求人情報ON
平野内科クリニック

平野内科クリニック

平野 二郎院長

179104

戸塚駅東口から柏尾川を渡り、ショッピングセンターのある交差点を右に曲がると間もなく、「平野内科クリニック」が見えてくる。2016年6月に開業した院内には、通りから優しい光が注ぎ心地良い雰囲気が漂っていた。平野二郎院長は、呼吸器を専門に外科・内科の両方で経歴を積んだベテラン医師。生活習慣病・呼吸器疾患をはじめ内科全般を診療するほか、各種健康診断も受付けている。特色は何といっても同院でCT(コンピュータ断層撮影)検査が受けられることで、一般的な設備では発見の難しい呼吸器・脳疾患や内臓がんの早期診断を行える貴重なクリニックだ。一言一言に誠実な人柄が伝わる受け答えが印象的な平野先生に、CT導入の背景やめざす医療について話を聞いた。
(取材日2016年10月4日)

CTが可能にする一歩進んだプライマリケア

―開院から4ヵ月、どんな患者さんが利用されていますか?

生活習慣病でいらっしゃる年配の患者さんが、思っていた以上に多いですね。もともと、地域の方々の生活習慣病を中心に診られたらと考えていたので、うれしく思っています。ここは、明治学院大学の横浜キャンパスが近いこともあってか若い方がよく通るので、そういった世代の患者さんが多くなるかと予想していました。でも、開院してみるとご年配を中心に、仕事帰りの方やお子さんまで幅広く来ていただいています。症状としては、やはり糖尿病や高血圧などの慢性疾患と、私の専門が呼吸器なので、呼吸器疾患の患者さんも目立ちますね。それから、CT検査を希望される方も珍しくありません。

―CTのあるクリニックは貴重なのでは?

設置は迷いましたが、自分のやりたい医療をするために入れることにしたんです。以前の勤め先では、精密な検査が必要な場合はすぐに設備の整った病院に紹介をしていました。しかし、病院を予約して、受診して、結果を待って……と、診療の期間とプロセスがとても長くなりますし、病院が変わると特に年配の患者さんは大変な思いをすることになります。でもCTがあれば、クリニックで診られる幅が広がるんです。すぐに検査をして診断を出し、治癒までもっていけることもある。また、専門の医師による治療が必要なケースでも、症状が詳しく把握できるので、より適切な病院を紹介できます。開院してから、実際にすい臓がんが見つかった患者さんがお二人いらっしゃいました。一番初めに患者さんを診るクリニックで、しっかりとした診断を早い段階で下し、治療を提供する。そんな、めざしていた医療を実現できているのかな、という実感はありますね。

―明るくて落ち着ける雰囲気の院内ですね。特に気をつかった点はどこでしょう?

どなたでも利用しやすいクリニックにしたいと、構造はいろいろと工夫しました。例えば、混んでいるからといって、具合の悪い患者さんに待合室で長時間待ってもらうことは避けたかったんです。そのため、診察室をもう一つ用意して、待つ間もそちらで横になって休んでもらえるようにしました。また、薬の処方のみを希望される場合も安心してやりとりができるように、個室になった専用の窓口を設けています。トイレもバリアフリーにして、車いすでも入れるゆったりとしたつくりにしたんですよ。また、設備面では心電図から血管年齢・骨年齢を測る機器まで、ひと通りの診察ができるように備えています。それから、診察時は結果をわかりやすくお伝えできるようタブレット端末を使ったり、電子カルテを導入して検査結果をプリントアウトしてお渡ししたりして、患者さんが納得し、安心して診療が受けられるよう心がけています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細