全国のドクター9,134人の想いを取材
クリニック・病院 161,254件の情報を掲載(2020年7月09日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. 坂戸市
  4. 坂戸駅
  5. 医療法人輝朱会 アートデンタルクリニック
  6. 黒川 輝将 院長、黒川 朱絵 副院長

黒川 輝将 院長、黒川 朱絵 副院長の独自取材記事

アートデンタルクリニック

(坂戸市/坂戸駅)

最終更新日:2020/01/24

20191219 146912 %e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

「アートデンタルクリニック」は、院長・黒川輝将先生と副院長・黒川朱絵先生夫婦が、朱絵先生の地元・坂戸に2008年に開業。小さな子どもから高齢者まで、地域のニーズに応え、「一生自分の歯で食べられるようにサポートすること」を使命とする歯科医院だ。治療は保険診療が基本だが、多彩なニーズに応えるための専門治療も用意。2人の専門である歯内療法はもちろん、矯正やインプラント、CAD/CAMシステム、金属を使わない入れ歯など、幅広い分野に対応する。平日は夜8時まで、日曜・祝日の13時までも診療しているのも、少しでも通いやすいようにとの配慮だ。2人に話を聞いた。
(取材日2019年11月25日)

幅広い診療に対応することで地域に貢献していく

坂戸市で開業されたきっかけから教えてください。

1

【輝将院長】大学院を卒業後、大学に残って歯学部助手として働いている時に妻と知り合って結婚して。そのまま大学に残ることも考えたのですが、夫婦2人で将来を話し合い、開業して独立してやっていく道を選択。開業するならご縁のある土地を選びたかったので、彼女の地元であるこの町に決めました。患者さんは2~3歳のお子さんから100歳のご高齢者までいらっしゃるので、幅広く対応できるよう、治療法は専門性の高いものから新しいものまで広くそろえるようにしています。まだ手をつけられていない分野もあるのですが、治療のバリエーションを増やしていくことで、坂戸、鶴ヶ島両市に地域貢献・社会貢献していきたい。悪く言うと「何でもあり」になってしまいますが、特定のものだけに注力するより、オールマイティで地域の人に貢献したいというのが、当院の基本方針です。

治療と予防の両方を重視されているのですね。

【輝将院長】ええ。開業しての実感として、まだ予防の大切さが浸透しきっていないと思うので、予防には力を入れています。歯科疾患は、痛みが出る頃には症状がかなり進行している場合がほとんど。痛くなってから歯科へ行くと、治療で痛い思いをし、結果として歯科医院から足が遠のき、また虫歯になってしまう……という悪循環が起こりがちです。だから子どもの頃から、口の中をキレイにするだけでも歯科医院に行き、病気を予防するとともに歯科医院に慣れてほしいと思います。当院がめざしているのは、そんなふうに気楽に通える身近な歯科医院です。歯はきちんとケアしていけば一生大事に使えるものですが、まだそのことを知らない人も少なくありません。治療をしっかり行うとともに、なぜ予防が大切なのか、どうすればよいのかといった知識もしっかり伝えていきたいし、開業以来取り組んでいるところです。

どんな治療が可能なのでしょう?

20191219 2

【輝将院長】保険診療がメインですが、それだけでは患者さんの希望に沿えないことがあるので、ニーズのある保険外診療は幅広く取り入れています。月2回矯正専門の先生に来てもらっての矯正治療、インプラント治療は開業時から行っていますし、「一時帰国中で、この1週間のうちに治療を終わらせたい」といった人のために、コンピュータ制御により約1時間ほどでセラミックのかぶせ物を削り出すCAD/CAMシステム、金具を使わない入れ歯にも対応しています。最近ではマウスピース型装置を用いた矯正も始めました。
【朱絵副院長】マウスピース型装置を用いた矯正は私が担当しています。これは、大がかりな歯の移動は難しいので適用できるケースは限られますが、大きな矯正より短期間で行うことができます。今までかぶせ物で治療するしかなかったケースで、少し治療の選択肢が増えた形ですね。 

患者一人ひとりの声を聞き、ベストな治療法を探す

お二人の診療分担はあるのですか?

