全国のドクター8,725人の想いを取材
クリニック・病院 161,529件の情報を掲載(2019年12月08日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 川崎市中原区
  4. 武蔵中原駅
  5. 中原駅前歯科クリニック
  6. 岡本 太一 院長

岡本 太一 院長の独自取材記事

中原駅前歯科クリニック

(川崎市中原区/武蔵中原駅)

最終更新日:2019/08/28

15545

川崎市の南部線武蔵中原駅から徒歩2分。この利便性は開業するにあたって一番の条件だったと岡本太一院長は話す。2016年で開業10年目。一般歯科、小児歯科、矯正治療、インプラント治療、入れ歯治療まで、歯科に関わるすべてのことをトータルに対応する中原駅前歯科クリニック。同クリニックには、若いファミリー層から地元の人々、仕事帰りの会社員など、幅広い年齢層の患者が訪れている。虫歯治療は1回30分で完了させ、患者が何度も足を運ばなくてもすむように、できるだけ負担を軽くする診療が考えられている。歯科衛生士は置かず、最後の最後、細かいブラッシングまで岡本院長が行っているという。そんな岡本院長に診療に関することや医師をめざしたきっかけなどを聞いた。
(取材日2016年8月19日)

祖父、父、3代にわたって歯について考える仕事を

歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

1

もともと父や祖父が技工士で、親戚の中にも技工士や歯科医師がいたので、歯に関する仕事は身近に感じる職業でした。そんな環境だったので、自分も技工士になるのかなと漠然と思っていたのですが、チャンスがあって鶴見大学歯学部に入りました。大学は2000年に卒業しましたが、歯も医療なので専門領域だけでなく全身管理が必要と考え、卒業後は慈恵医科大学の口腔外科・歯科教室で2年間研修し、半年間は麻酔科でも勉強しました。親知らずを抜いたりするような実習を深く行いたいと思い、慈恵では臨床実習に力を入れ、そのあとは両国や淡路町などで勉強をさせていただいてから武蔵中原で開業しました。また、父は今も現役の技工士で、当院で取った歯型は全部父が作っているんです。なんでも言い合いながらできるので、細かいところまで相談して納得のいくものを追求していますよ。

岡本院長は入れ歯の研究をされているのですね。

歯科治療にも流行があり、現在はインプラントが多いですが、適応症をしっかり考えないと難しいことになることがあります。将来は歯も再生医療の技術が出てくるのでしょうが、現在の治療法で患者さんそれぞれに向いた治療を考えると、入れ歯もメリットの多い選択肢です。材料と技術は日進月歩です。入れ歯を長く使っている方こそ、違和感を覚えたときは、新しい技術で作り替えることをお勧めしています。義歯は金属が使われますが、口の中では邪魔になるので、最小限の金属になるように、父とともに研究しています。入れ歯の歴史も長いですが、現在は限界まで金属を薄くし、歯茎になじむ素材を使っています。入れ歯の固定概念を壊したい、患者さんにとって痛くない入れ歯、噛める入れ歯にしたいと、日々模索していますね。昔から入れ歯をしている方が、新しくした義歯のフィット感にびっくりされ、喜んでいただけるのがいちばんうれしいです。

ブログでも医療情報を発信されています。

2

歯は体の一部ですから、体調の影響が歯に出たりします。逆に歯の状態が体に影響を与えることもあります。そういったことをトータルに考えて役に立ちそうな医療情報を当院のホームページで発信しています。ほかにも、日頃使っている治療機器や、研究している新しい入れ歯についても載せていますので、入れ歯の進歩を是非見ていただきたいです。

