ありがとうみんなファミリークリニック平塚

ありがとうみんなファミリークリニック平塚

早坂 啓伸先生

頼れるドクター

177427 df 2 main 1453260344

平塚に昨年開院した総合診療・訪問診療の「ありがとうみんなファミリークリニック平塚」。この医院でオープン当初から小宮山学院長とともに診療にあたっているのが早坂啓伸先生である。幼い頃から医師、そして家庭医をめざしていた早坂先生は、数々の人生の転機がありながら、その意志が揺らぐことなくキャリアを歩んできた。そしてその仕事を「ものすごく楽しい」と話すその目が本当に輝いていたのが印象的だ。優しい雰囲気でありながら情熱あふれる口調で丁寧に答えてくれ、「患者さんの人生のすべてのステージに寄り添う」ことが家庭医の仕事と語る早坂先生に、これまでの歩みや家庭医療にかける思いをたっぷりと聞いた。(取材日2015年1月6日)

医療過疎の町で生まれ育ち、医師になることを決意

―こちらの医院に勤めるようになった理由を教えてください。

私は家庭医として仕事をしていますが、平塚に来る前は福島県で家庭医のトレーニングを積んでいました。トレーニングが終わるタイミングで新天地を探していたのですが、その頃に東京で行われていた関東の家庭医が集まる勉強会に参加したんです。そこで今、このクリニックの院長をしている小宮山と出会いました。また小宮山が当時勤めていたクリニックが家庭医を探していたということもあり、はじめは平塚市内の別のクリニックで一緒に働くことになりました。そして昨年、小宮山がクリニックを開業するときに一緒にやろうと声をかけてもらい、ここの開院と同時に2人でスタートしたということになります。

―平塚の印象はいかがですか?

私は出身が宮城県で大学が北海道、研修先が福島県だったので、関東に住むのは初めてだったんです。来るまでは、正直怖いところだと思ってました(笑)。医者への風当たりが強いのかと思っていたんですけど、実際にはそんなことはまったくありませんでした。平塚に来て3年経ちますが、患者さんやご家族とのコミュニケーションもしっかりと取れますし、医者と患者の関係性も良く、これまでに経験してきた事を実践できています。平塚市の高齢化率は24%程度ですが、クリニックのある場所は平塚市内でも高齢者の多い地域で、いい意味で医療の必要性の高い地域だと感じています。一方で、保育園や小学校も近くにありますし平塚の東西を結ぶ道路沿いにありますので、小児から高齢者まで満遍なく診察できる地域だと思っています。この4月には小児の医療費助成の対象が中学生まで広がります。自分もそうですが、子育て世代にとっても住みやすい土地だと思いますね。

記事更新日:2016/02/22

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細