いちかわ歯科

いちかわ歯科

市川 賢一院長

146726

JR埼京線・中浦和駅から徒歩約8分にある「いちかわ歯科」は、通りに面して大きな窓があり、明るい印象の歯科医院だ。白を基調にまとめられた院内では、てきぱきと意欲的に仕事するスタッフが生き生きとした笑顔で迎えてくれる。院長を務める市川賢一先生は、地域に根差した医療を志し同院を創設。「患者さんが健康で幸せな人生を過ごすために、歯科医院ができることはたくさんあります」と語るとおり、医院の設備面から一般患者向けの啓発活動まで、こだわった医院作りを行っている。多くの患者から信頼を寄せられている市川院長に、日々の診療への想いを聞いた。
(取材日2017年10月30日)

口腔ケアを通じて地域住民の健康を守りたい

―地域に根差した歯科医院をめざしてこられたと伺っています。

開院当初より地域の方々の健康に歯科としての立場から貢献したいと思って、ここまできました。当院には小さなお子さんからご高齢の方まで、あらゆる年齢層の患者さんがいらっしゃっていて、3世代にわたり通ってくださっているご家族も多いのですよ。お困りごとも実にさまざまで、虫歯や入れ歯、インプラント治療のご相談、歯列矯正、定期検診など多岐にわたります。お口の中のトラブルを繰り返さないようにするためには、治療した後のお口の状態をよく覚えてもらい、できる限りその状態をキープしようとする意識が大切です。歯とお口の健康を保つことは全身の健康に大きく関わりますから、患者さんと一緒に二人三脚で歩めるよう、私たちも努力し続けています。

―医院のこだわりの一つである、カウンセリングについて教えてください。

患者さんのこれまでの歯科医院に対するイメージ、私たちに望むこと、将来的にどのようなお口にしていきたいかを丁寧にお聞きしています。例えば歯石取りひとつとっても、「歯石を取ってほしいだけ」なのか、「実は、お口の匂いが気になっている」なのか、「見た目を気にしている」のか、ご希望の裏側にある真意によって、治療のアプローチがまったく異なってきます。患者さんのご希望と私たちの目標を同じにしておかなければ、本当に適切な治療はできません。お互いの意思を確かめ合うことにより、信頼関係を築きたいのです。歯科治療はこれまで歯科医院側からの一方通行なものが多かったように思います。それが歯科への一般的なマイナスイメージを作ってきてしまったのではないでしょうか。お互いを健康づくりのパートナーだと思って双方向の診療をすることで、患者さんにはより健康的な生活を生涯にわたり続けていただければと思います。

―予防歯科にも取り組まれていますね。

例えば虫歯や歯並びの悪さには、そこに至るまでの原因があります。虫歯を治療する、歯並びを矯正する、といった治療は対処療法であり、原因にアプローチしない限り繰り返してしまいます。原因の多くは日々の食生活や清掃などの習慣や姿勢であることも多いので、診療中の何気ない会話などで、患者さんごとに異なる原因を探し当て、それに気づいていただくようにしています。例えば虫歯なら、甘いものの取り方、歯磨き習慣、唾液の分泌不足などが原因であったりします。それらの多くは無意識に行っていることが多く、患者さんは気づいていないことがほとんど。問題に気付いて習慣を改善できるようお話をして、良い習慣を身につけていただければいいですね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Shonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細