多摩川ライフクリニック

多摩川ライフクリニック

植松 淳一院長

頼れるドクター

178581

今年の1月1日、狛江市に機能強化型在宅医療支援診療所「多摩川ライフクリニック」が新規オープンした。狛江市を中心に内科、整形外科、皮膚科、精神科、心療内科の訪問診療を提供している。各分野の専門医を集め、「往診の総合病院」をめざす同院を取りまとめているのが植松淳一院長。日に焼けて明るく活動的な雰囲気を持ち、優しい笑顔が印象的な先生である。消化器内科が専門で、大学病院で内視鏡やがんの疼痛ケアにあたってきた植松院長は、これまで在宅では難しかった胃ろうの交換やデリケートな対応が必要ながんの疼痛管理も在宅で対応している。「狛江に訪問診療を広めていきたい」と語る植松院長に、この地における在宅医療への意気込みを聞いた。
(取材日2016年2月9日)

2016年、狛江にオープンした訪問診療のクリニック

―こちらのクリニックはオープンしたばかりだそうですね?

今年の1月1日にオープンしました。同じ医療法人で、川崎にある田園二子クリニックで診ていた時も狛江の患者さんが数人いたので、来ることがあったんです。その時に、こちらは川崎よりも在宅医療が普及していないと感じて、今後は狛江の辺りでもニーズは増えていくだろうなと思っていました。それで、実際この地域の患者さんが増えてきたので、医院を構えて、この地区でも在宅医療をもっと広めていきたいと思って開業したんです。これまで狛江には、往診を行っているクリニックはあっても、地域の病院や訪問看護ステーションなどと連携しながら、24時間365日対応が可能な機能強化型在宅医療支援診療所がほとんどなかったようなんです。これから高齢者が増えることを考えると、近隣の医療職や介護の方々とともに、地域全体で取り組んでいく必要があると感じています。

―狛江の印象はいかがですか?

高齢者が多いことと、普段から病院にかかっていない人が多いという印象を受けます。かかりつけ医を持っている人が少ないようなので、もしかしたら、隠れた病気を持っている人が意外と多いかもしれません。それと、在宅医療自体の認知度があまり高くないように思います。なので、医師が自宅へ来て何をどこまでしてくれるのかをご存じない方が多いのではないでしょうか。ただ、ケアマネジャーさんとかソーシャルワーカーさんといった地域の連携を取ってくれる人はいるので、おそらく今までは訪問診療を頼めるクリニックがあまり多くなかったんだと思います。ケアマネジャーさんたちも、医師が在宅でどこまでできるのかを細かく把握していない場合があるので、そういったところも、僕たちから積極的に情報を発信して、連携を図っていきたいですね。

―こちらでは、どのような診療が受けられるのですか?

内科全般、整形外科、皮膚科、精神科が中心になりますが、当院には専門の違うたくさんの医師が所属していますので、必要な時にはより専門的な治療を受けることができます。めざしているのは、「往診の総合病院」です。私は消化器内科が専門ですが、他に整形外科、心臓外科、糖尿病、呼吸器科、皮膚科、精神科などが専門の医師がいますから、例えばこれまで2日程度の入院が必要だった胃ろうの交換が在宅でできますし、人工呼吸器や腹膜透析、がんの緩和ケアにも対応できます。特にがんの疼痛管理はすごくデリケートな対応が必要ですが、僕は大学病院でずっと携わってきたので、その経験を生かして地域の皆さんの役に立てたらと思っています。

記事更新日:2016/04/07


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細