全国のドクター9,134人の想いを取材
クリニック・病院 161,254件の情報を掲載(2020年7月09日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 千葉市中央区
  4. 千葉駅
  5. 千葉静脈瘤・循環器クリニック
  6. 河瀬 勇 院長

河瀬 勇 院長の独自取材記事

千葉静脈瘤・循環器クリニック

(千葉市中央区/千葉駅)

最終更新日:2020/06/19

177434 top

千葉駅から徒歩1分の場所にある「千葉静脈瘤・循環器クリニック」。院長の河瀬勇先生は防衛医科大学校を卒業後、心臓血管外科の医師として30年近くキャリアを築いてきた。2015年に下肢静脈瘤専門クリニックとして「千葉静脈瘤クリニック」を開業、2020年に診療の幅を広げ「千葉静脈瘤・循環器クリニック」としてリニューアルした。下肢静脈瘤血管内塞栓術も早期に取り入れ、これまで以上にレベルの高さにこだわった下肢静脈瘤治療をめざしつつ、成人病予防にも力を入れている。「下肢静脈瘤は怖い病気ではありません。治したいと思った時にご相談ください」と話す河瀬先生に、下肢静脈瘤とはどういう病気なのか、またその治療法についても話を聞いた。
(取材日2020年6月6日)

専門性を保ちつつ、より幅広い診療内容にリニューアル

これまでのご経歴をお聞かせください。

1

母親が看護師でしたので、子どもの頃から医療の現場は身近に感じていました。しかし当初から医師をめざしていたわけではありません。とある医療ドラマの影響で「医師はなんて冷たいんだ」と思い込み、医師を毛嫌いしていたこともあったんですよ。高校時代は航空工学に関心を寄せていたのですが、たまたま受験した防衛医科大学校に合格したことが転機となり、医師の道に進むことになりました。大学卒業後は、30年近く心臓血管外科の医師としてキャリアを築いてきました。心臓のポンプ作用による血液循環は液体力学にも通じる部分があり、「心臓血管外科」とは理系の私にとって物理のように理解がしやすい分野だったんです。亀田総合病院をはじめ、国内外の心臓血管外科で心臓や大動脈の外科手術に携わった後、2015年に開業しました。

なぜ開業することを選ばれたのですか?

心臓血管外科は職人技が貴ばれる分野なんです。医師個人の技術に差が出ます。私も「手術が上手な心臓血管外科の医師」をめざし、日々研鑽を積みました。手術のレベルは確実に上がりましたし、チームを任される立場にもなりました。開業に踏み切ったのは「50歳」という年齢も大きなきっかけです。これからは技術を追究し続けるよりも、自信を持てる分野で医療に貢献しようという思いに至ったのです。開業医は診療だけではなく、経営や人材管理も行わなくてはなりません。「一家の大黒柱」としてスタッフの生活を支える責任も生じますが、勤務医時代とはまた違ったやりがいを感じています。

今年リニューアルして、診療の幅が広がったと伺いました。

2

2020年6月1日から、下肢静脈瘤専門クリニックとしての機能を保ちつつ、循環器内科や成人病にも対応できるようになりました。診療分野の拡大は以前より考えており、私の経歴をご覧になった患者さんから循環器内科の相談を受けることもたびたびありました。開業後に訪れたアメリカの勉強会で「アメリカでは、静脈瘤専門クリニックが関連分野に診療の幅を広げている」という流れがあることも知りました。私の考える方向性・患者さんからの需要・世界的な流れが合致し、2020年に満を持してのリニューアルとなりました。心エコー・胸腹部エックス線撮影・24時間ホルター心電図と検査設備も充実させ、血液検査も院内で迅速に行えるようになりました。

「熱」と「麻酔」の問題をクリアする、新しい治療法

下肢静脈瘤とはどのような病気なのでしょうか?

