全国のドクター9,147人の想いを取材
クリニック・病院 161,367件の情報を掲載(2020年4月09日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 柏市
  4. 柏駅
  5. 医療法人社団碧空会 ユアーズ歯科柏クリニック
  6. 日上正博 院長

日上正博 院長の独自取材記事

医療法人社団碧空会 ユアーズ歯科柏クリニック

(柏市/柏駅)

最終更新日:2019/08/28

151577 df 1 main 1428297727

柏駅からほど近い「ユアーズ歯科柏クリニック」。我が家のような安心感と先端技術を駆使した高い技術力で、多くの患者の支持を得ている医院だ。痛みの少ない治療や長期治療保証といった診療面だけでなく、患者と真摯に向き合うカウンセリングや各ブースの入り口に花を飾る細やかな気遣いなど、徹底した患者目線の医院づくりにも本院の良さを色濃く受け継いでいる。「本院で学んだ技術や患者さんとの接し方は、今も日々の診療の中に生きています」と語るのは、院長の日上正博先生。学生時代はサーフィンで全国6位に入ったこともあるというスポーツマンだが、素顔は硬派で穏やかな口調が印象的な学者肌のドクターだ。同院ならではの特徴的な診療から先端のインプラント治療、治療の信条に至るまで、幅広い話を伺った。
(取材日2015年3月16日)

予防が重要な妊婦や、治療に不安がある患者の来院を促す様々な取り組み

医院の横にお庭があるのは珍しいですね。かわいらしく飾られているのも印象的です。

151577 df 1 1 1428297727

庭や院内の飾りつけは、すべてスタッフのアイデアによるものです。各ブースの入り口に飾られている花も、患者さんの緊張が少しでも和らぐようにというスタッフの発案なんですよ。現在は歯科衛生士が3名、歯科助手が2名いますが、スタッフ間の風通しが良く仲がいいので、自分たちも楽しみながら工夫してくれているのがうれしいですね。スタッフや他の先生方とは、毎日お昼の休診時間を利用してミーティングを行い、情報を共有したり企画を出し合ったりしています。

道を挟んで向かい側に産婦人科の医院がありますが、子どもの患者さんも多いですか?

多いのは20代から30代の若い患者さん、次いで40代から50代の働きざかりの患者さんですね。お子さんもいらっしゃいますが、当院では「マタニティー歯科」として妊婦さんや妊娠前の女性のお口のメンテナンスを推奨しているので、妊娠を予定している方やお腹に赤ちゃんがいる患者さんのほうが多く来院されます。虫歯や歯周病は妊娠中に悪化することが多く、重度歯周病になってしまうと早産や低体重児出産を引き起こすことにもなり兼ねません。こうした大きなリスクを踏まえて、当院に妊婦さんが来院された場合、まずはかかりつけの産婦人科医にお手紙を書いて方針を共有してから治療に入るようにしています。産婦人科が目の前にあるという立地条件から受診してくれる女性も多いので、マタニティー歯科の重要性を発信していく基地のような役割も担っていけたらと思っています。

マタニティー歯科のほか、「携帯PHOTOカウンセリング」なども特徴的ですね。

151577 df 1 2 1428297727

「携帯PHOTOカウンセリング」は、口腔内に気になるところがあるけれど忙しくてなかなか病院に行けないという方、矯正やインプラントについて相談したいが初めてで不安があるという方などに、気軽に相談していただきたいという思いではじめたものです。歯や歯並びや歯茎など、気になる箇所とその周辺をご自身のカメラつき携帯電話で撮影して画像をメール送信していただくと、医院からの回答が返信されるというシステムです。画像を見て判断できる範囲になってしまいますが、歯並びを矯正できるかどうか、インプラントを入れられるかどうかといった疑問にもお答えできますので、治療への第一歩として活用していただきたいですね。

めざすのは、学んだ理論を患者に合わせて体現できる治療

先生はもともと、日本橋の本院で勤務していらしたのですか?

