南流山リーフ歯科クリニック

南流山リーフ歯科クリニック

中山 尭盛院長

頼れるドクター

173357

国道5号線、流山街道沿いにある「南流山リーフ歯科クリニック」。「買い物ついで」や「仕事帰り」など、ファミリー層の多い地域の患者のニーズに応えるため、朝9時から夜8時まで、土日祝日も休まず診療を行うほか、院内には保育士も在籍する。2015年のオープン以来、「親子で通いたくなるクリニック」をめざして、体制を整えてきた中山尭盛院長は、4児の父。父親ならではの知恵と工夫を凝らし、子どもたちに歯科医院に通うことの重要性を伝え、前向きに治療に臨んでもらうための取り組みを積極的に行ってきた。「子育てのお手伝いにもなれば」と優しい笑顔で語る中山院長に、予防に重点を置いた治療プログラムや、説明を重視する治療方針について話を聞いた。
(取材日2017年5月11日)

家族で通える、ショッピングモール内のクリニック

―「家族みんなで来院できる歯医者さん」をめざして開院なさったそうですね。

私自身、4人の子どもの父なので、子育て世代が思い描く「こんな歯医者があったらいいな」という理想を実現したいと思い開院しました。「小さな子どもがいて歯医者に通えない」「子どもを歯医者に連れてくるのが大変」というご両親にも安心して通っていただけるよう、さまざまな工夫をしています。その1つが、待合室のキッズスペース。治療までの待ち時間はもちろん、お父さんやお母さんが治療をしている間も遊びながら過ごせるので、小さなお子さんがいらっしゃる方も安心して来院してくださっていますよ。治療中は、当院に在籍している保育士や子どもに慣れたスタッフが、しっかりお子さんの様子を見守っています。キッズスペースのついた個室の診察室もあるので、ご両親と離れるのを嫌がるお子さんや、目を離すのが不安で預けるのをためらわれる方にはこちらをお勧めしています。

―保育士さんも在籍していらっしゃるのですね。

はい。以前は午前中のみでしたが、より多くの患者さんに対応するため、週に1回は午後もお預かりできるよう保育士を増員しました。2名とも保育園での勤務経験があり知識も豊富ですし、クリニックという限られたスペースの中での保育にも慣れています。お父さんお母さんにとっては、いい気分転換にもなるのではないでしょうか。できる限りほかのお子さんと時間が一緒にならないよう調整し、年齢や状況によって臨機応変に対応しておりますので、生後2ヵ月ぐらいからお気軽にご予約ください。

―予防を重視しておられると伺いました。

どんなに歯科治療が進歩したといっても、虫歯や歯周病にはならないに越したことはありません。そのためには、定期健診を活用した予防が重要です。ところが、日本の定期検診の受診率は、医療先進国に比べて非常に低いんです。スウェーデンはで90%もの方が定期検診を受けているのに対し、日本ではなんと2%程度しか受けていないといわれています。当院では、初診時のカウンセリングに力をいれ、ただ治療するだけでなく患者さんのデンタルIQを高めることに力を入れて「歯を守る」意識を持ってもらうようにしています。短時間のケアを受けることが、お口の病気を未然に防ぐことにつながりますので、歯科医院が苦手という方にこそ3、4ヵ月に1度の定期検診を受けていただきたいと思います。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
Saitama nishi after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細