全国のドクター8,470人の想いを取材
クリニック・病院 161,469件の情報を掲載(2019年9月24日現在)

カワイ眼科医院

カワイ眼科医院

河合正孝 院長

155621 df 1 main 1416377736

JR・小田急・江ノ電藤沢駅から徒歩3分。美容院やカフェが立ち並ぶ通り沿いに、コンクリート打ちっぱなしのモダンな外観の医療ビルがある。その1階にある「カワイ眼科医院」は、今年の10月1日で開業からちょうど10年を迎えた。院長の河合正孝先生は、慶應義塾大学医学部卒業後、同大医学部眼科学教室に入局。その後関連病院に勤務したのち、眼科専門医の資格を取得。同大病院に助手として戻り、角膜専門外来を担当、研修医の指導も務めた。診療のモットーは「目で見える分かりやすい医療の提供」であり、最新機器による検査画像をモニターに映しながら、患者に丁寧に説明する。わかりやすい診療を駅近で受けられるとあって、クチコミで来院する患者も多い。河合先生は優しい話し方が印象的で、インタビューにも気さくに同院での診療や今後の展望を語ってくれた。
(取材日2014年10月8日)

専門の角膜から一般の眼科診療まで、豊富な経験を持つ

―角膜を専門に研究されてきたそうですね。

角膜の研究は研修医時代から始まって、つい2年前までは慶應義塾大学病院の角膜治療の専門外来も担当していました。研修医時代は、研究や診療以外の雑務も非常に多く、睡眠時間は短い時には3〜4時間ほど。それも病院のどこかで寝るといった日々でしたね。その後、日野市立総合病院、足利赤十字病院に勤務しましたが、ドクターの数も限られているので担当は分けず、一般の眼科診療すべてを行っていました。角膜を専門に治療するようになったのは、大学病院に戻ってから。角膜治療では、一般の診療所では治療が難しい重症の角膜疾患や、やけど、アルカリ外傷の方の診療、角膜移植の手術と術後の患者さんのフォローアップなどを行っていました。現在、当院は同大病院の提携協力医療機関として、大学病院で治療を受けた患者さんのフォローも行っています。

―クリニックの内装でこだわった点はありますか?

ベビーカーや車いすでも入りやすいように、段差をなくすなどバリアフリーには気を使いました。デザイン面では、より快適な空間になるよう義母のアドバイスを取り入れて、壁にレリーフを入れたり、受付カウンターを大理石製にしたりしています。また内装ではないのですが、患者さんの待ち時間軽減のために、電子カルテとレセコン(診療報酬明細書を作成するコンピューター)を導入しています。昔の紙カルテと比べて、はるかに時間が短縮されています。

―患者層に特徴はありますか?

一般的に、眼科は高齢の患者さんが多いのですが、当院の患者さんの平均年齢は30代と若いです。おそらく駅に近く、平日は20時まで、土日も診療も行っているので、働いている方も来院しやすいのだと思います。診療の内容としては、急性の結膜炎や、コンタクトレンズの相談など比較的軽い病気が多いです。また藤沢は「湘南」という土地の名前に憧れて転入してくる若い人が多く、少子化の中で珍しく子どもが増えている地域なんです。公立小学校でも収容が難しいくらいだそうですよ。ですからお子さんも多く来院しますね。開業するまで藤沢に縁はなかったのですが、住民の方たちと実際に接してみると、おおらかで知的水準、生活水準の高い方が多いな、という印象を受けました。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細