医療法人社団黄金会 羽根田歯科医院

医療法人社団黄金会 羽根田歯科医院

羽根田 元子院長

頼れるドクター

157531

高齢者から子どもまでそれぞれに合う診療を

―先生が治療で気を付けている点をお聞かせください。

子どもの診療に関しては私なりに思うことがあります。私の専門は歯周病なのですが、歯列矯正の治療で歯の数が少なくなったほうが、更に歯周病になってもっと歯が少なくなった時に、はじめて「歯は抜きたくない」、「入れ歯は嫌だ」と言い出すんですね。でもその時には噛み合わせのバランスなどがあってもう元通りにはできないんです。ですからそういうことが起きないようにするには、子どもの頃からのケアが大切なのではないか。そう考えた時に、歯並び、更には噛み合わせについて勉強をしようと思い立ちました。

―では、先生が考える噛み合わせの重要性についてお聞かせください。

子どもの歯並びは、子どもの矯正をすれば見た目がよくなると思っている方がほとんどですが、子どもの矯正とは永久歯が出てくるスペースを作ることで審美的によくなるものとは違うんです。また、見た目の歯並びがよくなるとそこで満足してしまう方も多く、審美的に美しい歯並びでも機能的に良いとは限らないのが難しいところなんです。よく歯周病は歯の汚れ(プラーク)のせいだといわれます。でも噛み合わせが悪いことによって、他の歯より強くあたる歯ができることで、歯周病になってしまうこともあるんです(咬合性外傷)。ですから長い目で見て、単純に審美性ではなく、噛み合わせをより重視することが大切なんです。

―噛み合わせが身体に及ぼす影響は大きいのでしょうか。

噛み合わせと全身疾患には通じるものがあると考えています。一例ですが以前診察した患者さんが、顎が痛いと言って来院されたのですが、虫歯はなくおかしいと思って、総合病院に行っていただいたら、心臓に病気があることがわかりました。即、入院、手術になりました。ほかにも虫歯ではないのに歯が痛いと言う患者さんが時々いますが、それも噛み合わせに問題がある場合が多いんですよ。噛み合わせを治療することによって、身体にもいい影響をもたらすケースが多々ありますね。

―最後にエネルギッシュな先生の普段のリフレッシュ法をお聞かせ下さい。

リフレッシュ法は、近所の同級生からスポーツトレーナーを紹介していただいたことがきっかけで、加圧トレーニングを週2回欠かさず続けています。すると、体形が変わってきたのが実感できて。併せて糖質制限も試したところ、なんと23kg減量に成功したんです。友達は30kg近く落ちたんですよ。糖質制限おそるべしでしたね(笑)。でも体を絞ってばかりだとストレスもたまるので、仲の良い歯医者さんたちで「肉ツアー」を企画しおいしいお肉を食べています。歯医者さん同士の良い情報交換の場にもなっていますよ。あとは、初級講座を受けて始めたタロット占いを友達にしてあげたりしています。これが当たると評判になっています(笑)。リフレッシュする時はおもいっきりリフレッシュし、いつも全力で診療に臨むようにしています。子どもからお年寄りまで一貫して診療することができるのが当院の強みですので、お気軽に相談に来ていただければと思います。

記事更新日:2017/07/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細