星ヶ丘デンタルプラス

星ヶ丘デンタルプラス

島田 大資院長

新規開院

頼れるドクター

99999

名古屋市営地下鉄東山線星ヶ丘駅3番出口徒歩4分、水色の壁面に花柄が映える建物、「Acchi Kocca(アッチコッカ)」が見えてくる。女性の社会活動支援の場として開設された同施設の1階に位置する「星ヶ丘デンタルプラス」は、「親子で通える歯科クリニック」をコンセプトにし、2016年3月に開院。院長の島田大資(しまだだいすけ)先生も3人の子どもを育てていることから、歯科医師としてはもちろん同じ親として、親子で口腔内ケアに取り組む大切さを実感しているそうだ。「“星ヶ丘デンタルプラス”が、お母さんにとっての歯科知識の啓発の場となってほしい」と語る島田先生に、現在力を入れている取り組みから今後の展望まで詳しく話を聞いた。
(取材日2016年8月19日)

子育てを頑張る母親のための歯科クリニック

―爽やかで素敵な建物ですね。

2階は女性の社会活動を支援する会員制サロン「Acchi Kocca」といいまして、広く女性の交流の場として利用できる施設です。星ヶ丘は転勤などの理由で名古屋市に住むことになった方が多い地域で、横のつながりが薄く、その反面子育てや働き方に悩む女性は少なくありません。そんな女性のために、悩みを共有できるつながりを作れる場を立ち上げたいという想いから、この施設が開設されたそうです。そして「Acchi Kocca」の開設と同時に、親子で通える、特にお母さんのケアにも力を入れる歯科クリニックとして「星ヶ丘デンタルプラス」が開院。私は2015年から本院である「ありまつ歯科」で勤務医として経験を積んだ後、今年の3月から当院の院長に就任しました。

―院長就任に至るまで、どのような経験を積まれましたか?

小さい頃から医療の世界に興味を持っていて、いつか医療を通して人と関わっていきたいと考えていました。歯科医師をめざし鹿児島大学に進学してからは、さまざまな歯科の分野を学ぶことに。特に、一時期は口腔外科でお子さんの口唇口蓋裂の治療に携わり、患者さんの全身管理も経験しました。その後、お子さんを中心にお口のことを全体的に診ていきたいという思いから、一般歯科に主軸を置いて研鑽を重ねていくことに。ご縁があって当院の院長に就任しましたが、私も3人の子どもを子育て中ですし、妻も地元が離れているので、お子さんの口腔内ケアはもちろん、お子さんと深く関わるお母さんのケアに注力する当院の取り組みや、施設全体の地域の役割に共感できる部分はとても大きかったですね。

―クリニックのコンセプトについて教えてください。

子育て中、特に幼児を抱えるお母さんは「子どもを連れてクリニックに行くのは迷惑ではないか?」と考え、来院に二の足を踏んでしまう方はとても多いです。ましてや歯科は自分の命に関わるわけでもないと考えがち。でも、それはお母さんはもちろんお子さんの健康のためにもよくないですよね。当院が大切にしているのは「お母さんが集中して、自分の治療に向き合える環境づくり」。お子さんだけでなく、お母さん自身が自分の歯の健康としっかり向き合える場として、当院を利用していただきたいと考えています。2階にある保育室「葉っぱのおうち」では、事前にご予約をいただければお母さんが診療を受けている間、保育士が無料でお子さんをお預かりしています。診療以外の時でも、15分単位でお子さんのお預かりに対応していますので、お母さんのご予定に合わせて上手に活用いただいています。

記事更新日:2017/11/07


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細