全国のドクター8,582人の想いを取材
クリニック・病院 161,523件の情報を掲載(2019年11月19日現在)

医療法人横美会 ヨコ美クリニック

今川賢一郎 院長

16568 df 1 main 1412062235

方法は同じでも、人によって結果が異なるのが医療

―ポリシーや理念をお持ちでしたら、伺わせてください。

「植毛治療は、医療行為である」ということですね。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、ビジネスモデルとして植毛を行うと、マニュアルに沿った治療になり、医師にとっても主体性や、より良いスキルの習得につながらなくなる可能性があります。施術が人の手で行われる以上、「方法」を統一しても、同じ「結果」が望めるとは限りませんしね。植毛が医療行為であることを忘れてはいけません。企業の理論が横行している昨今、業界全体に「不信感」が生まれているのではないでしょうか。例えばお隣の韓国では、ダンピング問題に発展したのを契機に、医療機関のチェーン展開は禁止されました。厚生労働省も最近ガイドラインの作成に乗り出し始めましたが、一定のルールは必要だと感じています。私自身、美容広告のあり方について学会会員に対して啓発するメンバーの理事を務めています。

―そうなると、何を基準に選べばいいのでしょうか?

人、つまり「医師」です。脳や心臓、あるいはがんのような生死に関わる手術では、大学病院などで実績のある「医師」を選びますよね。同じ大学で同じ方法を学んだ医師なら誰でもいい、ということにはならないのです。それなのに、植毛治療になると、なぜ「方法」にばかり注目し、「医師」に着目しないのかと思いますね。「方法」も大事ですが、その方法で結果を出す技量のある「医師」の施術を受けることが大事だと私は思います。また、医師の「人柄」も大事です。時間はかかるかもしれませんが、やはり自分から複数の医師に直接会い、その中から選んでみてはいかがでしょうか。ちなみにカウンセリングの時に医師ではない人が説明するケースもあるようですが、それは医療行為として正しくありません。ですから、直接医師に会ってお話をしてみてください。他には、数字による比較も有効かもしれません。「自分の状態で、何本、何株の植毛が必要になるのか」ということを聞いてみてください。本数を株数で割った数字が2.5以上であれば、上述した「MFU株」の可能性があります。ちなみに私がお勧めする「FU株」は、2前後になるはずです。まあ、その医師が自分の勧める方法をおっしゃると思います。だからこそ、ご自身で自分の判断軸をしっかり持った上で、自分に合ったドクターを探してほしいと思います。

―最後になりますが、先生の趣味について教えてください。

オペラを聞きながら本を読むことですね。オペラといっても、いわゆる「オペレッタ」と呼ばれる、軽快な「めでたし、めでたし」で終わるような曲が好きです。本の好みは、ヨーロッパの紀行文や歴史書などでしょうか。ヨーロッパ旅行が好きなので、行ったことのある土地のことが書かれていると、関心が増します。そうなると、欠かせないのが白ワイン。ほぼ毎日飲みますので、どこにでも売っている、安くて飲みやすい銘柄のものを楽しんでいます。当院の内装も、そうしたなかで受けたインスピレーションを反映しました。患者さんに、オペレッタのモチーフであるハッピーさが伝われば、うれしい限りです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細