を徹底しています。内装では、血をイメージさせる赤など、怖い色は使わないようにしました。オレンジやベージュなど温かみのある色で、明るく入りやすい雰囲気をつくっています。当院では、初診の時に問診票でアンケートをとっているのですが、「どうして当院にしたのですか?」という問いで、多くの患者さんが「雰囲気が良い」に丸をつけてくだされば、うれしいですよね。

広いキッズスペースも人気ですね。

子どもが大好きなので、キッズスペースにはこだわりましたね。歯を健康に保つためには、小さい時に「歯医者って怖くないんだよ」と教えてあげることが大切ですから、子どもが怖がらないクリニックづくりを考えました。鉄道やおままごとセット、お絵かきセット、積み木、DVDなど10種類ほどのおもちゃを置き、楽しく遊べるよう広めに設計しています。おもちゃはこれからどんどん増やしていく予定です。僕自身、1歳半の息子がいるので、転んでも骨折しづらいマットの採用や、おむつ交換台、子どもが自動ドアから飛び出さないよう室内側をタッチスイッチにするなど、お子さん連れの方が安心して通院できる設計を行っています。

診療で心がけていることは何でしょうか?

しっかりと説明をすることです。自分が患者として治療を受けると考えたとき、わけもわからず治療をされるのは嫌なので、治療の流れや現在の状況についてしっかりと説明をして、納得していただいた上で治療を行うよう心がけています。具体的には、レントゲンだけではわかりづらいので、口腔内写真でお口の中を一緒に見て、虫歯の状態や、どれくらい歯石がついているかを確認します。ほとんどの人が「こんなに歯石がたまってるの?」「これが自分の口の中なの?」と驚きますよ。2つ目は、やはり生まれ持った歯が一番ですから、むやみに歯を削ったり抜いたりしないこと。どうしても抜歯が必要な場合も、表面麻酔や電動麻酔で痛みを極力抑えるようにしています。

患者さんとのやりとりで、どんなことがあったらうれしいですか?

20221031 4

例えば、お子さん連れのお父さんやお母さんから「子どもに対してここまでやってくれるのは、ありがたい。近所にこういう歯医者ができて良かった」と喜んでもらえたりしたら、キッズスペースに力を入れた甲斐があったと思ってうれしくなりますね。また、当院はバリアフリー設計にしていますので、ご高齢の方から「近くに階段を上らず、一人で通えるクリニックができて良かった」と言っていただけたりしてもうれしくなります。

生涯、この場所で地域医療に貢献する

歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

20221031 5

僕は、おじいちゃん子だったんです。初孫だったこともあり、すごくかわいがってもらったんですよね。動物園やデパートに連れていってくれて、僕も祖父が大好きでした。ある日、「ものが噛めない、良い入れ歯はないか?」と祖父が話しているのを聞いて、小学生ながらに「おじいちゃん、つらそうだな」と思った。あの時の言葉がずっと心に残っていて、気づいたら歯科医師の道を選んでいましたね。

診察後や休日はどのようにお過ごしですか。

休前日はよくフットサルをしています。サッカーは小学生の頃から、ずっと続けている大好きなスポーツです。社会人になるとなかなかできないのですが、太りやすい体質なので、週1回は必ず体を動かすようにしていますね。あとは、富士山に登ったり、スノボ、ゴルフもやります。もちろん、勉強会にも参加していますよ。歯科医療の進歩は目覚ましいので、インプラント、ホワイトニング、審美などの研修には積極的に参加するようにしています。

最後に、今後の展望と読者へのメッセージをお願いします。

20221031 6

一人でも多くの患者さんが、笑顔で帰ってもらえるクリニックづくりを心がけています。患者さんが痛みから解放され、歯がきれいになり、すっきりして帰れる環境をつくっていきたいですね。ここで開院した以上、この先20年、30年、ずっとこの場所で地域医療に貢献していく覚悟です。皆さんの歯を大切に、お口の健康をしっかり守り、一緒に年を重ねていく。1本でも多くの歯を残したまま、ともに歩んでいきましょう。

自由診療費用の目安

自由診療とは

歯列矯正:270000円~
インプラント治療:350000円~
ホワイトニング:1歯500円~

Access