全国のドクター8,992人の想いを取材
クリニック・病院 161,454件の情報を掲載(2020年2月25日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. 上尾市
  4. 北上尾駅
  5. 北上尾歯科
  6. 大石 洋平 院長

大石 洋平 院長の独自取材記事

北上尾歯科

(上尾市/北上尾駅)

最終更新日:2019/08/28

146949 df 1 main 1442481453

JR高崎線・北上尾駅東口駅前に、「北上尾歯科」はある。多くの近隣の住民から信頼を寄せられ、ファミリーでかかりつけにする患者も多い。院内はカジュアルかつアットホームな雰囲気で、初診でも気兼ねなく来院ができるだろう。虫歯治療から、予防歯科、インプラント治療などの精密治療までと、診療メニューも充実し、何か心配事があれば気軽に相談できる。院長を務めるのは大石洋平先生。横浜インプラントセンターと都内クリニックで研鑽を積み、インプラント治療や口腔外科を得意とする。しかし、自身をあくまでも「ホームドクター」とし、患者一人ひとりの診療に全力を尽くすことをモットーにする歯科医師だ。クリニックの概要や特色、診療へのこだわり、歯科医師をめざしたきっかけなどについて、大石院長に聞いた。
(取材日2017年9月8日)

チーム医療の体制を生かし、正しい診断を行う

開院から今までを振り返り、どのような思いがあるでしょう。

1

2005年に開院して以来、地域の方々の健康と地域医療への貢献をめざし診療にあたってきて、多くの方々に親しんでいただけるようになったと感じます。歯科医師が10人以上在籍してくれていることもあり、多くの方が通ってくださることに感謝しています。今年の春に改装をし、1階にもカウンセリングルームを設け、2階はメンテナンスをメインにした造りにしていますので、より使いやすくなったのではないでしょうか。これからも変わらず、安心安全の診療に努めることはもちろん、親しまれるクリニックであるよう、スタッフみんなで万全の体制を整えていきます。

通われている患者層に年代などの特色はありますか。

患者層は、30〜40代が中心で、主に周辺にお住まいのママさんや会社員の方ですね。当クリニックは土日祝も診療を行っていますので、ファミリーでの来院も多く、お子さんもいらっしゃいます。また、20代、70歳周辺までの中高年の方もいらっしゃいますね。ご要望としては、例えば「急に歯が痛くなった」や「詰め物が取れた」、時には「顎が外れてしまった」など、さまざまな患者さんが来院します。当クリニックとしても、めざすのは地域のホームドクターですので、まず何かお困りであれば来院いただけるようにと心がけてきました。

10人以上の歯科医師が在籍するこの体制のメリットは、どんなところにありますか。

2

複数の歯科医師によるチェック体制が整い、チーム医療が成り立つところでしょうか。診断というのは、偏る恐れが誰にでもあると思っています。人間ですので、過去に経験した症例に引っ張られるという傾向はあるものです。以前、患者さんが強い痛みを訴えて来院しているのに、診断がつかず大変な思いをさせてしまったことがありました。自分の印象に残った症例があると、またそれと同じ症状なのではないか、と思ってしまうことがあるのです。そういったブレが生じないのがチーム医療のメリットです。複数の人間が見ることにより、個人の考え、見方の偏りをなくし、フラットな状態での診断ができる。また、それぞれに専門分野を持つ歯科医師が在籍していることも、いい歯科医療を提供できる理由だと思いますね。

相談から高度な治療まで、誰もが通いやすいクリニック

クリニックの特色を教えてください。

3

一言で言えば、まず相談をしたいという方から高度な治療を求める患者さんまで、誰もが気軽に来院し、安心して診療を受けられるようなクリニックです。まず環境や設備では、できる限り患者さんに不安を感じさせない配慮をしています。例えば、デザインについては、従来の“歯医者さん”のイメージではない、リラックスできる雰囲気を心がけました。診療室についても、個室を用意しました。プライベートな空間を提供し、さらに入室するまでの導線も私たちとは区別しています。その他、マイクロスコープやCT、インプラント・手術室など、新鋭の医療機器も積極的に導入し、さまざまな治療に対応できる環境を整えてきました。診療にあたるドクターは皆それぞれ得意分野がありますが、包括的な診療を行えるスキルを持っています。当クリニックでは指名制を採用していて、患者さんにドクターを選んでいただけるような環境にしています。

