全国のドクター9,337人の想いを取材
クリニック・病院 160,994件の情報を掲載(2020年11月28日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 中央区
  4. 銀座駅
  5. 銀座クリスタルデンタルオフィス
  6. 小俣 紗也香 院長

小俣 紗也香 院長の独自取材記事

銀座クリスタルデンタルオフィス

(中央区/銀座駅)

最終更新日:2020/04/01

178515 1

「口を開けている時は、とても恥ずかしい瞬間」と患者の気持ちを代弁し、完全個室の診療室で治療を行うのは「銀座クリスタルデンタルオフィス」の小俣紗也香院長。東京メトロ各線銀座駅C8出口から徒歩1分の利便性が高い場所に2015年に開業した同院には、優しい紫色を基調としたおしゃれな空間が広がる。「予防のために通院したほうが、治療の時間も経済的な負担も減らすことにつながるんですよ」と話す院長は、まずクリニックが変わるべきだと内装にこだわったという。虫歯も義歯も幅広く経験を積んできたという話や心がけなどを聞いた。
(取材日2015年12月24日)

予防のために通院してもらえるように工夫を凝らす

幻想的な色合いの内装がすてきですね。

178515 df 1 1 1451971475

歯科らしくない内装をめざしました。自分が好きな紫色を基調とし、絨毯も家具も壁紙も、すべて自ら選びました。大きなガラスボールを置いた半個室のパウダールームは歯磨きがしやすく、ノーメークで治療を受けた後にお化粧をしてきれいになって帰っていただけます。銀座という場所柄、実際にそういう方も多いですよ。院内にアロマの香りを漂わせたのは、気持ちを落ち着かせていただきたいと思ったからです。診療室は完全個室。口を開けている時は、とても恥ずかしい瞬間なので、隣の人に見えないようなプライベート空間をつくることが大切だと思ったんです。また、ホワイトニングでは光を当てる治療があるのですが、その間はマッサージチェアでリラックスしながら過ごしていただけます。

こうした工夫の背景には、どんな思いがあったのですか?

日本では、歯科は歯が痛くなってから行くところというイメージが強くあり、予防のために通院する人はわずか2%ほどという報告もあります。一方、アメリカやスウェーデンでは80〜90%もの人が予防のための歯科通院が習慣となっています。予防のために通院したほうが、治療の時間も経済的な負担も減らすことにつながるんですよ。歯を失ってインプラントにしたら、自分の歯ではない上に、治療費がたくさんかかりますからね。自分の歯で一生過ごすためには、日本でも予防のために歯科に行くという意識を根づかせる必要があると考えました。そのためには、通いたくなる歯科医院を作ることから始めないといけないと考え、内装を工夫しました。

どんな方がいらっしゃいますか?患者層を教えてください。

2

「何かが取れた」「痛い」といった訴えで来院する方がメインですね。虫歯や矯正、審美、入れ歯など幅広く対応しており、年代は20代から60代までさまざまです。年代は主訴によっても少しずつ変わりますね。例えば矯正治療は30代が多い。子どもの頃は治療をできなかったけれど、大人になってもやっぱり歯並びが気になるから、と矯正を検討するようです。こうした方は、美意識の高い方が多いので、なるべく装置を着けている期間が短くなるような治療を心がけています。

患者が気になることや要望を聞くことが第一

これまでの経歴を教えてください。

178515 df 1 3 1451971475

日本歯科大学を卒業後、千葉県内の一般歯科で7年程、臨床にあたってきました。高齢者に入れ歯を作ったり、子どもの虫歯を診たりと、幅広くあらゆる治療を経験しました。その後、銀座にあるホワイトニングを専門とするクリニックに院長として3年半勤務しました。20人くらいのスタッフをまとめながら、沖縄など全国から訪れる患者さんの治療にあたりました。ホワイトニングというのはシンプルな面がある一方で、すぐに結果を出すことを求められやすい分野でもありますので、それまでの一般歯科での治療とは異なる難しさがありました。また、「歯がしっかりとある人が、こんなにもたくさんいるんだ」と改めて実感しましたね。次第にホワイトニングだけでなく虫歯や審美など幅広い患者さんにアプローチしたいと思い、自分のクリニックを開業することにしました。銀座を選んだのは、歯に対する意識の高さなど、銀座に関わる人が好きだったからです。

どんなことを心がけて診療にあたっていますか?

