全国のドクター8,986人の想いを取材
クリニック・病院 161,453件の情報を掲載(2020年2月18日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. 所沢市
  4. 所沢駅
  5. 福元内科クリニック
  6. 福元 俊孝 院長

福元 俊孝 院長の独自取材記事

福元内科クリニック

(所沢市/所沢駅)

最終更新日:2019/08/28

160989

所沢市に2008年に開業した「福元内科クリニック」は、内科を中心に幅広く患者のニーズに応える地域のクリニックだ。福元俊孝院長は消化器内科を専門とする医師。得意とする内視鏡検査をはじめ、人間ドックなど病気の早期発見や予防にも力を入れており、患者の抵抗をなくすための工夫や、開業医ならではのこまやかな対応を行っている。クチコミやインターネット上でも「楽に検査を受けられる」と患者から評判で、遠方から訪れる患者も多いそうだ。待合室では生活習慣病をはじめ、さまざまな病気に関する映像を流すなど情報発信も欠かさない。控えめで穏やかな印象の中にも、地域患者のための診療を続けたい、という意志がしっかりと感じられる福元院長に、診療について詳しく聞いた。
(取材日2017年6月8日)

患者の話をしっかりと聞けることが開業医のメリット

先生がこちらで開業されたきっかけを教えてください。

大学を卒業後、民間病院や大学病院で勤務医をしていましたが、地域医療に貢献したいという思いがありまして。子どもたちもそろそろ大きくなって転勤が難しくなったことや、自身の年齢なども考えるとこのタイミングかな、と。出身大学が近くにあったため、ぜひ所沢で開業したいと思い、この場所に決めました。もともと僕が医師をめざすようになったのは、小学校の頃に小児喘息で町のクリニックにかかっていたことがきっかけなんです。ですので、はじめから頭にはなんとなく開業をしよう、という考えはあったと思います。

実際に開業をされて、いかがですか?

開業して9年がたちましたが、おかげさまで地元の方々には名前くらいは知られてきたのではないかな、と思います。近隣の高齢者の方を中心に、さまざまな患者さんがいらしていますよ。内科を志したのが、体全体を診られるから、という理由だったこともあり、患者さんのご相談に応じて満遍なく対応できるようにしています。睡眠時無呼吸症候群やアレルギー性疾患、肩こりなど、ご要望に応じてできることは少しずつ増えていますね。勤務医の頃と大きく違うと感じているのは、患者さんとお話しする時間を比較的長く取ることができることでしょうか。

患者さんとお話しする時間は長めに取られているのですか?

患者さんにもよりますが、皆さんいろいろな症状やお悩みを多く抱えていらっしゃるので、必要な方にはできるだけ時間を取るようにしています。診察をする上でいつも心がけているのは、患者さんのお話をよく聞くことですね。大きな病院だと、検査なども待ち時間が長くなってしまって、臨機応変な対応ができないことも多いのですが、開業医となってからは、患者さんと検査の進め方なども相談できるので、診療もスムーズに行えていると感じています。

検査に抵抗がなくなるよう、楽に受けられる環境を整備

患者さんの主訴は、どのようなものが多いのでしょうか?

高齢の患者さんが中心なので、やはり生活習慣病でいらっしゃる方は多いですね。一方、若い世代では風邪や胃腸の不具合を訴える方が多い印象です。生活習慣病については、食事や運動の指導もしています。体重を減らしたりモチベーションを保つことはなかなか大変ですが、まずは体重計に乗ることが大切。客観的な数字で現れると、自分の置かれている現状がよくわかりますから。余裕があればおなか周りの計測なども小まめにしていただいて、減っていく数値を見るのが楽しみになってくるといいですよね。

クリニックでは検査にも力を入れていらっしゃるそうですね。

はい。人間ドックも希望に応じて行っており、若い方も結構いらっしゃいますね。大きい病院で受けるとどうしても流れ作業になってしまったり、十分な説明がないまま結果だけが郵送で送られてきたりということがあるのですが、ここでは必ず来ていただいて、患者さんに直接説明をしています。そのせいか、他で受けた検診結果の説明を聞きに来られる患者さんもいらっしゃるんですよ。特に内視鏡検査には力を入れていますので、新型の内視鏡検査機を導入し、精度の高い見逃しのない検査を行うことはもちろん、患者さんの苦痛をできるだけ少なくするよう心がけています。さらに大腸内視鏡検査では日帰りポリープ切除も行っていますので、見つかったその場で5分から10分程度のお時間をいただければ切除が可能です。実際、当院では検査もポリープ切除も楽に受けられるとクチコミやインターネットで知って、わざわざ遠方からいらっしゃる患者さんも多いんですよ。

検査の負担を減らすために、どのような工夫をしていますか?

一度でも検査でつらい思いをしてしまうと、その後また受けなくてはいけないときに「受けたくない」という気持ちになってしまいます。ですので、患者さんが今後検査を受ける際に抵抗を感じないように、できるだけ負担の少ない検査を心がけています。鎮静剤や鎮痛剤についても、患者さんの希望を踏まえながら積極的に使用するスタンスを取っています。鎮痛剤の使用については医師によって賛否があるところで、使用することによって合併症が起こった際に発見が遅れる、という意見もありますが、血圧が上がったり、えずいて喉を傷つけてしまったりと、使用しないことによる危険性も考えられます。患者さんがつらいと検査もスムーズに進まず、余計に時間がかかってさらにつらくなる、というデメリットもありますから、鎮静剤や鎮痛剤を適切に使うことは必要だと考えています。

患者のニーズに合わせて診療の幅を広げていきたい

ご自身の健康管理で気を付けていることはありますか?

病気にならないように、食事と運動には気を使っています。食事面では、カロリーを減らしつつ、タンパク質や野菜の摂取量に気を付けていますね。というのも、診療で生活習慣病の患者さんに「痩せましょう」というお話をする機会も多いため、自分が太っていたら説得力がありませんから。それに、僕自身10kgの減量に成功したので、「痩せるのが大変だ」とおっしゃる患者さんの気持ちも理解できるし、自身の体験をもとに「どういう食事がいい」などのアドバイスもできます。運動も大切で、足腰を使わないと疲れやすくなって、また動かなくなってしまう。ですので、患者さんには疲れてもいいから動くようにお話ししています。筋肉が少しついたほうが代謝も上がりますから、有酸素運動と軽く筋肉を付けるような運動を行うのがよいでしょうね。自分では30分ほど走って軽く筋力トレーニングをするようにしています。

休日の過ごし方や、ご趣味について教えてください。

子どもが4人いるので、休日はほとんど一緒に過ごしたり、どこかに遊びに連れて行ったりしています。先日は下の子を2人連れて明治神宮や原宿に行ってみたのですが、まだ小学生の男の子なので、あまり興味はないようでした(笑)。それから、趣味と言えるほどではありませんが、自宅では淡水魚を中心に観賞魚を育てています。それほど大きくはないけれど、水槽も3つ持っていて、孵化させたりもしているんですよ。観葉植物や小動物、観賞魚など、植物や生き物を育てるのが好きなんですよね。他にも、セキセイインコやジャンガリアンハムスターを飼っています。懐くととかわいいんですよ。

今後はこのクリニックをどのようにしたいとお考えですか?

患者さんの希望に合わせて診療の幅を広げていければ、と思っています。開業当初から通ってくださる患者さんもご高齢になられ、訪問診療をしてほしいというご要望もいただいているため、今後少しずつでも対応していきたいと考えているところです。できるだけ患者さんのお話を伺って、ご要望に沿えるような診療を提供していきたいと思っていますので、何なりとご相談ください。

Access