求人情報ON
医療法人 菅原歯科医院

医療法人 菅原歯科医院

菅原 知彦院長、宇山 耕一先生、野本 功次郎先生

20180820 bana

浦和駅から徒歩7分の「菅原歯科医院」は2006年の開業以来、町の歯科医院としてあらゆる歯のトラブルから人々の口の健康を守り、地域に親しまれてきた。一方、菅原知彦理事長が得意とするインプラント治療などの外科的治療も網羅し、予防歯科にも力を注ぐ。これら幅広い治療以外に特徴的なのが、宇山耕一先生、野本功次郎先生をはじめとする歯科医師や、スタッフの患者に対する姿勢だ。家族のように親身になって接することにより信頼関係を育み、患者が治療や検診を続けるモチベーションにつなげている。菅原理事長と宇山先生、野本先生に、日々の診療や患者への思いを語ってもらった。
(取材日2018年8月6日)

完全個室で一般的な症状から外科治療まで広く対応

―なぜこの地に開業されたのですか?

【菅原理事長】私は生まれも育ちも、出身大学も埼玉県ですので、この地域にはとてもなじみがありました。浦和の落ち着いた感じが気に入っていたのも、ここで開業した理由の一つですね。開業して11年、患者さんのニーズに応えて診療台も2台から6台に増設しました。患者さんは近所にお住まいの方のほか、近隣にお勤めのビジネスパーソンが中心です。年齢層としては20代から30代、40代の方が多く、開業以来のお付き合いの患者さんもいらっしゃいます。

―クリニックの特徴、得意な治療を教えてください。

【菅原理事長】当院はスペースを広く取った完全個室で診療を行っています。患者さんのプライバシーに配慮し、隣のユニットで治療している音や話し声が聞こえることなく、落ち着いて診療できるような設計になっています。カウンセリングルームも完備しており、なるべく初診の段階から時間をかけてカウンセリングを行い、主訴の解決、口腔内の状況の説明、その後の治療法、治療後のメンテナンスの必要性などをお話しし、納得していただいた上で診療を進められるようにしています。私が得意なのは、外科治療です。中でもインプラント治療は、しっかり噛みたいという要望にお応えできるよう、これまでの経験を生かして力を入れて取り組んでいきたいと考えています。あとは、歯周病の治療や難しい親知らずの抜歯などにも対応していますよ。

―先生方が診療の際に大切にされていることは?

【菅原理事長】なるべく痛みがなく質の高い治療を、それも最小限の時間で行うことです。長時間口を開けたままでいたり、治療のために何度も歯科医院に通ったりするのは苦痛ですからね。私自身そういった患者としての経験があったので、できる範囲でスピーディに治療をし、患者さんの負担を減らしたいと考えています。
【宇山先生】歯科治療はそれ自体が気持ちの良いものではないと思います。だからこそ、できる限り痛みなどの苦痛を与えないように、むしろ自分も受けたいと思えるような治療を心がけています。
【野本先生】患者さんとしっかり意思疎通を図ることです。僕は子どもが好きで、お子さんを診ることが多いのですが、問題の原因と治療の方向性を、成長・発達など子どもならではの部分も踏まえて親御さんに説明し、不安を拭えるよう努めています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細