求人情報ON
白旗なのはなクリニック

白旗なのはなクリニック

龍瀧 憲治院長
頼れるドクター掲載中

169497 %e7%99%bd%e6%97%97%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%81%af%e3%81%aa%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

小田急江ノ島線の藤沢本町駅より徒歩5分、「白旗なのはなクリニック」は2013年開院の地域密着型のクリニックだ。「包括的に、継続的に、責任をもって、患者さんの充実した人生のお手伝いをしたい」とほほ笑むのは、院長の龍瀧(りゅうたき)憲治先生。大学病院や総合病院で内科から小児科、救急医療、訪問診療と幅広い経験を積み、地域に根差したかかりつけ医としての土台を築いた。子どもから高齢者まで、家族で安心して通えるクリニックとして地元で多くの信頼を集める龍瀧先生に、かかりつけ医としての思いから今後の展望まで、じっくり聞いた。
(取材日2018年11月29日)

「来て良かった」とほっとしてもらえるクリニック

―まずはクリニックの特徴について教えてください。

当院では内科と皮膚科、そして在宅診療をメインに、お子さんから高齢の患者さんまで幅広く対応する地域密着型のクリニックです。車でも来やすいショッピングパーク内にあるためかお子さん連れの方が多く、「よそでは大泣きする子が、ここでは機嫌よく過ごせます」と言っていただけた時はうれしいですね。私自身が子どもの頃しょっちゅう小児科でお世話になっていたので、いつか自分が開業する時は、患者さんが安心して通えるクリニックにしたいとずっと思っていました。クリニック名の「なのはな」には、気軽に受診していただき、ご家族みんなで元気になってもらいたいという思いを込めました。クリニックの内装にもこだわりました。

―病院勤務時代は多方面でご活躍されてきたそうですね。

金沢大学を卒業後、内科各科をはじめ、小児科、総合診療科、麻酔科、救命救急センター、在宅診療と、救急医療から終末期医療まで、先端の医療現場で総合診療を行う医師として幅広く経験させていただいてきました。病気というのはさまざまな科が関連していることも多く、胃が痛いと訴えて来られた患者さんが胃(消化器)の病気ではなく、心臓(循環器)の病気だったということもあります。具合の悪い時だけでなく、不安や疑問があれば些細なことでも気軽にご相談ください。近隣の総合病院や介護施設と連携しながら、身近なかかりつけ医として地域の皆さんのお役に立ちたい一心でやっています。

―患者と接する時に心がけていることを教えてください。

寒い日に温かい部屋に入るとほっとするように、患者さんがクリニックに来られた時に「来て良かった」とほっとしていただけるよう、スタッフ一同、声かけやちょっとした気配りなどを大切にしています。また、患者さんは何か困っていることがあって来てくださっているのだから、何に困っているのかをしっかり把握できるよう、まずは患者さんの話にしっかり耳を傾けること、患者さん自身が話したいことを気軽に話せるよう心がけています。私自身、自分が話すよりも相手が話すのを聞くほうが好きなタイプなので、ご家庭の悩みなどを気さくに話していただけるのがうれしいですね。患者さんが多くて時間との戦いのような時は、代わりにスタッフがお話を伺うなど、スタッフ全員で患者さんをフォローしたいと考えています。些細なことでも遠慮せず、気軽に聞いてください。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細