湘南つばめ歯科

松崎 等 院長

177433 df 1 main 1446173137

何をされるかわからないような治療にならないよう患者さんとコミュニケーションをとることが大事。

―患者さんへの対応で特に気をつけていることはありますか?

初めて来院した患者さんは、いきなり診療室へ入って話をしても、緊張して言いたいことが言えなくなってしまいますので、最初にカウンセリングを受けていただきます。こちらには、長年カウンセリングをやってきたスタッフがいますので、安心してお話しいただけると思います。カウンセリングでは、持病のある方の場合は病気の内容やどんな薬を飲んでいるのかを詳しく教えていただきます。問診票に書いてあること以外にも、口の中で気になることがあるかなど、丁寧にお聞きするようにしています。意外と、問診票に書いていないことなども、お話いただけることもあります。最初にそういうお話を聞いた上で、その情報をもらってから、私が治療に入るようにしています。血圧もその時点で計るようにしています。体全体を見ながら口の中の歯を診るようにしています。

―治療の時にどんなことを常に考えているのでしょうか?

私自身が子どもの頃、歯科が嫌いでよく泣いていました。何で嫌いだったのか考えると、痛いこともあるのですが、何をされるかわからないことで恐怖を感じていたのだと思います。何をされるかわからない状態にならないように、患者さんがわかる言葉でしっかり伝えるようにしています。また、虫歯の治療の場合、虫歯の状態を見極めて、自分だったらどう治されたいのか、もし自分の家族だったらどう治すのかをまず考えます。自分の意識の中で、それらを考慮して、いろいろな選択肢の中から優先順位を高くしています。もちろん治療の選択肢はいくつもある場合がありますので、医師主導ではなく、患者さん主導というわけでもなく、お互いに話をつめるような形で治療を進めるようにしています。

―患者さんとのコミュニケーションを大事にされているのですね。

患者さんの中には、治療の説明がうまく伝わっていないで、不安に思って他の医院からこちらへ移って来られる患者さんもいます。特に、口の中を大きく治さなければいけない患者さんの場合は、万全な体制で臨むようにしています。そのような患者さんが初診で来られたとき、とりあえず今日はここの治療をしておきましょう、ということはやっていません。いきなり手をつけたりしないで、いろいろと資料を取らせていただきます。元々初診の方には、口の中のレントゲンを撮って、歯周病の検査をして、口の中や口元の写真を撮って、あごの状態を筋肉の触診で調べ噛み合わせの問題がないかチェックします。必要があれば、歯の型とりも行い、模型も作るようにしております。大きく治す方はそれらの資料から治療計画を立て、患者さんとよく話し合い納得してもらってから、ゴールを決めて治療するようにしています。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Yokohama a
Shonan a
Shinnakasugi a
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細