全国のドクター9,078人の想いを取材
クリニック・病院 159,060件の情報を掲載(2024年3月03日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市港北区
  4. 綱島駅
  5. 医療法人メイ・ロイヤル 綱島駅前歯科医院
  6. 野崎 悠太 院長

野崎 悠太 院長の独自取材記事

綱島駅前歯科医院

(横浜市港北区/綱島駅)

最終更新日:2023/08/23

野崎悠太院長 綱島駅前歯科医院 main

東急東横線綱島駅の西口を出てすぐ、コンビニエンスストアの2階にある「医療法人メイロイヤル 綱島駅前歯科医院」。2002年に開院した同院は土日祝日も診療し、朝から晩まで長めの診療時間を設けている。2023年4月に院長に就任した野崎悠太先生は、「できるだけ多くの患者さんに声をかけるよう心がけています」とほほ笑む。さまざまな分野に通じる複数の歯科医師が在籍する同院では、総合的な診断力で適切な治療を提供。「ここへ来て良かった」と喜んでもらえる歯科医療をめざしている。また、子どもたちに健康でより良い人生を歩んでもらいたいと、小児矯正に力を入れている。そんな野崎先生に、同院ならではの診療についてじっくり聞いた。

(取材日2023年7月3日)

患者目線での利便性を追究し、適切な歯科医療を提供

まずは歯科医院の特徴について教えてください。

野崎悠太院長 綱島駅前歯科医院1

当院は患者さんがお口のことで困った時、いつでも治療が受けられるよう年末年始以外は土日祝日も診療しています。綱島駅からすぐというアクセス抜群の立地に加え、平日は9時から21時までと診療時間も長めに取っているので、「忙しくてなかなか受診できない」という子育て中の方から学生さんやお勤めの方まで、さまざまなライフスタイルの方に気軽にご来院いただけると思います。一般歯科から小児歯科、口腔外科、インプラント、審美歯科、予防歯科まで、歯科用CTや口腔内カメラ、レーザーなど先進の機器を駆使して幅広く対応しています。2002年の開院以来、地域に根差して診療を行っています。

さまざまな分野を専門とする歯科医師が複数在籍しているのですね。

歯科医師は6人で、ほとんどは総合的に診療する歯科医師ですが、それぞれ得意分野があります。また、インプラントは大学病院から専門家に来ていただき、難症例に対応することも可能です。私自身は、虫歯や歯周病などの一般歯科はもちろん、義歯や矯正歯科、小児歯科などさまざまな分野について研鑽を積んできましたが、当院のように他の先生方と情報交換したり、いろいろ学び合ったりできる環境は本当にありがたいですね。当院では、歯科医師だけでなく、歯科衛生士も頼もしいパートナーとして活躍しています。女性スタッフが多いので、きめ細かな配慮にいつも感謝しています。複数の歯科医師による総合的な診断ができることと、さまざまな分野の優秀なスタッフがチーム体制で患者さんをサポートできることは、当院ならではの強みだと思っています。

診療面ではどのようなことを大切にしていますか?

野崎悠太院長 綱島駅前歯科医院2

悪くなった部分だけを診るのではなく、口腔全体を診るようにしています。お口のトラブルには必ず原因があります。当院では、なぜ悪くなったのか、根本的な原因を見極め、そこから改善をめざす治療を大切にしています。初診の方は時間をかけてカウンセリングを行い、お口の様子をモニターで見ながら、お口の状態がどうなっているのか、なぜこの治療が必要なのかをわかりやすく説明し、納得していただいてから治療に入るよう心がけています。小さなお子さんがいて何度も治療に通えないという患者さんには「今、子育てに集中できるように、これだけはしておきましょう」と提案することもあります。「ここで治療して良かった」と思っていただけるよう、さまざまな選択肢を用意しておりますので、気軽にご相談いただければと思います。

