求人情報ON
西日暮里駅前デンタルクリニック

西日暮里駅前デンタルクリニック

佐藤 順二郎院長

165548 df 1 main 1427278001

西日暮里駅の改札口から徒歩30秒という至便な地に、2011年にオープンした「西日暮里駅前デンタルクリニック」。院内は歯科医院特有のにおいがなく、観葉植物や絵画が多数飾られて、とてもリラックスできる。折り目正しく、やわらかな雰囲気の佐藤順二郎院長は、診療の話で見せる真摯な表情と、趣味の話で見せる爽やかな笑顔のギャップが好印象だ。空手と音楽で培った妥協しない粘り強さを武器に、幅広くオールラウンドに診療し、患者のあらゆる要望に応えられる歯科医師をめざして、日々研鑽を続けている。同院ならではの特徴的な診療や、診療理念、さらに患者を安心させる工夫などを余すところなく語ってもらった。
(取材日2015年3月13日)

歯科医院に訪れやすい雰囲気をめざして

―クリニック開院と同時に院長に就任されたとのことですが、それまでの経緯をお聞かせください。

歯学部を卒業してから、都内と茨城県の歯科医院で勤務しました。茨城県の歯科医院は、外部から各分野の専門の歯科医師が来て診療するスタイルでしたので、歯根治療、矯正、口腔外科などさまざまな領域の診療を、専門の先生から実地に学ぶことができました。院長からは、特に噛み合わせについて詳しく教えていただきました。こちらでお世話になろうと決めたのは、当法人の松永泰典理事長も幅広い診療ができて、常に勉強し続けている歯科医師なので、さらに高いレベルで学ぶことができると思ったからです。特にインプラント治療に関しては理事長の知識や技術はレベルが高いのですが、それを惜しみなく教えてくれるのです。私も後輩の歯科医師が入ってきたら、出し惜しみせず伝えようと心がけています。

―西日暮里の印象はいかがですか?

フレンドリーで温かい人が多いと思いますね。年配の患者さんが気軽に歯ブラシを1本買いに来るようなことがあります。私たちとちょっと話をするのを楽しみにされているんですね。駅の改札から30秒という近さなので、いろんな年齢層の患者さんがいらっしゃいます。高齢者も多いですし、夕方は会社帰りの方が大勢来院されます。歯科医師として感じるのは、歯の健康を意識している方が結構多いということですね。例えば、「歯に色がついているけれど、虫歯ではないですか」と来院される方がいます。小さなうちに虫歯が見つけられれば歯を抜く必要もありません。とてもいいことですね。多くの方は、歯科医院には行きたくないと思っているはずです。ですから当院ではなるべく歯科医院らしくない雰囲気づくりに気を使っています。例えば、消毒薬のにおいですが、極力においのしない薬剤を使用するなど、こだわっている部分です。

―歯科医師をめざした理由やご趣味など、先生のプライベートについて教えてください。

父が栃木で歯科医院を開業していたので、子どもの頃からその仕事ぶりを見ていました。父が患者さんと談笑している姿を見て、「こんなに良い雰囲気でできる仕事なんだ」と思い、そこに魅力を感じました。私もやはり、仕事は良い雰囲気の中でしたいと思っていますから、歯科医師という職業は自分に合っていると考えています。趣味は高校時代から続けている空手と音楽です。私はある日本のヘヴィメタルバンドのファンで、バンド結成時の公約どおり1999年に解散した彼らから「自分の道は自分で切り開くことの大切さ」を教えられました。そうなるために、本物を見分けられる感性を磨き心を鍛えようと、空手にも熱が入るようになりました。空手も自分との戦いです。それも高校時代に出会い、現在もお世話になっている師から教えられました。空手と音楽は今も続けていますが、そこで培った妥協しないで努力するという習慣は、仕事にも生かされていると思います。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療/30万~60万円
マイクロスコープを用いた歯の根管治療/6万円~9万円
マウスピース型装置による矯正/80万円



Access