あかつきクリニック

山田暁輝 院長

14289 df 1 main 1389153069

東急東横線綱島駅から徒歩10分。綱島街道沿いにある「あかつきクリニック」は日吉駅からも徒歩圏内。2009年の開業以来、地元の人々への認知を広げ、頼られているクリニックだ。明るく清潔感のある院内には、さまざまな検査機器が備えられている。院長の山田暁輝先生は、「早期に病気を見つけることで、少しでも苦しむ人を減らしていきたい」と検査の重要性を訴える。長年、がんの手術などを手がけてきた山田院長は、外科からインフルエンザ・生活習慣病など一般内科まで幅広い診療に対応する。医師をめざしたいきさつや、多くの引き出しを持つ理由など、時に淡々と、時に熱く語っていただいた。嘘のない言葉には、誠実な人柄を感じた。
(取材日2013年8月2日)

メインは胃腸。内科も外科も診られる幅の広さが魅力

―まず、クリニック名の由来と開業までの経緯について伺えますか?

「あかつきクリニック」というのは、私自身の名前からとったものです。「暁輝」の「暁」という漢字ですね。「暁(あかつき)」とは、明け方のことなので、クリニックのトレードマークもオレンジを基調とした太陽のデザインにしています。私は、群馬大学の医学部を出た後、東京女子医大の第二外科で胃がんや大腸がん・乳がんなどを専門としていました。女子医大の第二外科は、いわゆる一般外科というもので、専門性を持ちながらもけっこう幅広く、関連病院などをまわる際には、肺や甲状腺の手術をはじめさまざまな分野を手がけていました。私は、もともと開業志向だったので、幅広い経験はありがたかったですね。実際に開業してみると、港北区の方たちは、全般的に温かい方が多いですね。年配の方などは、私が少し体調を崩していると、「先生、大丈夫?」と心配してくれるんです(笑)。地域的には30〜40歳代の方が多いと思いますが、ふだんは年配の患者さんが中心です。診療内容としては、成人病などの患者さんもいますが、もともと胃腸科が専門なので、「胃の調子が悪い」・「大腸に不安がある」といった訴えで内視鏡検査を希望される方が多いですね。

―開業にあたってこだわったことなどはありますか?

実は、あまりこだわりはなかったんです(笑)。でも、とにかく幅広くやりたいと思っていました。メインは胃腸ですが、糖尿病や高血圧なども手がけつつ、外科の診療もするという形ですね。内科も外科も同じクリニックで診られるというのは、地域の患者さんにとっても喜んでいただいていると思います。いずれにしても、お腹のことであれば内科系でも外科系でもなんでも診ますというイメージです。検査に関しても、エコーをはじめ腹部については自信を持ってやっています。大学では、消化器に加えて乳腺も診療していたため、乳がんの検診なども行っています。一見、まったく別の分野のように思われるかもしれませんが、元来、乳がんは外科の範ちゅうでした。最近になって、そのなかから乳腺外科が独立するという傾向にあるわけです。

―開業されて、大学病院などでの勤務とは変わった点などはありますか?

大学病院では、扱う件数が膨大なためスピードを問われます。その当時と比べると、現在は、件数をこなすのではなく、一人ひとりの患者さんを丁寧に診ていくという姿勢になっています。診療のなかで患者さんと話している内容もかなり違います。大学病院では、ほとんど疾患のことだけを話していましたが、現在は、患者さんご本人やご家族の背景などもゆっくり伺っています。それだけでなく、胃腸についての診療中に、例えば腰痛についての相談も受け、注射を打つというような対応も臨機応変にできます。そういった幅の広さは、患者さんに喜ばれるだけでなく、自分にとってもおもしろく感じる部分ですね。

―その幅広さはどこで身につけたのですか?

やはり、大学の関連病院での勤務を経験するうちに、さまざまな診療の知識や技術を身につけることになったんだと思います。専門に特化している先生もいましたが、私は、もともと幅広い診療を手がけたいと考えていたため、いろいろなオペに自ら参加して、何に対してもチャレンジしたいと考えていました。赴任した病院も、たまたま自由にやらせてくれるところだったので、多くの経験を積み、スキルを上げることができました。私が当初から独立志向で幅広い診療をめざしていたのは、小さい頃に診てもらっていた近所のクリニックの印象が強かったからです。年配のおじいちゃん先生で、いつもニコニコしていて何でも診てくれて、どんな症状でかかっても、やさしく接してくれて、薬を出してもらっていた記憶があります(笑)。でも、その穏やかなイメージがとても良く、自分もそうなりたいとずっと思っていました。でも、現実には、なかなか難しい症例などもあって、ずっとニコニコしている余裕はまだないですね。もっともっと勉強して、努力して、引き出しを多くしなければならないと思っています。

記事更新日:2016/01/24

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細