大森海岸やまもと眼科内科

山本央子 院長

174401 df 1 main 1437033146

視能訓練士、眼鏡認定士により、快適な見え方を提供

―クリニックの特徴をお教えください。

やはり眼科と内科、両方の治療が行えることが、いちばんの特徴だと思います。一般内科と一般眼科の治療、眼科検診や内科の健康診断、眼鏡・コンタクトレンズの処方、インフルエンザの予防接種などが、1つのクリニックでできることです。また内科医と眼科医は、今お話ししたように実の親子ですから、コミュニケーションもとりやすいので、その点も患者様には安心していただけると思います。私は眼科の中でも見え方が専門で、手術も多数経験してきました。近視、遠視、乱視の矯正も、眼鏡やコンタクトだけでなく、トレーニングでの回復やレーシックなど、さまざまな方法をご提案しています。自費にはなりますが、特殊なコンタクトレンズを使用した手術をしない視力矯正法も取り入れています。また当クリニックは視能訓練士、ORTという国家資格を持った者が常駐しています。実はORTが常駐している眼科は少なく、クリニック側から曜日や時間が指定されることが多いのですが、当クリニックは患者様のご都合に合わせていつでも斜視弱視の治療、訓練が可能です。

―特にどういった方に来ていただきたいとお考えですか。

眼科に限っていえば年齢を問わず、見え方に困っていらっしゃる方ですね。実は見え方の変化には、病気が隠れていることも多いのです。ご高齢の方は、白内障や緑内障などの初期症状の場合もあります。若い方はアレルギーによる炎症、パソコンなどに長時間向かっているための目の疲れ、眼鏡やコンタクトが合わないなど、さまざまな原因が考えられますが、目以外の病気が潜んでいる場合もあります。そこを見極めるのも、眼科医の役目だと思っています。それから眼鏡をご使用の場合は、鼻あての角度や、つるの素材など、ちょっとした微調整で、すごくよく見えたりするんです。当クリニックには眼鏡認定士もいますので、質の高い、快適な見え方のご提案ができると思います。

―他院にはない設備や検査などはございますか。

FAFという医療機器を導入しています。造影剤を使わないで初期の加齢変性が検出できる特殊な機械で、大学病院でも常備しているところは少ないのではないでしょうか。加齢黄斑変性は、欧米では失明する疾患のトップにあげられる病気で、日本でも患者が急増しています。自覚症状が乏しいため初期段階で発見するには眼底検査が必要なのですが、造影剤の注射が欠かせません。ただし造影剤アレルギーを持っている方は、じんましんや拒否反応が出ることもありますので、検査ができないんです。けれどもこのFAFは薬も注射も不要で、撮影さえすれば加齢黄斑変性か否かという判断がすぐにつきます。黄斑変性は予防も治療も難しいのですが、初期段階であればサプリメントを摂るなどして悪化を防ぐこともできます。簡単な検査ですから、不安がある方にも気楽に受けていただけるので導入しました。

記事更新日:2016/01/24

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細