北浜こどもクリニック

北浜こどもクリニック

北浜 直院長

頼れるドクター

14156 %e5%8c%97%e6%b5%9c%e3%81%93%e3%81%a9%e3%82%82%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

医療ビル2階を見上げると、海のいきものをモチーフとした楽しげな窓装飾が目を引く「北浜こどもクリニック」。院内は、熱帯魚の泳ぐ水槽や昭和レトロなコインゲーム、星空の写真など、子どもたちのワクワクを誘う楽しい工夫がいっぱいの空間となっている。2010年の開院以来、近隣はもちろん遠方からも多くの子どもたちと悩めるパパ、ママを迎え入れてきた同院。「医療機関の枠組みを超えて“地域の子育て応援基地”のような役割を担いたい」と北浜直院長が語るとおり、来院者から支持を受けているようだ。開業8年を迎えた同院の人気の秘密と、そのめざす医療について、北浜院長に語ってもらった。
(取材日2018年5月22日)

平日休診日なし、地域に欠かせない小児科クリニック

―開業8年、すっかり地域に欠かせない小児科になりましたね。

通ってくれる子どもたちの成長が何よりうれしいですね。若くして開業しましたから、当初はわからないことばかりでしたが、今日までとにかくがむしゃらに自分の信じる医療を実践してきました。8年前の開院当時、このエリアは小児科だけでなく医療機関そのものが少なく、地域の皆さんはとても不便を感じていらしたそうです。だからこそ当院は、お子さんはもちろん、付き添いのお母さんやお父さんも診て差し上げる、誰でも気軽にかかれるクリニックをめざしてきました。当初掲げた「どんな些細な相談でもウエルカム」という理念は、今もまったく変わっていません。おかげさまで、今では本当にたくさんの患者さんに来ていただいていて、これまでやってきたことが、地域で子育て中の親御さんたちのニーズに合っているのだと、実感できるようになってきましたね。

―ここ最近の医院運営で、何か変化はありますか?

一番大きな変化は、非常勤のドクターをお迎えして、月曜から土曜まで休診日なしで診療を行える体制を整えたことでしょうか。開院当初は私一人で診ていましたから木曜を休診日とさせていただいていました。しかし、赤ちゃんの熱は曜日を選んで出るわけではありません。当院では開院以来ずっと「赤ちゃんの単純な発熱ですぐに駆け込んで、救急外来を混雑させるようなことはしてはいけない」と親御さんに指導させていただいてきました。それなのに、クリニックに休診日があるのでは、わからないことだらけの新米ママさんは不安になってしまいますよね。開院時からいずれはと思ってきた平日通しでの診療が実現して、目標が一つ達成できたという気持ちです。

―遠方から来院される親子も多いと伺いますが?

そうですね。多くの方が喘息やアトピー性皮膚炎をはじめとする、アレルギー症状に悩まれている患者さん親子です。喘息も僕の専門なので、ブログで最近の治療法などについて積極的に情報発信しているのですが、それを見て訪ねてきてくださる方も多く、「あちこちの病院を転々としたものの効果が得られず、ここにたどり着いた」とつらい胸の内を打ち明けてくださる方も。アレルギー治療は日進月歩。例えば食物アレルギーの治療では、少し前までアレルゲンを体から排除するというのが基本的な考え方でしたが、最近ではアレルゲンを少しずつ取り入れ、体に許容させていく免疫寛容と呼ばれる体の特性を利用した治療法にシフトしてきています。この治療法はアレルゲンとなる食物の摂取量を見極める医師の技量が欠かせませんから、どの医療機関でも受けられるものではありません。当院でも行っていますので、興味がありましたらぜひご相談いただきたいですね。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

アラーム療法/4039円~、プレママの外来診療/5500円



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
Saitama nishi after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細