一人ひとりに合った歯科医療を身近な歯科医院で提供

インプラントの難症例にも対応可能なんですね。

野崎悠太院長 綱島駅前歯科医院3

私たちは、患者さんに心から満足していただける治療を常にめざしています。当院にはインプラント治療ができる歯科医師は何人もいるのですが、この症例はより専門的なスキルを持つ先生にお願いしたほうがいいと判断した時は、大学病院から専門の歯科医師に来ていただくこともあります。患者さんにとっても、わざわざ待ち時間の長い大学病院まで行かなくても、通い慣れた歯科医院で大学病院レベルの歯科医療を受けられるというメリットはかなり大きいのではないでしょうか。また、他院でインプラントはできないと言われた方からの相談も受けつけています。

先生は小児矯正も手がけているそうですね。

私自身、小さな子どもがいるのでお子さんを診るのが大好きなんです。実際、勤務医時代は、小児の症例にも多数携わらせていただいたこともあり、その中でも小児矯正は本当に大事だなと感じていました。乳歯から永久歯に生え替わる時期は顎の成長期と重なります。お子さんの健やかな顎の成長を促し、しっかり噛める歯並びを実現するため、当院ではさまざまなプログラムを用意しています。よく、「初めての小児歯科は何歳頃行けばいいですか?」という質問を受けますが、可能なら、お母さんが赤ちゃんを授かった時から来ていただきたいですね。お母さんのお口の中を良い状態にしておくことや、抱っこや授乳、はいはいの仕方など、歯が生える前からの舌や頬の筋肉の使い方なども大切です。もちろん、赤ちゃんの歯が生えてからでも構いません。虫歯のあるなしに関わらず、早い段階で一度歯科医師に診てもらうことをお勧めします。

予防歯科にも注力していると聞きました。

野崎悠太院長 綱島駅前歯科医院4

長く通ってくださる患者さんのほとんどは、一通りの治療を終えてメンテナンスのために来てくださっています。当院の歯科衛生士は優秀な方ばかり。最初のカウンセリングで患者さんの話を伺うことから始まり、歯科医師とペアを組んで、きめ細かなケアでサポートしてくれます。時には生活背景まで踏み込んだカウンセリングをしながら、われわれ歯科医師と患者さんをつないでくれる頼もしい存在です。メンテナンスのメニューも豊富で、歯周病組織検査やエアフローなどさまざまなケアに対応しています。歯茎の腫れや歯周ポケットの深さを検査し、歯周病の状態をチェック。歯周病菌の温床となる歯石の除去やブラッシング指導など、当院では歯科衛生士とともに歯周病治療に取り組んでいます。

人生をより良くするための歯科医療

印象に残っている患者さんとのエピソードを教えてください。

野崎悠太院長 綱島駅前歯科医院5

小さい頃から矯正のために通ってくれていた患者さんに久々に会ったら、背が伸びて一気に大きくなっていて驚きました。とてもすてきな笑顔であいさつしてくれて、本当にうれしかったですね。お子さんの場合、適切なタイミングで適切な矯正を行えば、永久歯になったときにワイヤーを使うような大がかりな矯正をしなくて済むこともめざせます。歯並びは、噛み合わせだけでなく、嚥下や発音、容姿など、お子さんの人生に大きな影響を及ぼします。タイミングを逃さないためにも、ぜひ一度、歯科に相談していただければと思います。

今後の展望をお聞かせください。

「歯医者といえばここ!」と言っていただけるよう、今後も患者さんのニーズに柔軟に対応していきたいですね。お口の健康を守ることは、質の高い人生を守ること。単に虫歯を治療するということだけでなく、噛み合わせや健康、予防歯科など、お口の中だけでなく、全身の健康を考えながら人生の質を高めるためのサポートができればと思います。お口の健康を通じて、お子さんの健やかな成長もサポートしていきたいですね。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

野崎悠太院長 綱島駅前歯科医院6

お口のお困り事がある方はもちろんですが、今はどこも悪くないという方こそ、一度歯科を受診していただきたいですね。どこも悪いところがなければ、今の良い状態を維持するためにどうすればいいかアドバイスができるし、悪いところがあれば早い段階で治療を始めることができます。これからは、歯科医院はどこか悪くなってから行くところではなく、悪くなる前に行くところと思っていただけたらうれしいですね。当院にはさまざまな分野に精通したスタッフがそろっているので、ぜひお気軽にいらしてください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント/44万円~、ホワイトニング/3万円~、小児矯正/35万円~、成人矯正/11万円〜、ワイヤー矯正/66万円〜

Access