全国のドクター8,884人の想いを取材
クリニック・病院 161,496件の情報を掲載(2020年1月19日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 東大和市
  4. 東大和市駅
  5. 石山内科・ペインクリニック
  6. 石山 四郎 院長、石山 健太郎 副院長

石山 四郎 院長、石山 健太郎 副院長の独自取材記事

石山内科・ペインクリニック

(東大和市/東大和市駅)

最終更新日:2019/08/28

171275 %e7%9f%b3%e5%b1%b1%e5%86%85%e7%a7%91 %e3%83%9a%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

黒い壁が印象的な建物は、パッと見ただけではクリニックだと思えない。入り口を入るとモダンで洗練された空間が広がる。「石山内科・ペインクリニック」は2018年4月にリニューアルオープンし、石山四郎院長と子息の石山健太郎副院長の2人の医師が診療にあたっている。患者さんの多くが生活習慣病で来院されるという内科ではあるが、もともと麻酔科を専門とする四郎院長とリウマチ膠原病分野を専門とする健太郎副院長、2人とも「痛み」に深く関わっている。「しっかりと話を聞いて患者が求めているものを探っていきたい」と語る健太郎副院長が、取材後の待合室で、初診の患者を見上げるようにして語りかけていた姿が印象的だった。そんな2人に話を聞いた。
(取材日2018年7月18日)

患者に寄り添い、しっかりと話を聞く

ではまずはじめに、クリニックを移転されたそうですね。

1

【四郎院長】この近くで2004年に開業し、ここは今年移転してリニューアルオープンしました。私はかつて東大和病院に勤務し、透析をしていました。この近くに東大和南街クリニックさんがあるのですが、そちらの初代院長に雇われ、そこで透析をするようになりました。一方、私が東大和病院で内科及びペインクリニックの外来をしていたということもあり、外来で来られる患者さんも増えてきまして、透析の病院なのに外来が多くなり過ぎてしまったのです。そんな経緯があり、事務長より「開業してみてはどうか」とアドバイスを受け、近所に開業しました。息子とは将来どうするのかということを具体的に話し合ったことはなかったのですが、手伝ってくれるような雰囲気があったようなものですから、息子と2人でできるようにということで、先日こちらに移転しました。

外観も内装も、とても素敵なクリニックですね。

【四郎院長】私が出した希望は、外観をクリニックらしくしないでほしいということだけです。この建物の原型は娘のアイデアで、それに娘の知人や友人が関わり、設計してくれました。中庭に面した処置室は私たちのアイデアです。点滴をするスペースなのですが、ただ椅子に座っているのも面白くないので、緑がのぞめるようにしました。椅子も3脚すべて明るい色を選び、色違いにして、変化を出しました。
【健太郎副院長】患者さんの中には、「ずっといたい」という人もいるんです(笑)。

診療の際、心がけていることを教えてください。

2

【四郎院長】ご高齢の方が多いので、優しく接することを大切にしています。その方の立場に立ち、その方にとって何が一番かと考えています。病は気からといいますが、気持ちの面から入ることが重要です。特に、ご高齢の方は気持ちの部分が大きいのです。患者さんに寄り添うように心がけています。
【健太郎副院長】僕も父と同じように考えます。今は僕のほうが比較的時間に余裕があるので、患者さんとじっくり話をし、コミュニケーションを取るように努めています。初診の方は僕が対応することが多いので、患者さんが何を求めているのかを考え、一緒に治療していく方針で接しています。

クリニックでも膠原病の診療が可能

内科、ペインクリニック、リウマチ膠原病と3つの分野があります。

3

【四郎院長】内科を受診する患者さんが中心です。中でも、生活習慣病で来られる方が多いです。ペインクリニックは全体の2割弱です。私はもともと麻酔科で、ペインクリニックを10年以上やっていたんです。ペインクリニックがある病院自体が少なく、世の中的にも注目されているため、近頃患者さんが増えてきています。高齢化社会になり、痛みを抱えている人が多いからなおさらでしょう。ペインクリニックは整形外科領域の痛みか、帯状疱疹の痛みで来られる方が多いです。顔面神経痛の患者さんなどもいらっしゃいます。また、整形外科領域の患者さんの中には、整形外科の先生からの紹介で来られる方も多くいます。今まではなかったことですが、それだけ痛みを取り除いてあげようということでしょう。

ペインクリニックの治療について教えてください。

【四郎院長】痛みが強い患者さんには、神経ブロック療法が可能であり、それが理に適っていると判断できれば、神経ブロック注射をします。しかしここはクリニックですから、治療できる範囲が決まっています。その範囲でクリニックでできる限りの対応をさせていただいています。ペインクリニックでは、痛みに関する悩みはすべてお伺いしています。病院で薬を出され、リハビリテーションしているけれど改善しないという方が多いです。

リウマチ膠原病分野ではどのような患者さんが来院されていますか?

