全国のドクター9,326人の想いを取材
クリニック・病院 161,131件の情報を掲載(2020年10月30日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. さいたま市中央区
  4. 南与野駅
  5. 医療法人社団謙歯会 加茂歯科クリニック
  6. 加茂謙作 院長

加茂謙作 院長の独自取材記事

医療法人社団謙歯会 加茂歯科クリニック

(さいたま市中央区/南与野駅)

最終更新日:2020/04/01

157355

JR埼京線の南与野駅から徒歩5分。駅前の緑多い公園を線路沿いに歩くと、国道463号との交差点の一角に現われるのが「加茂歯科クリニック」だ。院長の加茂謙作先生はとても気さくなお人柄。同院のロゴマークの「カモシカ」は語呂合わせから生まれたことなど、患者が少しでもリラックスできるよう、いつも楽しめる話題をふってくれる。また「患者さんは家族」がポリシー。患者の身に寄り添うように治療方針を相談しながら決めてくれるやさしいドクターでもある。平日は20時まで、土日も診療している同院。勤め人が通いやすいのはもちろん、訪問診療も行っているので周辺エリアの高齢者やその家族にも喜ばれ、頼りにされている。そんな加茂先生に、訪問診療の実際から今後の抱負までを語っていただいた。
(取材日2015年7月14日)

定期健診に通う患者は8割以上。歯に対する高い意識を地元で育てて行きたい

この地に開院された理由から教えてください。

157355 df 1 1 1438757846

越谷市から入間市まで続く国道463号沿いの交差点に位置している角地で、南与野駅からも徒歩5分。人通りも多く、隣接地には家族で出かけられるレストランもある。しかも南与野は今、都内に勤める方々の新興住宅街ですので、これからも多くの分譲マンションが着工されそうですし、そのような環境が気に入ったというわけです。

土日も診療されているんですね。

そうですね、平日にお仕事をされている方も通院しやすい環境を提供しようと思い土日も診療を行っています。実際に、南与野周辺には都内や大宮などに通勤されている方がたくさんいらっしゃるようで、お仕事がお休みの方や家族連れで来院される方が多い印象です。平日も20時まで診療していているのですが、とても喜ばれています。

患者さんの層は?

訪問診療とこちらに来院される患者さんの二つの層があり、前者は高齢者が多いですが、こちらはお子さんから中高年まで幅広いですよ。最近では道具が進歩して、訪問診療でも診療所とほぼ同じレベルの治療が受けられるようになってきています。しかし、訪問診療する自宅よりもはるかに医療環境としては充実しているわけですから、今後は高齢の患者さんたちにもその点を理解していただいて、不具合があれば来院していただければと思います。診療所では虫歯治療から矯正、インプラントやほうれい線へのヒアルロン注射、高濃度ビタミンC点滴など幅広く対応しているので、ぜひ気軽に相談していただければと思います。

診療ポリシーを教えてください。

157355 df 1 2 1438757846

当院は「できるだけ削らない、抜かない、歯を残す」がポリシーなので、必然的に治療後の定期健診など予防歯科に力を入れています。治療後の患者さんの通院率を高めるために、定期的にハガキを出していますが、現在のところ、それを見て定期検診に訪れる患者さんは8割以上。ですが、日本は他の先進国に比べて、歯の健康に対する意識が極めて低いので、この地で意識の高い患者さんを育てたいというのが医師としての一つの目標ですね。またマインド面では、歯科医院は緊張して来院される方も多いですから、なんとか皆さんにリラックスしていただき、何でも気軽に質問してもらえるような雰囲気をまずつくること。患者さんのちょっとした顔の表情の読み取りや、治療が終了してもすぐに立ち上がらないで、何か言いたそうにしているサインをしっかりと察知して「何かほかにもありますか?」と、話し出しやすいよういつも誘導しています。

訪問診療は患者と家族の笑顔が何よりもモチベーションを上げてくれる

訪問診療もされていらっしゃいますね。

157355 df 1 3 1438757846

ええ、高齢者や障害を持つ患者さんの自宅まで訪問して歯科治療を行っています。勤務医の時代、最初に勤めた院長が僕の師匠ですが、その時代に訪問診療のやりがいに目覚めまして、以降はずっと続けてきました。訪問診療の医療キットも昔と比べてずいぶん進化し、高性能でコンパクトとなりました。歯を削るタービンや、唾液などを吸い込むバキューム、口の中の洗浄する風や水が出る3Wayシリンジなどを、患者さんの自宅で組み立て、治療後は撤収します。初めてうかがう場所では電源の確保から始まりますので、治療に要する時間は多くかかってしまったりもします。でもそうした手間暇を超えて、訪問診療には患者さんやご家族の喜びや笑顔があるということで、われわれは続けていけるのです。