3

【輝将院長】大学病院では2人とも歯内療法を専門としていたので、基本的に分野による分担はありません。初診の方はアポの状況を見ながら診られる方が診て、そのまま担当医にさせてもらっています。男女2人いるので、子どもさんなんかが「女性の先生がいい」という場合は希望を優先しますし、逆も同じです。治療方針に悩むことがあっても、2人で相談してやっていけるのが強みかなと思います。
【朱絵副院長】患者さんにとっては、別の院に行かなくてもセカンドオピニオンが受けられるというのも、歯科医師が2人いるメリットでしょうか。治療成果がなかなか上がらないと、患者さんは不安を感じると思います。そんな時、担当医以外の歯科医師が先入観を持たず、データと経過から客観的に診てくれる。そういう安心感は提供できているかと思っています。

輝将先生が、診療の際に大事にしていることを教えてください。

【輝将院長】患者さん自体、同じ方は1人としていらっしゃらないので、「その方は一番何をしてほしいのか」を把握し、診療に反映したいと思っています。「痛い所だけ治療してください」という人もいれば、「気になる箇所はすべて治療してほしい」という人もいます。できること・できないこともあるので、希望をかなえるにはどんな治療法がいいのか、患者さんとよくお話しし、話し合いながら決めていくのをモットーにしています。あとは、患者さんをなるべく待たせないこと。最初から、綿密に計算して予約を入れることで時間を守り、余裕を持った診療ができるようにしています。

朱絵先生はいかがでしょうか。

20191219 4

【朱絵副院長】「患者さんの気持ちに寄り添う」と言えば、どの先生もそうしていらっしゃると思いますが、そこからもう一歩進んで寄り添うことです。この町は私の地元で、父はこのすぐ近くで開業医をしており、私はそんな父の姿を見て育ちました。当院の患者さんにも、昔からの知り合いやお友達、おじさん、おばさん方も多くいらっしゃいます。そういう方たちと昔の話をしたりもできますし、初めていらっしゃった方にしても、何かしら不安を抱えて来られているはずなので、最初の段階で不安要素をなるべく取り除くこと、敷居を下げることを心がけています。患者さんの希望が、たとえ治療困難な内容であったとしても、伝え方は大事ですね。例えば、歯を失えば誰でも受け入れがたく「何とかならないか」と思うのは当然のこと。「お気持ちはよくわかります」と受け止めた上で、気持ちを収めつつ、お話していく。そんなことを大切にしています。

治療技術はもちろん、人と人の信頼関係を大事にしたい

今後の展望についてもお聞かせください。

5

【輝将院長】歯科治療は日々進歩しており、保険診療には含まれない治療法も多く登場しています。僕が専門とする歯内療法の分野でも、マイクロスコープを導入することで早期の検査や診断、より精密な治療に役立つので、ゆくゆくはこれを導入し、地域の皆さまに提供できるようにしたいですね。CAD/CAMシステムをはじめ、治療のデジタル化も進んでいくと思うので常にアンテナを張り、有益なものには対応していきたいと思っています。
【朱絵副院長】院全体のこととしては、歯科衛生士の育成を進めたいと思っています。今アルバイトで働いてくれているスタッフの中に、歯科衛生士専門学校に通っている子がいるのですが、第2、第3のそういった子も育てていきたいです。

最後に、地域の方々に向けて一言メッセージをお願いします。

【輝将院長】繰り返しになりますが、歯は大事に使えば一生使えるもの。ぜひそれをわかった上で歯に関心を持ってもらい、死ぬまで28本残せるように大事にしてほしいですね。身近な歯科医院として、一生自分の歯で食べるためのお手伝いをさせてもらえればと思います。

朱絵先生もお願いします。

20191219 6

【朱絵副院長】定期検診に来られているご高齢の患者さんに「もう寒い時期なので、次は暖かい頃でも大丈夫ですよ」と言ったところ、笑って「先生に会いに来たいから」と言ってくださいました。歯科は治療技術ももちろん必要ですが、いくらいい治療ができても信頼関係、人間関係が大切なのだと感じています。私の父は産婦人科医で、長年開業医としてこの町で働いてきたのですが、今でも娘の私に「何十年前だけどお世話になったのよ」という方がたくさんいらっしゃり、娘として、私も父のようにやっていかなければとの思いでいっぱいです。そこで、父はどのようにしているのか話を聞くと、治療時間以上に個々の患者さんの悩みや相談に耳を傾け、親身になってアドバイスをする。これは、患者さんから見れば心のケアですね。私も治療はもちろんのこと、そういったところを大事にしていきたいと思いますので、まずは足を運んでいただいて、お話できるとうれしいです。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/30万円~
矯正治療/42万5000円~
マウスピース型装置を用いた矯正/20万円~
セラミック治療/3万5000円~
金属を使用しない入れ歯/14万円~
※すべて税別

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access