【健太郎副院長】関節痛の患者さんが多いです。当院はペインクリニックとリウマチ科があるので、原因はわからないけれど関節が痛いという方も多く来院されています。関節が痛いという方なら僕が最初に診て、それ以外なら父が診て、診断をつけることが多いです。ほかのクリニックでリウマチの治療を受けていたという方が来られることもあります。

こちらでは膠原病の診察も行っているとお聞きしました。

4

【健太郎副院長】膠原病はかなり特殊なので「膠原病を診療できる医師がどこにもいない」「大きな病院に行かなければ診てもらえない」と思っている方が多いんです。症状が落ち着いていて、この近辺にお住まいで通院できるのであれば、こちらで診療を受けられるので来ていただければと思います。症状が悪化してしまったら、大きな病院を紹介することもできます。遠慮せず「どんな先生がいるのだろう」という感じでのぞきに来てくれても良いです。膠原病の方は、診断がつくまでにいろいろな病院にかかり、最終的に膠原病と診断された病院に通い続けていることが多いんです。そこが遠くの病院で通うのが大変だけれど、ほかに膠原病を診てくれる先生がいないと思っている方もたくさんいます。遠くまで大変な思いをして通院をしている方に「ここでも診られますよ」とお伝えしたいです。

経験はすべて糧、成功へのステップになる

印象に残っている患者さんやエピソードがあれば教えてください。

5

【四郎院長】失敗したことが印象に残っているのですが、そこから失敗を糧にして「どうしたらいいんだろう」と考えます。特に患者さんへの接し方です。30代くらいの女性で、病歴に婦人科系の病気を患ったことがある人に対し、どういう対応をすれば患者さんを傷つけないのだろうかとすごく考えたことがあります。ただ、失敗がないと成功もありません。失敗から学んで、成長している部分は大きいです。
【健太郎副院長】ほとんどの患者さんの顔と名前が病状も含めて一致するくらい、患者さんのことは覚えていますが、とてもうまく対応できた患者さんと、難しいケースで対応に悩んだ患者さんのことは特に強く印象に残っています。難しかった経験は自分の糧になっていますし、医師はすべてそうだと思っています。かつて困難な局面にぶつかったとき、周りにカバーしてくれる仲間がいました。そういう仲間に恵まれていたという点はとても感謝しています。

休日はどのようにリフレッシュされているのでしょうか。

【四郎院長】大学の友人たちとゴルフをしています。年間20回くらいは行っていますね。家にいることが嫌いじゃないので、そういうふうにしないと外出しないんですよ。あとは、将棋も好きです。将棋のニュースも、最近ワクワクするような内容が多いので、とても楽しいです。
【健太郎副院長】2歳の子どもがいるので、家族で家の近くを散歩しています。手をつないで歩いたり、抱っこしたりして。本当にかわいいです。これから成長するにつれ、どんどんできることが増えてくると思うので、楽しみです。

今後の展望や患者さんへメッセージを聞かせてください。

6

【四郎院長】人生の最期まで現場で医療に関わっていたいと思っています。ただ、年齢が年齢なので、ペインクリニック以外の新しい患者さんは息子に任せています。息子がだんだん前に出て行って、いつでもバトンタッチできる準備をしています。
【健太郎副院長】関わった患者さんが皆さん元気になって、それぞれの人生を歩めるような診療を続けられる環境をつくっていきたいと考えています。ちょっとしたことでも、気になることがあれば来てほしいです。何科に行ったらいいかわからないというようなことでも、とりあえず来て相談してもらえたらと思います。必要であればそれぞれの専門の先生に診てもらえるようにご紹介できます。困ったことがあれば、気軽に頼ってもらえればと思います。

Access