3

足の表面に血管が浮き出る症状で、女性に多く見られます。人間は二足歩行ですから足は下がっていることが多く、重力に逆らって血液を循環させています。足の中には血液逆流防止の弁があるのですが、その弁が壊れて血液が逆流してしまい、足にたまってしまった状態が下肢静脈瘤です。程度の差はありますが、多くの方に見られる症状です。放置していても命に危険が及ぶことはありません。「治したい」と思う時に受診されると良いでしょう。30~40代から症状が出ても数十年そのままで生活し、60~70代で治療する患者さんも多いんですよ。症状が進行すると足のだるさやむくみが強くなり、さらに進むと痛みやかゆみ、皮膚の炎症を伴うこともあります。

下肢静脈瘤の検査と治療法について教えてください。

検査は超音波を当てて、足の静脈の太さや弁が正常に動いているかどうかなど、画像を見て診断します。超音波検査の技術がとても重要で、検査技師が行うところもあるようですが、ここでは私自ら検査をしています。治療法は注射による硬化療法もしくは手術です。現在、スタンダードな治療法とされているのは血管内焼灼術で、当院ではレーザーと高周波を使い分けています。また2020年から保険適用となった「下肢静脈瘤血管内塞栓術」も取り入れています。いずれも術後はそのままご帰宅いただけます。特別安静にする必要はありません。

下肢静脈瘤血管内塞栓術とはどのような治療法ですか?

4

生体に適応性のある接着剤を使って、血管をふさぐ治療です。閉塞させる伏在静脈内に、ごく少量ずつ3センチメートルおきに接着剤を置いていきます。術後の包帯や弾性ストッキングは基本的に不要です。血管内焼灼術の弱点は「熱」と「麻酔」だったのですが、下肢静脈瘤血管内塞栓術はこの問題をクリアしています。組織への熱損傷がないので患者さんの痛みも軽減され、麻酔もカテーテル刺入部の局所麻酔だけで済みます。国内ではこれからの治療法ですし、アレルギーなど課題は残るのですが、私は可能性を感じています。新しい治療ではありますが、希望する患者さんには積極的に実施していく方針です。

「下肢静脈瘤・循環器疾患・成人病」の三本柱

診療の際に心がけていることを教えてください。

5

問診を大切にして、患者さんの訴えをよく聞くことです。最も悩んでいることは何なのか、いつから症状が出ているのか。そのあたりをきちんとくみ取ることが、正確な診断につながると考えています。特に今回のリニューアルから加わった成人病対策や禁煙の外来では、患者さんの話が何よりも重要なヒントになります。また衛生面にも気を配っています。手術を行うので以前から感染対策には力を入れていましたが、新型コロナウイルスの話題が出始めた1月より、患者さんにも手指消毒とマスク着用をお願いしています。3月から看護士は場面に応じてフェイスシールドを着用し、受付前にはアクリル板を設置しました。下肢静脈瘤は多くの場合緊急性はありませんから、感染が心配な患者さんには手術の延期もご提案しています。

こちらで働くスタッフについて教えてください。

私以外に、看護師・助手・事務スタッフが計11人勤務しています。スタッフは私以外全員女性で、診察時には必ずスタッフが立ち会います。皆真面目で優しく、患者さんの対応も安心して任せています。カルテの書き方や常備品にも工夫が見られ「クリニックを良くしよう」という気持ちが感じられてうれしいですね。実は今回のリニューアルでも、スタッフの意見がとても役に立ったんです。診療内容や診療時間に迷っていた時にもヒントをもらいました。スタッフの前向きな提案があったからこそ、やっと思い描いていた開業医のスタートに立てました。

最後に読者へメッセージをお願いします。

6

下肢静脈瘤は怖い病気ではありません。見た目や生活に支障がなければ治療の必要はないんです。「治したい」と思ったらお気軽にご相談ください。血管内焼灼術と下肢静脈瘤血管内塞栓術、それぞれの特徴を説明した上で、患者さんに合った方法を提案しています。また今回のリニューアルで「下肢静脈瘤・循環器疾患・成人病」と当院の三本柱ができ、幅広い症状に対応できるクリニックとして第一歩を踏み出しました。心臓・大血管手術後やカテーテル治療後でフォローアップの通院先をお探しの方にも、必要な検査機器をそろえて対応しています。私は関西出身なのですが、千葉の地で医師として成長してきました。これからも千葉の皆さんの健康維持のお手伝いができればと思っています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

弾性ストッキング/3300円~

Access