151577 df 1 3 1428297727

日本大学の松戸歯学部を卒業後、附属病院での臨床研修を経て当院の本院である日本橋梶村歯科医院に研修に行き、梶村院長の技術と人柄に大きな魅力を感じてそのまま勤務することになりました。当院を任されてからは、今年の4月で3年目になります。日本橋と埼玉県三郷市の分院で計3年ほど勤務したのち、前院長が個人で開業するために院長職を辞することになったタイミングで交替しました。

マウスピース矯正の患者さんが多いとうかがいましたが

そうですね。最近はマウスピース矯正をされる方が増えていると感じます。マウスピース矯正は従来の装置をつけて歯を並べるのと違い、マウスピースをはめて歯を動かすので、見た目がすごく自然な感じで、とても矯正をしているとは思えないほどです。その為、営業職など見た目を重視する患者様に選ばれているのだと思います。矯正をしたいけど見た目が….、前歯の歯並びだけを治したい。などのプチ矯正のニーズにマッチしているのではと思います。マウスピース矯正も万能ではないためしっかりと適応範囲なのか診断させていただいてから行うので気軽に相談して頂ければいいですね。

現在導入されている新しい技術とは、どのようなものなのでしょう?

151577 df 1 4 1428297727

インプラントの即時埋入と言われる技術がそのひとつです。従来のインプラントは、抜歯から埋入まで期間を置かなければなりませんでした。即時埋入は、抜歯したその場で埋入まで行う治療法で、1回で手術が完了するため治療期間の大幅な短縮が可能です。腫れや痛みが少ないことに加え、審美性の面で優れていることも大きなメリットでしょう。理論は変わらなくても、それを実現するための手段としては常に新しい技術が生み出されているので、良いものは進んで取り入れて先端の治療を提供していきたいと考えています。

美容院のような感覚で、気軽にメンテナンスに通える医院をめざす

先生が医師をめざしたきっかけをお聞かせください。

151577 df 1 5 1428297727

歯科医師だった叔父に憧れて、中学校を卒業するころにはもう「歯科医師になろう」と決めていました。幼いころから治療してもらっていたので、歯科医師としての姿に魅力を感じたということもありますが、とにかく叔父はかっこいい人で。身につけているものや立ち居振る舞いが同年代の男性とは少し違ってあか抜けていたので、そういうところにも魅力を感じたんだと思います。サーフィンも叔父に教えてもらいました。

大学時代にはサーフィンの大会で全国6位に入賞されたこともあるとか。

大学時代はサーフィン部に所属して、2年間キャプテンも務めていました。サーフィンと聞くと軟派なイメージを抱く人が多いかもしれませんが、実は非常に硬派なスポーツであり部活なんですよ。特に大会は、医療関係の大学に通う全国の学生を対象にしたもので、学生が主体となって運営しているので準備に1年かかります。練習をしながら宮崎県で行われる大会の段取りを整えなければならず、なかなか苦労しました。部員をまとめるという仕事もあり、キャプテンをしていた2年間でいち早く社会勉強をしたと言っても過言ではありません(笑)。今も海に行きたいという気持ちはありますが、忙しくて時間が作れていないのが現実ですね。休日は家族と過ごすことがほとんどで、子どもふたりとサッカーをしたり戦隊ごっこをしたりしています。近い将来、子どもたちがもう少し大きくなったら、一緒に海に戻りたいですね。

最後に、先生から患者さんへメッセージをお願いします。

151577 df 1 6 1428297727

日本は今超高齢社会です。そこで考えて欲しいことは健康寿命です。日本人の平均寿命が延びていることは医療の進歩や健康ブームなど様々な要因があります。寿命だけが延びても健康でなければならないと思います。健康でいるためにも歯は大切なパートナーです。食べ物などをよく噛めて栄養を取ることにより生活習慣病の改善にもつながります。お口の中の環境を整える・治すことは健康になる第一歩だと思います。超高齢社会の中で多くの疾患を持った方が増えるため歯科医も、ただ口の中を診るだけではなく、患者さんの全身状態をを診ていく意識が重要になってくるでしょう。当院では予防にも力をいれていますので、痛みや腫れなどの症状がない段階から気軽に通ってもらうことで患者さんの全身の状態を把握していきたいと思っています。かかりつけ医として、美容院感覚でメンテナンス予防に通える医院を目指していきたいですね。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access