医療法人社団開成会 うえだ歯科岩瀬診療所

医療法人社団開成会 うえだ歯科岩瀬診療所

上田 順一理事長

160450                        csdf

「どんな素晴らしい治療をするより、患者さんがそのような治療を受けなくてすむことを歯科医師はめざさなければならないという言葉への感動が、私の歯科医師としての方向性を決めてくれました」と歯周病治療の伝説的な名医の教えを熱く語る「医療法人社団開成会うえだ歯科岩瀬診療所」上田順一理事長。開業して、歯周病治療の必要性を痛感し、勉強に励んできた。世界的標準にのっとった確かな治療と、良心的できめ細かい対応で、多くの患者に信頼されている。歯周病治療を求めて、遠方から訪れる患者も少なくない。ダンディな風貌に、豪快な語り口も印象的で、上田先生ファンが多いことも納得できる。臨床歯科研修医指導医として、歯周病治療やメンテナンスを学びたいという研修医を受け入れ、後進の指導にも熱心に取り組む頼もしいドクターだ。

歯周病治療に力を入れ、地域に信頼される歯科ドクター

―まず、歯科医師を志したきっかけや、開業までの経緯を教えてください。

歯科医師を志したのは祖父が歯科医師であったことが大きかったと思います。祖父は、福島県郡山市の開成山大神宮の長男でしたが、宮司ではなく、歯科医師の道を選んだのです。私も祖父のようになりたいと、日本歯科大学新潟歯学部に進み、勤務医を経て、この岩瀬で開業しました。当初は鎌倉街道沿いにありましたが、手狭になったので、2010年にこちらに移転しました。また、大船の北側の植木に「植木診療所」を開院しました。祖父に因んで、医療法人名は「開成会」とし、神に仕える神聖な気持ちで仕事にあたろうと、神の使いと言われる鹿をロゴマークにしました。歯科と鹿、シカをかけたわけではないんですよ(笑)。

―こちらのクリニックの特徴を教えてください。

この辺りは、代々この地に住まわれてきた方と、新しく大船に来られた方、いろいろな方が入り交じっている地域です。ですから、赤ちゃんからお年寄りまで診療も幅広いですが、特に歯周病治療と予防、メンテナンスを中心に、なるべく歯を残す、健康を維持することを重視した診療を行っています。勤続10年を超える歯科衛生士が5名、勤続5年以上の歯科衛生士が3名いてメンテナンスや患者さんへの指導に取り組んでおり、また院内に技工所があり、20年の付き合いがある常勤技工士がきめ細かく対応してくれるなど、素晴らしいスタッフに支えられているのも当院の特徴です。技工士がそばにいることで補綴物や治療の質がとても高まるんですよ。神奈川歯科大学と日本大学新潟歯学部の協力施設として研修医も受け入れていて、歯周病治療と予防を中心とした歯科診療を学びたいという研修医たちが毎年来ています。

―歯周病治療に取り組まれるようになったきっかけは?

開業後、自分に足りないのは歯周病治療の知識であることに気づき、東北大学歯科大学(現奥羽大学)歯周病科教授であった岡本浩先生に師事し、さらに、岡本先生の師匠であり、歯周病の世界的権威である、スウェーデン・イエテボリ大学のヤン・リンデ先生の研修にもついていくようになりました。当時まだ日本では歯周病を手がける歯科医師はごくわずかでしたが、世界的にはすでにとても注目されていました。第1回リンデシンポジウムに参加したときの感動は今でも忘れられません。世界中から集まった著名な歯科医師たちがインプラント治療の症例を発表した後、リンデ先生が「どれも素晴らしいが、患者さんがこのような治療を受けなくて済むことを歯科医師はめざさなければならない」と総評され、スタンディングオベーションとなったのです。その感動がその後の私を方向付けてくれ、歯周病治療と予防に取り組むようになり、歯周病学会の認定医も取得しました。

記事更新日:2016/02/29


Access