デンタルIQが高い土地柄

開業10年で、地域の特性を感じることがありますか。

3

私の出身は東京都中野区ですが、鶴見・川崎に土地勘があったので、患者さんの利便性を考えて、とにかく駅に近いところを第一条件に、南部線の武蔵中原にクリニックを開業しました。隣駅である武蔵小杉は開発が進み、人口も爆発的に増えていますね。中原はちょっと離れただけで、古い町ですし、落ち着いてとても住みやすいです。企業も多いので、患者さんは会社勤めの方々が多いですが、この10年で、昔からの住人や若いファミリー層など、地元の患者さんが増えてきています。また、土日も診療していますので、日頃、仕事の忙しいお勤めの方々が、お休みの日にゆっくり自宅から通ってくるのに便利だと喜ばれています。お休みの日はご家族皆さんで見えることも多いです。そういう方々を診察していると、歯のケアについてデンタルIQが高い地域だなと思います。

矯正治療はこのクリニックでそのまま行えるのですね。

矯正の診療は、専門医に大学から月に1回、日を決めて当院に出張してもらっていますので、そのまま当院で治療できます。他院を紹介するのではなく、料金も含め、患者さんの負担を少しでも軽減できたらと思っています。来はじめは幼稚園だったのに、もう中学生というお子さんもたくさんいます。歯の成長を見守っているのが感慨深いですね。今のお子さんは顎が小さくなってきているのに、生える歯の数は変わらないために、矯正が必要になることが多いですが、その点でも親御さんたちの歯への関心度が高いことがわかります。

患者さんとのコミュニケーションを大切にされていると聞きました。

4

本当は黙々と仕事をしているのが好きな性格ですが、無言だと患者さんが不安になると思うので、行っている治療について、たとえば「いま根っこの治療をしていますよ」とか、「あと何ミリですよ」とか、モニターでお見せしたりして細かく説明しています。とにかく説明をして、おしゃべりで患者さんの緊張をときほぐすようにしています。

衛生士は置かず、最初から最後まで歯科医師が診る

ほかのクリニックと違うと思う点はありますか。

5

当院は、歯科衛生士さんを置いていないので、スケーリング(歯石除去)も最後の歯ブラシも全部私がやっています。虫歯予防には、日々の生活習慣の一部に踏み込む必要があるのですが、それをコントロールするのはなかなか難しいですね。しかし虫歯や歯周病を防ぐのは簡単です。なぜ虫歯になるのか、なぜ歯周病になるのか、それは正しい歯ブラシが足りないからです。歯周ポケットに毛先が入ることに特化した歯ブラシがあるので、それで歯と歯茎のあいだをしっかり磨けば、健康な歯を維持することは可能です。歯医者さんは要らなくなるかもしれません。とても簡単なのですが、「先生の言うとおりにはできない」と言って、検診、歯ブラシケアだけで定期的に通っている方もいますよ。

1回30分で治療が終わると聞きました。

患者さんをお待たせしない、そのために1回30分で完結する診療をしています。歯医者は痛いからみんな行きたくないし、つい我慢してしまう。とくに男性はとことん我慢して、最悪なことになりがちです。それが30分で完結すると思えば心理的負担が小さくなりませんか。麻酔は、痛みを軽減できる電動注射器を導入し、歯の詰め物も、白いプラスチックを使っています。痛くてかけこむ虫歯も、プラスチックを詰めて光照射し固化すれば、白い歯になって1回で治療完了です。患者さんからは「仮じゃないんですか、もう来なくていいんですか?」と言われます。何回も来なくていいように、お待たせしないようにすることで、患者さんにとっても医者にとってもメリットになる治療を考えています。

かかりつけ歯科医がいると健康で長生きできますね。

6

地元のかかりつけ歯科医師として、総合的に長く通える町のクリニックになることをめざしています。親御さんの仕上げ磨きが浸透して、子どもの虫歯は少なくなりました。若いお母さま方にお伝えしたいのは、小学校の低学年までは仕上げ磨きをしっかり行っていただきたいということです。8020運動は、おいしく食べて健康で長生きするために、80歳で自分の歯を20本残しましょうという運動です。先の長い話ですね。でもおいしく幸せに食べるには、自分の歯に優るものはありません。一般的にかかりつけ歯科医師がいる高齢者のほうが、いない人と比べて介護認定される人の割合が低く、寿命も長い傾向があるそうです。皆さんが自分の歯を持って年をとっていけるように、歯のかかりつけ医として日々見守っていきたいと思っています。

Access