全国のドクター8,993人の想いを取材
クリニック・病院 161,449件の情報を掲載(2020年2月20日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 千葉市美浜区
  4. 幕張本郷駅
  5. 大林歯科医院
  6. 大林 弘治 院長

大林 弘治 院長の独自取材記事

大林歯科医院

(千葉市美浜区/幕張本郷駅)

最終更新日:2019/08/28

20190802 bana

美浜区幕張西の閑静な住宅街の一角にたたずむ「大林歯科医院」。開業した1975年以来、地域に根差したクリニックとして多くの患者から頼られている。院長を務めるのは2代目の大林弘治先生。大林院長は、機能面や耐久性に加え、審美面にもこだわった補綴治療が専門。さらに、歯周病治療やインプラント治療、親知らずの抜歯、歯牙移植など外科的処置も得意とする。2019年からはマイクロスコープを導入し、より精度の高い治療をめざしている。また、さまざまな勉強会に参加し、新しい知見と技術の習得にも余念がない。「歯科治療は形として結果が残せて、それを患者さまに喜んでもらえることがうれしい。毎日の仕事がますます面白いですね」と話す大林院長。そんな大林院長にクリニックの特徴などについて聞いた。
(取材日2019年7月17日)

患者が心から満足できるよう気持ちに寄り添った治療を

先生は2代目の院長でいらっしゃると伺いました。

1

1975年に私の父がこの地に開業したのが始まりです。2008年から私が院長を引き継ぎました。私はもともと手先が器用で幼少の時には父が作業した後の材料を使って、お遊びで歯科技工のまねごとをしていました。自分で言うのも何ですが、何をやってもうまくできたんですよ(笑)。父の仕事ぶりを見て育ってきた中、治療後に患者さまが喜んでいる様子や父に感謝する姿にも接していましたので、歯科医師の仕事に魅力を感じました。それで歯科医師をめざそうと日本大学歯学部に進みました。卒業後は、同大学の歯科補綴学第III講座に入局し、かぶせ物や入れ歯、インプラント治療など人工物による修復について徹底的に研究してきました。機能面や耐久性、美しさなどいろいろな観点から補綴学の臨床研究を積み重ねてきています。今は、父の地域医療の姿勢を受け継ぎながら得意とする審美歯科、インプラント、歯周病治療、矯正歯科など診療の幅を広げています。

こちらにはどんな患者さんが多く来られているのですか。

小さいお子さんからご高齢の方々まで幅広い年齢層の方に来ていただいています。私が幼少の頃から通ってくださっている方に感謝されるとうれしいですね。私の同級生やそのお子さんが来ることも多く、本当に地域に根差しているクリニックだと実感します。この近辺は高齢化が進んでいますが、その一方で、マンション住宅街が新しく開発され、若い世代の流入が増えています。私が院長を継いだ当時はご高齢の方が多かったですが、その後は、だんだん小さいお子さんや若い世代の患者さまも多く来院してくださるようになっています。

診療の際、最も大切にしていることはどんなことですか。

20190802 2

もしも自分が患者さまの立場だったらどうだろうか、ということをいつも考えています。つまり自分が受けたいと思う診療をすることが基本です。痛みや不快感のない治療、しっかりとしたエビデンスのある治療法、それらを基本に、できることできないことも含めてすべてを提案して、患者さまの理解と納得を得るようにしています。また、患者さまに心の底から満足していただけるにはどうすればよいかという点も常に考えています。実はこの点が一番難しく、永遠のテーマかもしれません。少しでも深く満足していただけるよう、治療では各ステップごとに患者さまの感想や意見を丁寧にくみ取りながら進めています。患者さまが思っているゴールと歯科医師が考えるゴールとが実は異なっている場合もあります。ですので、患者さまの本当の気持ちや心の機微なども考えながら治療を進めるようにしています。

機能性、耐久性、美しさにこだわった歯科治療を提供

最近、マイクロスコープを導入されたそうですが。

20190802 3

今年の初め頃、ちょうど良くタイミングが合って導入しました。マイクロスコープは、肉眼では見えない部分も30倍近くまで拡大できます。当初、こんなにはっきり見えるのかと驚いたほどです。当院では、根管治療や細かい外科的治療などに活用し、より精密で正確な治療につなげています。また、外科的処置を行う場合は、生体モニターによって血圧や血中酸素濃度などをモニタリングして、全身の状態を管理しながら行っています。このように当院では、患者さまが安心して、精密で正確な治療を受けられるように体制を整えています。