院内で皆さんが共通して持っている基本理念などがありましたら教えてください。

患者さんのニーズを第一優先にすることです。もちろん、求められるものが医学的に大きく外れている場合は治療ができませんので、きちんと説明した上で、治療方法などについては歯科医師が提示します。その時点でベストと思われる処置、リスクやメリットを説明はしても、何を選択するかは患者さんが選ぶことです。押し付けのないようにすることが、全員で統一して持っているコンセプトですね。また診断は、検査や診査のデータ、エビデンスに基づき、それを持って患者さんの心に寄り添った診療を行うことが重要と考えています。データなどはある程度機械的なものですが、欠かせるものではなく、またそれだけでは配慮のない診療になってしまう。バランスのとれた治療を行うことを常に意識しています。

クリニックとして今、何か発信したい情報はありますか?

4

当クリニックでもご相談の多い、小児矯正のお話です。わが子の将来を考えれば、早い時期に治療しておいたほうが良いのではと考えるママさんは少なくありません。しかし、結論から言えば、早期から開始しなくてもいい場合がほとんどです。私は、永久歯が生えそろってからでも、まったく遅くないと考えています。例えば小学校低学年から開始するなど、歯の生え変わるタイミングをまたいでしまう治療だと、手間も時間も必要で、ときには5〜6年の年月が必要です。当然お子さんにとって負担になりますし、歯にとっても、長期間虫歯のリスクにさらされ続けることになります。ママさんにとって、小さいお子さんの歯並びはとても心配なことだと思いますが、歯列矯正は開始時期が重要です。ぜひしっかりと検討し、治療を決定していただきたいと思います。

一人の人間として患者と向き合うという思い

歯科医師を志したきっかけは何でしょうか。

5

子どもの頃からの夢は宇宙飛行士でした。地元の中学から開成高等学校へと進学し、夢に向かっていたのですが、視力が低下してしまい断念せざるを得ませんでした。あらためて将来を考えたときに、歯が悪くて苦労していた母のことが思い浮かび、歯科医師を志したのです。このように、違う分野から歯科医師をめざしたことは、自分にとってよかったと思っています。東京医科歯科大学在学中も、それ以後も、客観的に医療の世界を考察することができたからです。特に大学時代は、歯学生以外の友人との交流やさまざまな業界に触れる機会も多々あり、多くのことを学びました。これは現在の私の指針でもあるのですが、簡単に言えば「医療も、人と人」ということです。一人の人間として患者さんと向き合うからこそいい治療が生まれる、私はそう思います。

お忙しいとは思いますが、休日のリフレッシュ法などはありますか。

診療がない日でも、研修会や歯科医師向けのセミナーでの講演依頼を受け、講演を行ったり、参加したりしていますので、まとまった休みは少ないです。歯科大学の学生、研修医向けの講演も行っています。完全な休みの日は少ないのですが、昼間から友人とお酒を飲むのがリフレッシュになっていますね(笑)。

最後にメッセージをお願いします。

6

健康という言葉を聞いて、まず「歯の健康」を思い浮かべる方は、それほど多くはいないかもしれません。しかし、年を重ねれば重ねるほど、人の人生において重要になるのが健康な歯です。そして、いつまでも満足に噛める歯であるためには、日頃のケアが欠かせません。ぜひ、将来の健康や生活を意識して、デンタルケアに取り組んでいただきたいと思います。そして、何か心配事やケア方法などでわからないことがあれば、お気軽に当クリニックへお越しください。これからも、皆さんに心底安心していただけるホームドクターをめざし、まい進していきます。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access