全国のドクター9,184人の想いを取材
クリニック・病院 160,574件の情報を掲載(2023年1月27日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 渋谷区
  4. 笹塚駅
  5. おおむらファミリー歯科
  6. 大村 才了 院長

大村 才了 院長の独自取材記事

おおむらファミリー歯科

(渋谷区/笹塚駅)

最終更新日:2022/11/28

20210903 170848 top

新宿や渋谷に近く、電車でも車でも交通の利便性が高いと人気の笹塚エリア。大小さまざまな商店がひしめく駅前の喧騒を抜け、甲州街道沿いに歩いておよそ7分の場所に「おおむらファミリー歯科」はある。勤務医として長いキャリアを持ち、一般歯科だけではなく口腔外科からインプラント治療、審美歯科まで幅広く対応する大村才了(さとる)院長は、「院名の“ファミリー”には、ご家族皆さんのかかりつけでありたいという思いに加えて、スタッフを含め関わるみんなにとってアットホームで居心地の良い場所でありたいといった思いも込めました」と笑顔を見せる。結婚を機に住み始めたこの街を心から愛し、歯科医療を通じての地域貢献を実践する大村院長に、同院の魅力やめざす歯科医療について話を聞いた。

(取材日2021年8月25日)

患者の事情や要望に寄り添い、きめ細かくアプローチ

お住まいの近くでもあるこのエリアで開業して7年になるそうですね。

1

はい。笹塚を含めた初台や幡ヶ谷といったエリアは生活の利便性と自然環境がほどよく調和し、都心にありながら人と人とのふれあいも残っている住みやすい街です。この地域に、医療を提供するという形で貢献していきたいと考えて開業を決断してから、あっという間に7年が過ぎたという感じです。最近ではインプラント治療のような費用がかかる治療をお任せいただく方も増えてきました。これまで、大きく宣伝することなく、患者さんにとってより良いと考える治療を地道に続けてきましたが、そのことを信頼していただけた結果だとうれしく思います。

どのような患者さんが多くいらしているのでしょうか。

一般歯科に加えて、小児歯科、歯科口腔外科、インプラント治療、審美と幅広く診療していますので、患者さんからのご相談も多岐にわたっています。矯正歯科は矯正専門の歯科医師と提携しているのですが、ニーズの高まりを受けて当初は月1回だった矯正治療を月2回に増やして対応しています。患者さんの傾向としては、突然の痛みに驚いて受診される方、別の歯科医院を受診されていて、セカンドオピニオンの相談に来られる方、口腔健康を保つ意識を持たれて定期受診を続けていただく方のだいたい3パターンに分かれます。それぞれ、歯科に対する想いや求めるものが異なるので、こちらでも患者さんに合わせてアプローチを変えて対応するようにしています。

パターン別のアプローチとは具体的にどのようなものですか?

2

例えば、痛みによるSOSで駆け込んでくる方には、とにかく早く痛みを取って日常生活を送れる状態にして差し上げること。他院での診療で気になることがあった方には、納得感を得られる情報の提供や異なる方向性の提案をすることを大切にしています。後者では自分も比べられる立場であることを自覚しながら、以前関わられた歯科医師を批判することはせず、どのような意図で治療が行われたのかなどをご理解いただけるよう丁寧にお話しするようにしているのです。もちろん皆さんに意識を変えていただき、定期通院でトラブルを寄せつけないお口をキープすることをゴールに、ときには教育的なお話をすることもあります。とはいえ、どの患者さんもそれぞれの事情を抱えていらっしゃることを理解し、寄り添うのが基本。口下手なので、ときにはスタッフに言葉を添えてもらいながら、なんとか実践しています。