ご専門の審美歯科について教えてください。

審美歯科は、発音、噛み合わせ、咀嚼といった機能面と、きれいな口もとや白い歯といった審美面、両面からアプローチして口腔環境を整えていく歯科医療です。私は主にクラウン・ブリッジなどかぶせ物について、見た目だけでなく耐久性や機能面でも納得いただける治療法を研究してきました。口の中に入れる人工物はなるべく自然で違和感のないものを選びたいと誰でも思いますよね。補綴に使用する材料もさまざまな種類を用意しており、患者さまがどんなことを要望なさっているのか、その詳細を丁寧に聞き取り、症例やご要望に適した素材のものを提案しています。技工物は歯科技工士が作りますので、患者さまから聞いた情報に狂いが生じないように技工士の方と密に連携しています。矯正歯科については、月に1~2回、矯正を専門に行う女性の先生に来てもらっています。矯正的な問題も含まれる症例もありますので、チーム医療を心がけています。

大林院長は外科的処置も得意と伺っています。

20190802 4

実は審美歯科はその前処置がとても重要で、治療を施す前に外科的にやるべきことがたくさんあるのです。例えば前歯の長さが異なる場合、そのまま新しい歯を入れても良いですが、やはり不調和に見えるのは否めません。それを完璧に治すためには骨を削って土台の高さを調節する必要があります。歯茎や骨などベースをきちんと整えてから治療を施すと、より良い結果につながりやすく、機能性、耐久性、美しさを長く保つことが望めます。私の場合、審美歯科を突き詰めていくうちに、自ずと外科処置の技術も身についたような感じです(笑)。当クリニックでは、難しい症例でも極力対応しています。ただ、ここでは治療が困難だと判断した症例などについては大学病院など高度医療機関に紹介しています。

より長く自身の歯を残せるよう今後は予防歯科にも注力

これまでで何か心に残ったエピソードはございますか。

5

一番印象に残っているのは、研修医時代、すべての歯を治療させてもらった患者さまのことです。歯の長さを整えるための外科処置や手術、部分的な矯正など全部の歯を治療させていただきました。治療が完了した時は、大きな達成感を得ることができました。予知性のないところは、お金をかけずに保険での治療を提案させていただいたので、最近またその患者さまが来院されて、「先生の言ったとおりになりました。治療なら、何でも受けますよ」とおっしゃってくださいました。研修医時代からもう十数年たちますが、その時の治療や、勉強してきたことは間違いでなかったと、自信が確信に変わり、エビデンスの大切さを知りました。

ところでお休みの日はどのようにお過ごしですか。

日曜日は勉強会に行くことが多く、子どもと過ごす時間が限られてしまいますので、時間のある時はできるだけ子どもと一緒に過ごすよう努めています。小学校3年生の双子と、年長の三男の3人の男の子がいますので、一緒に公園に行ったり食事に出かけたりしています。勉強会は大学の同じ講座の先輩、後輩と立ち上げたスタディーグループを通じて、症例研究会やセミナーで最新の知見や技術を学び続けています。先輩はもちろん若手の歯科医師や歯科技工士などとも一緒にセミナーを行っています。最近は、歯科技工士になる人が減ってきていますので、少しでも歯科技工士の世界を盛り上げられればと思っています。

最後に今後の展望をお願いします。

20190802 6

今後は予防歯科にも力を入れていきたいと考えています。長年補綴を研究してきましたが、一度治療、介入したら維持させるためにずっと介入し続けなければなりませんので、やはり天然歯に勝るものはありません。できるだけ人工物を入れずにご自身の歯を維持していくことが最も大切です。当院では歯科衛生士を2人に増やしており、より多くの方々の歯の健康維持に貢献していきたいと思います。歯科医療もさまざまに進化していますので、できる限り新しい治療法を取り入れていければと考えています。さらに、患者さまの気持ちや思いに寄り添った歯科医療も心がけていきたいですね。歯科も早期発見が重要です。どうしようか悩んでいるうちに悪化してしまうこともありますので、ぜひ早めに相談に来てください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正/35万円~、インプラント治療/22万円~、ジルコニアクラウン/6万円~、ジルコニアブリッジ/18万円~(すべて税別)

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access