あずまファミリー歯科

あずまファミリー歯科

東 竜二院長、東 富士子副院長

173454

一時しのぎで満足しない、確実で長持ちする治療を

―院長の診療方針を教えてください。

【東院長】特定の分野に偏ることなく、患者さんのすべてのニーズに対応できる治療です。これを行うためには、技術だけでなく、適切な設備も整えておく必要があります。そこで、開院する際はそうした設備の充実に力を入れました。当院には手術室、インプラントの確実な治療のためには欠かせない歯科用CT、そして歯を削る際に使用するタービンまでしっかり滅菌できる設備が整っています。タービンの衛生管理に関しては、当院では毎回患者さんごとに滅菌したものを使用しています。これらの設備上のこだわりの他にも、口腔環境が将来どのように変化するか、患者さんの写真を残しながら患者さんにも治療の進捗を確認してもらうといった工夫も行っています。

―近頃注目されている、予防歯科も取り組まれていますね。

【東院長】予防をするためには、しっかりした治療ができていること、そして、歯を磨きやすい口腔環境が整っていること、が大前提だと僕は思います。いくらブラッシングがうまくできていたとしても、虫歯が残っていたり、磨きやすい歯の形になっていなかったりすれば、口腔環境の改善は望めません。歯科治療を終えた後も毎回磨き残しなどが発生してしまい、一時的にはしのげたとしても長い時間が経過すると症状が再発してしまうでしょう。しかし、患者さんにとっては、自分の口腔環境が再び症状を引き起こす悪い環境になっていると気づくのは難しいと思います。こうした事態を防ぐために、当院では長い目で見た確実な治療をしていきたいと考えています。患者さんの歯を長く使える歯にするために、治療のやり直しの必要がないことが大切だと、お伝えしていきたいと思います。

―治療のやり直しをしないとはどういうことですか?

【東院長】例えば虫歯の場合、虫歯の治療がきちんとできていないと、詰め物は歯に不完全な接着をします。すると、歯と詰め物の間に隙間ができ、その箇所から虫歯が再発してしまうのです。1本の歯に何度も同じような治療を施していると、歯は徐々に傷んできてしまいます。こうしたことを行わないのが「治療のやり直しをしない」ということです。その歯が将来どうなっていくかの見通しを説明するのも歯科医師の大切な役割。患者さんには再びの治療が発生しないよう、ご提案という形でその歯の将来の変化をお話しして、治療の選択肢を多く持ってもらうよう努めています。

記事更新日:2017/11/10


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細