手を抜かない丁寧な治療で、将来的なリスクを最小限に

スタッフさんの働きにも助けられていらっしゃるのですね。

3

おかげさまで素晴らしいスタッフが集まり、患者さん目線で考えて動ける、頼れるチームとなっています。それぞれの立場と役割を理解し、尊重し合い、向上心を持って動ける良い環境なのです。普段は企業勤めをしている妻が平日夜間や週末を中心に運営を手伝ってくれるのですが、歯科分野では素人である彼女がすんなりと受け入れられたのも、チームの雰囲気の良さを反映したものだと感じています。院内ミーティングなどでのコミュニケーションを欠かさなかったことが、今のチームワークにつながっているのではないかと思います。私自身愚直で、やるべきことはやりたいという性格なので、他の先生から「そこまでやらなくても」と言われても一つ一つの作業に手を抜かずやってきた姿を見て、そこに共感した人が残ってくれたのではないでしょうか。

手を抜かない診療を続けられているのはなぜですか。

「やる」ことの手間より「やらない」ことのリスクのほうが怖いと感じているからです。「何か起こればその時何とかすればいい」という考え方もあるとは思うのですが、将来的に何かが起こる可能性があるのなら、その時点でできる限りのことをやっておきたいというのが私の方針なのです。勤務医時代に現場責任者を経験した際には、見えている成果を優先せざるを得ないこともありました。勤務医としてそうした葛藤を抱えてきた経験から、自分のクリニックではやりたいことをやりたいという思いが強くなったのかもしれません。

近年、特に力を入れている診療はありますか。

4

最近ではホワイトニングなど審美面に特化した設備を導入しました。審美歯科のニーズが高まっていることもありますが、治療プラスアルファの提案ができることで、ご自身のお口に対して理解をより深めていただけると考えてのことです。審美歯科で見た目にこだわることで、口腔全体の状態に対してさらに意識を高めることができると思うのです。とはいえ、私自身は開業医にはオールマイティーに診療できる力量が求められ、診療内容に得手、不得手があってはいけないと考えています。そういう意味では、年齢を重ねてからの開業になりましたが、長い勤務医時代にさまざまな症例を体験してきたことが今は大きな力になっています。

地域に根差し、歯科医療を通してより良い街づくりを

診療の際に心がけていらっしゃることはありますか。

5

当たり前のことですが、どんなに忙しくてもきちんとあいさつすること。例えば、患者さんが「お願いします」と言ったのにろくな返事もないまま治療が開始しては、患者さんにとっては不安感が拭えないままになってしまいます。「お願いします」と言われたら、こちらからも「お願いします」と返すなど、一つ一つの対応を大切にし、対話のキャッチボールを続けることを心がけています。小さなことに思えるかもしれませんが、こうしたことの積み重ねが患者さんの診療への不安感を軽減すると考えています。

お忙しい毎日とは存じますが、休日の気分転換法は?

会社勤めの方でも無理なく受診していただきたいとの思いから日曜診療も行っており、なかなか休む暇がないというのが現状ですが、仕事に充実感があるので休みたいという思いもあまりありません。そんな中ではありますが、時間ができれば20年以上続けている御朱印集めに回ったりしています。「八幡さま」や「七福神」などテーマを決めて何冊も御朱印帳を使い分けています。新型コロナウイルスの流行を受けて遠くの神社仏閣を訪れるのは難しくなりましたが、地元にも明治神宮や代々木八幡などがあります。古から崇められてきた場所は独特のオーラがあり、訪れるだけで気持ちが良いのでお勧めですよ。

今後の展望と読者へのメッセージをお願いします。

6

保育園での歯科検診を担当するようになり、お子さんの口腔ケアに悩んでいる親御さんが多いことを知りました。歯科医師として家庭内でできることを伝える意見交換の場を持たせていただいたことをきっかけに、今後はこれを発展させて食育や口腔ケアの親子教室などができたらいいなと思っています。また、企業歯科検診の機会に講演も追加するなど、さまざまな形で地域貢献していきたいです。せっかくご縁を持たせていただいた笹塚ですから、しっかり根を張って皆さんと楽しみながら、より良い街にしていければと思います。見た目は歯科医師らしくないかもしれませんが、診療はごく真面目。そんなギャップが魅力の歯科医師です(笑)。お気軽にご相談いただければと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント手術 1本 33万円程度
オフィスホワイトニング 1回 1万1000円
ブラケット矯正 77万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access