訪問診療の料金やエリアについて教えてください。

いまは週3回、埼玉県と一部東京都のエリア内を回っています。詳しくは当院のホームページに示していますが、南与野駅を中心として半径16km圏内が主たる出張エリアです。1回の訪問診療で最大20人、週あたり50人くらいの患者さんを診ていますね。医療クルーは歯科医師と衛生士の2人体制です。車に乗って、一番遠い地域から診療し、順次、当院のある南与野に戻ってくる形ですが、実際に依頼があるのは周辺エリアが多いですね。代診の歯科医師と衛生士がスケジュールを組み、患者さんの自宅に伺い、治療を行います。診療費用は老人医療負担1割の場合ですと、在宅サービス料あるいは施設サービス料などが別途かかりますが、治療費は院内とほぼ同じです。詳しくはお尋ねください。

訪問診療の医師としてのやりがいは?

157355 df 1 4 1438757846

患者さんは人生の大先輩ばかり。人間として学ぶことも多いですし、単にこちらが医療サポートしているばかりではない、ということですね。また、診療して1回では終わらずに、その後のケアや定期健診などで、お付き合いは数年に及ぶ方も。やはり患者さんは、自宅のベッドや長年愛用している椅子で治療を受けられるというところで喜ばれていますね。テーブルの座椅子で治療を受けられるケースもあります。でも、そうしたリラックスした状態で治療を受けてもらえるのは、こちらも嬉しいことなのです。歯科医師なのに、目の不具合や耳の痛みなどの相談を受けることもありますね。もちろん専門外ですので、「僕は歯医者さんですよ」とお話するのですが、「ああそう」といいながらすぐに「先生、目がいたいんですけど」と(笑)。でも、われわれはそうした高齢者への対応も日常の業務と心得ていますので、気兼ねなく訪問診療をご依頼いただければと思っています。

恩師から教わった患者優先主義の姿勢を実践していきたい

恩師の教えを今も実践されているのは素晴らしいことですね。

157355 df 1 5 1438757846

師匠と慕う勤務医時代の院長は、すでに亡くなっていますが、大学時代に友人から紹介されて、その後、親しくお付き合いし、勤務医となった時にお世話になった方です。本当に患者思いのドクターで、診療開始は10時なのに、待ちきれないと朝7時に来院される患者のおばあさんのために、前夜から医院に泊まり込みされる。そういう患者さんが多いので、施設内にシャワー室までつくってしまったような素晴らしい方でした。「患者さんは家族と思って治療する」がポリシーだった師匠の姿勢がいまの僕の原点でして、さすがにそこまでできるドクターではないですが(笑)、しかし師匠の弟子として恥ずかしくない医療を実践していきたいと常々思っています。

カモシカのロゴマークがとても印象的ですね。

実は学生時代から将来、自分が開業した際にはカモシカのロゴマークをつくろうと思っていたのです(笑)。加茂という名前の歯科医師が開業医となるわけですから「カモシカ」という語呂合わせですが、それ以前に大学の歯学部時代に携帯電話会社のCMでカモシカを扱うものが流れまして、中には歯科医院を扱うものもあったのです。その際、親戚から実家に「お宅の弟さんはもう開院したのか?」と、とんでもない問い合わせが入りまして、「そうかそうかと」(笑)。その時から、「カモシカ」のロゴをつくろうと決めましたよ。子どもや女性はもちろん、おじさんからも「かわいいね」などと好評価をいただいています。このロゴが決め手となり、来院してくださった方もいて、院長として助かっています(笑)。

休日の過ごし方はどのようにされていらっしゃいますか?

僕は12歳と10歳の2児の父親です。休日はなかなか取れないのですが、日曜の診療が13時からなので朝早くに家族で出かけたりし、家族と過ごす時間を大切にしていますよ。たまに取れた休日には、親子で公園に行ったり、買い物に行ったり。冬はスノーボードに毎年行っていますね。日帰りでシーズンになると家族で何度も湯沢あたりまで出かけて楽しんでいます。

最後に今後の抱負をお聞かせください。

157355 df 1 6 1438757846

おかげさまで開院以来9年、順調に運営してこれましたし、非常勤の若手のドクターたちも育ってきました。将来的には、この地域に密着して医療貢献できるようなクリニックをめざしています。標榜科目もお子さんから高齢者まで幅広くカバーできるようにし、高度治療が必要であれば地域の大型施設と連携するというスタイルを構想しています。また、早ければ来年の秋には一つ、埼玉の南西部にクリニックを出せればいいなと考えています。分院の院長を誰にするかなど、課題もあるのですが、幸いにして当院に関わってくれている若手のドクターも3人いて、僕の師匠から受け継いだ患者さんへの思いを大切にするドクターたちですから、その中で「自分にやらせてください!!」という意欲ある人に任せてみようと思っています。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access