患者さんの主訴を聞くことです。歯科医師が口の中を診れば、「この歯が悪いからだ」とすぐに原因はわかります。でもそうではなく、まずは患者さんが気になるところや要望を聞くことが、患者さんの満足度を上げるためにも大切だと考えています。「歯科に行ったら、違うところを先に治療されて……」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。私自身も歯科医師の考えを優先とする時期がありました。でも今は、その意見が絶対ではないと思っています。また、顔を見て話をしたり患者さんの名前を覚えたりすることも心がけていますね。「○○さん」と名前を呼びながら、模型やタブレット端末を使ってなるべく簡潔に説明することで、こちらの伝えたいことも伝わりやすくなるのではないかと思っています。また、患者さんのニーズに応えていくことが第一ですが、患者さんのためにさまざまな治療も提案しています。

患者さんの希望を聞くのは、時に難しさもあるのではないでしょうか?

178515 df 1 4 1451971475

そうですね。以前、保険診療ですべてを治すことを希望されていた、骨のない高齢の患者さんを担当したことがあります。骨がないと入れ歯が動いてしまうので、とても難しいのですが、それでも希望が「保険内で」ということだったので、患者さんと何度もお話しをしながら、あれこれ工夫をしました。また入れ歯のケアの仕方も重要になってくるので、理解していただけるように説明を工夫しました。そうやって一生懸命に向き合った結果、患者さんに満足していただける入れ歯を作れた時はうれしかったですね。

技術も人柄も伴うことが大切と、祖父を見て学ぶ

歯科医師になった理由をお聞かせください。

178515 df 1 5 1451971475

曾祖父の代から歯科医師で、松戸でクリニックを開業していました。祖母は内科医で、遊びに行くといつも患者さんがいました。そんなふうに家族が医療に携わる姿を見ていたので、「医療っていいな」と思い、当たり前のように歯科医師をめざしてきました。祖父はすでに亡くなっているのですが、今でも当時の患者さんが花を持って来てくれるなど、とても慕われていました。親しみやすい人柄ゆえんでしょうね。治療の技術も大切ですが、どんなに治療が上手でも、人柄が伴わないといけないということを、祖父の姿から学びました。

大学時代はどのように過ごされたのですか?

やったことない分野に挑戦したいなと思い、軽音楽部に入ってベースを担当していました。練習やライブで充実した日々を送ることができました。その時の仲間はみんな歯科医師になり、今でも時々会うのが楽しみです。仕事の話はあまりしませんけどね。一緒に部活をやった仲間でも、歯科医師として持つ方針はみんなそれぞれ。どれが正しいとか間違っているということはないと思うのですが、そういう話よりは、プライベートな他愛のない話をすることのほうが楽しいですね(笑)。ちなみにプライベートで好きなのは、食べ歩き。40歳までの銀座の経営者たちが集まり、ボランティアで銀座を盛り上げる活動を行っているのですが、その仲間と月1回、ランチ会を行うのが楽しみとなっています。

今後についてお聞かせください。

6

見た目だけでなく、根の治療など、歯を長持ちさせるための治療を心がけていきたいです。また引き続き、口元の美容なども含めて、口をトータルに診て患者さんのためになることは積極的に行っていきたいですね。人はいくつになってもきれいになりたいという願望を持っていると思うんです。それは男性だって同じ。歯を気にしている方は多く、気になる部分を改善すると、来院当初とは明らかに変わり、歯を見せて笑えるようになったりします。そんな笑顔を増やしていきたいです。何十年も歯科に行っていないという方は、どんなきっかけで行けばいいのか迷うかもしれませんが、気軽に来てくださって構いません。どんなに丁寧に歯磨きをしていても、歯周病の原因になる歯石はついてしまうもの。私ももちろん、歯科衛生士に歯石を除去してもらっていますよ。気軽に来ていただけるような雰囲気づくりを心がけていますので、ぜひ一度足を運んでみてください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ホワイトニング/8000円~、矯正治療/6万5000円〜、根管治療/2万5000円~、インレー/4万8000円~(料金はあくまで目安です。種類や内容によって変更する場合がございます。詳しくはクリニックまでお問い合わせください)

Access