医療法人社団政美会 クリスタル ミツル歯科

滝口 裕一院長

156617

JR総武線本八幡駅から徒歩1分。「クリスタル ミツル歯科」は、商業施設の1階に位置し、街にすっかり溶け込んでいる。「生まれ育った本八幡で働きたかった」という滝口裕一院長の言葉に、地元ヘの愛着と地域医療への志の高さがうかがえる。滝口先生が歯科診療で重要視しているのは、予防・メンテナンス、そして「長持ちする治療」だ。2年前に院長に就任して以来、患者は順調に増えているという。その裏には専門性の高い知識と技術に加え、初診にじっくりと時間をかけて患者と向き合い、口腔内の健康は何にも代えがたいほど重要であることを説明するという歯科診療への情熱がある。インタビューでは滝口院長に、クリニックの特徴や診療方針、プライベートや今後の展望に至るまで、じっくり語ってもらった。
(取材日2015年12月2日)

予防・メンテナンスを重視し「長持ちする治療」が基本

―クリニックの特徴について教えてください。

当院には二つの特徴があります。まず一つ目に、治療理念として「長持ちする治療」を掲げているように、予防,メンテナンスに力を入れています。治療内容を患者様ご自身がよく理解することが「長持ちする治療」の大事なポイントであるため、説明の際にはビデオや模型を必ず用いるようにしています。また、当院では口腔内のトラブルの再発を防ぐよう、必ず原因からその過程までお伝えすることを心がけています。「一生を自分の歯で美味しくご飯を食べる喜び」を伝えていくためにも、最終的には虫歯、歯周病菌を無くし、安定した口腔環境が一生続くように、メンテナンスを徹底していきます。二つ目の特徴は審美歯科です。審美歯科は高価なイメージがありますが、当院では保険、自費それぞれの材質から見た目、費用を含めた多くの情報を説明し、その人に合った治療を提案するように努めています。実際に審美のことでご相談に来られる方も多くいらっしゃいます。

―どのような患者さんが多いですか?

午前中は主婦の方やご高齢の方、午後は幼稚園,学校終わりのお子さまを連れた親子、夜は仕事終わりの会社員と、幅広い年齢の患者様にお越しいただいています。そのために、スタッフ全員が、幅広い患者様層に合わせた治療やコミュニケーションが、自然と身についてます。多くの患者さまが通いやすいように、例えば、お子さま連れのお母さまに対しては、受付でのお子さまのお預かりを実施したり、キッズスペースを設けたりしています。また、当院では歯科恐怖症の方も多く来院されています。歯科恐怖症の方に対しては、笑気や静脈内鎮静法など、薬により心の状態を安定させるケースが一般的ですが、当院ではそのような対応ではなく、まずはじっくり時間をかけたコミュニケーションと治療で多くの歯科恐怖症の患者さまに対応しています。

―患者さんと接するときに心がけていることは?

どんな時でも、患者さまのお話をじっくり、しっかりと聞いて、訴えていることをくみ取り、信頼関係を築き上げたいと心がけています。信頼されたのちに、私たちにはすべての患者さまに伝えたいことがあります。それは、「自分の歯で食べることの幸せ~歯を失うことの恐怖~」です。この二つを日々心がけながら、スタッフ全員で診療しています。「自分の歯で食べることの幸せ~歯を失うことの恐怖~」とは、歯1本の価値はお金に換えることができないということです。今のどんな最先端歯科治療をもってしても、ご自身の歯に勝る見た目や噛み心地は得られません。問題の抱える患者様には、今治療をすることが大切で、治療後は現状を維持していくことの大切さを伝えることを、日々考えながら診療しています。

記事更新日:2016/04/05


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細