医療法人社団さくら会 江戸川台歯科

梅澤邦明 院長

151717 df 1 main 1441273333

東武野田線・江戸川台駅より徒歩3分の場所に、長年地域医療に貢献する「江戸川台歯科」がある。医療法人社団さくら会のグループである医院を任されているのは、半年前から赴任した梅澤邦明院長。幅広い診療に対応してくれる梅澤院長は、特に小児歯科を得意としている。「年の離れた弟や妹の世話をする中で接し方を学んだ」と話す院長の優しい笑顔から、子どもの診療を得意とする理由も垣間見える。また、患者に心から納得してもらえる治療を提供したいという想いから、丁寧な診査・診断と徹底した説明に力を入れる。そんな梅澤院長に、医院の特徴や患者への想い、さくら会グループ内の連携までじっくりと伺った。
(取材日2015年8月6日)

スタッフ全員が一致団結して、通いやすい医院づくりを

―先生が得意としている治療は何ですか?

私は4兄妹の長男として生まれ育ち、一番下の妹とは12歳離れています。大学を卒業する頃、妹がまだ小児歯科の適応年齢だったこともあり、歯科医師になったら私が診療してあげたい、と考えていました。そんな想いから、大学卒業後には小児歯科を専門的に学ぶようになったのです。実際に、歯科医師になってから、妹の乳歯から永久歯への生え変わりの時期を診療することができました。妹も喜んでくれて、うれしかったですね。私がお子さんの診療で気を付けていることは、絶対に嘘を付かないこと。嘘を付くと、子どもたちは信用してくれなくなります。子どもたちに歯科治療を楽しみながら受けてもらえるように導いてあげることが、私たち歯科医師の役目なのだと思います。それは、弟や妹たちの世話から教わったことでもありますね。ここは高齢者の方が多くお住いの地域ですが、最近は少しずつ子どもの患者さんも増えてきてうれしく感じています。

―医院の特徴はどういったところでしょう?

医院として力を入れているのは、予防歯科です。予防メンテナンス専用のユニットもご用意しています。歯石取りなど一般的なお口の中のお掃除はもちろんですが、徹底したブラッシング指導にもこだわっています。まずは初診時にしっかりと正しいブラッシング方法をお教えし、その後はメンテナンスの際に磨き残している部分などの磨き方を丁寧にアドバイスしていきます。当院では、1ヵ月に1度の頻度でメンテナンスに来院くださる、意識の高い患者さんが多いです。それは、いつも丁寧に、決して手を抜かずメンテナンスを担当してくれているスタッフたちのおかげだと感じています。患者さんにも、「チームワークがいい歯医者さんだね」と仰っていただけるほど、医院全体が一致団結できていると思っています。若い年齢のうちから予防歯科をお受けいただくことで、50代以降の歯の欠損率をぐんと減少させることができます。先々まで見据えて、ずっとご自身の歯で噛んでいただけるよう、気軽に通いやすい医院づくりをしていきたいですね。

―意識の高い患者さんが多い地域なのですね。

予防歯科においてもそうですが、ご自身の歯を守っていくためのより良い治療を、積極的に受け入れてくださる患者さんが非常に多いです。例えば歯を欠損してしまった場合には、金銭的な問題であったり、とりあえず欠損部分を補えればいいという理由で入れ歯やブリッジを選択される方も多いかと思います。そういった治療が決して悪いわけではありませんが、ずっと長持ちしてしっかり噛めるものを選ぶならば、やはりインプラント治療が最良だと思います。当院の患者さんは、歯を欠損した場合には自らインプラント治療をご希望される方も少なくありません。インプラント治療に関しては、当会の中村理事長が得意としている治療であり、連携を取って治療を行っています。本院には歯科用CTも導入し、安全性の高い治療をお受けいただくことが可能です。



Access