全国のドクター9,124人の想いを取材
クリニック・病院 160,833件の情報を掲載(2021年5月09日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 世田谷区
  4. 用賀駅
  5. ぬかが歯科
  6. 額賀 潤 院長

額賀 潤 院長の独自取材記事

ぬかが歯科

(世田谷区/用賀駅)

最終更新日:2020/11/10

20201110 13988 top

用賀駅から徒歩約3分の「ぬかが歯科」は、日本歯周病学会歯周病専門医による総合的な診療を実施する成人に特化した歯科医院。歯周病専門医である額賀潤院長は、専門的な治療とわかりやすい説明、新しい歯磨き方法を取り入れ、治療と予防が両立した診療を行い、真に健康な口腔内に導く。「歯科で苦労した経験がある方の悩みを少しでもなくしていきたい」と語る額賀院長に、診療の特徴や歯周治療、今後の展望について聞いた。(取材日2020年7月15日)

成人治療に特化した歯周病専門医の歯科医院

こちらの特徴を教えてください。

20200814 1

当院は2009年に開院し、2018年にリニューアルしました。一人ひとりの患者さんに丁寧な治療を受けていただくため、設備を整え大人の方が落ち着ける個室空間にしました。歯科治療の問題に、やり直しの治療の多さがありますが、その多くの原因に歯周病の放置が関係しています。そのため当院では、歯周治療をベースに、一般歯科、インプラント治療、審美歯科などを総合的に行います。また虫歯や歯周病の予防に役立つ科学的な歯磨き方法を指導しています。一度きちんと治療して、予防レベルの歯磨き習慣を身につけていただいたら、虫歯や歯周病が再発することも少なくなります。また、できるだけ治療が楽になるように、さまざまな機材も導入しています。

歯周病を深く学ばれているんですね。

成人の歯科治療にはとてもやり直し治療が多く問題となっています。大学病院での勤務時代には、長年歯科に通院してきたにもかかわらず虫歯が再発したり歯が抜けたりしてしまい、最後に大学病院に駆け込む方をたくさん見てきました。その大半の原因には歯周病の長年の放置があります。歯周病は丁寧に時間をかければ治療が可能で、予防もできますが、患者さんの自覚症状が小さいことと、開業医での治療の普及率が低いことで放置され、成人の歯の喪失原因や治療のやり直しの大きな原因となっています。一般治療と並行して歯周病の検査・治療・予防を受けていただくと、一度虫歯治療した歯やインプラントなども含めて、お口の中全体の健康を保ちやすくなります。

歯周病は「歯茎が腫れる病気」というイメージがあります。

20200814 2 1

歯周病は誤解が多い病気で、歯茎の腫れは単なる病気の入り口にすぎず、本来は歯を支える骨が溶けてなくなり、末期には噛み合わせも崩壊して歯が抜ける怖い病気なのです。歯が溶けるのが虫歯、骨が溶けるのが歯周病です。原因の大半は、虫歯と同じでプラークという細菌の感染症。食べカスの影響は少ないとされ、強力なバイオフィルムで覆われているため、歯磨き粉や洗口剤の作用も限定的です。なので食後に歯磨き粉をつけて毎日歯磨きしても、虫歯が再発したり、いつの間にか歯周病になったりする方が多くいます。歯周病は痛みなどの自覚症状が末期までほとんどなく、放置されることが多い病気。虫歯などの一般治療とも無関係ではなく、歯周病がある口の中で虫歯の治療をしても、虫歯が再発するか根元から抜けてしまうほか、義歯を支える歯やブリッジやインプラントも抜けてしまいます。成人の歯科治療には必ず歯周病の検査や治療が必要なのです。

細菌レベルの治療と予防が必要

どんな診療ポリシーをお持ちですか?

20200730 3

当院の治療目標は、最終的に患者さん自身の歯磨きでお口の中を予防できる健全な状態にすること。そのためには、虫歯・歯周病をなくし、噛み合わせを安定させ、そして食べカスを取る簡単なものではなく、細菌を取り除くレベルの歯磨きを患者さんに身につけていただく必要があります。また、歯科医院で行う治療も細菌レベルの精度の高いものが必要です。そのために歯科用マイクロスコープで拡大して治療しますし、必ず歯周病の治療も併せて行います。またかぶせ物なども、精巧さを追求した専門のラボに依頼して制作します。患者さんと歯科医師と技工所がそれぞれ協力して細菌に打ち勝てるレベルの治療や予防をめざしています。

歯周病の患者さんには、どのような治療を行うのですか?

歯茎をご自分の歯磨きでケアし、骨を歯科医師が治す、これが歯周病の治療です。患者さんの協力があって初めて歯周病は治ると考えています。歯周病の原因は、お口の中の細菌の増殖なので、患者さんには除菌のための歯磨きを毎日実践してもらいます。これで病気の入り口の歯茎の状態が落ち着いたとしても、歯磨きで骨は治らないので、次に骨を治すのが歯科医師です。軽度の歯は歯石の除去で、中程度の歯は、骨の再生を促す薬を活用して外科的に小手術で治します。重度の歯は基本的に抜歯します。治療効果が見込めない歯を無理に保存すると周りの骨や組織を破壊し、かえってお口全体の健康を阻害する場合があるので、抜いてお口の中全体を治すという判断が必要です。噛み合わせが関与して重症化している場合は、負担を減らしたり、歯を補強したりして、最終的にはご自分の歯磨きだけで病気が進行しなくなる健康な状態のお口をめざします。

虫歯治療の特徴を教えてください。

20200814 4

歯は小さく肉眼ではよく見えません。拡大鏡などを使い、確実に取り除くことが虫歯治療の最大の要点です。痛みの応急処置までしたら、治療と並行して歯磨きを実践していただきます。これを省くと、必ずと言っていいほど虫歯は後で再発しますし、歯茎が腫れていると、虫歯の治療も精密にできません。歯茎の腫れがなくなったら、虫歯を除去します。これは術者の経験年数や器用さよりも、虫歯が確実に見えているかどうかがポイントになり、見えれば取れて、見えないから取れないか削りすぎてしまうのです。残念ながら肉眼では虫歯は詳細には見えませんので、マイクロスコープなどで拡大してすべて見えている状態で丁寧に取ります。その後、セラミックやゴールドなどの適合性・耐久性の良い素材を、細菌レベルの精度で仕上げて装着して、除菌レベルの歯磨きを続ければ虫歯にはなりにくくなります。

患者と二人三脚で進める歯周治療

かぶせ物、義歯、インプラント治療にはどのように対応していますか?

20200730 55

まず歯周病と噛み合わせを治すことが大前提です。建物の工事に例えると、歯周治療は地盤を”治す”工事。建物を工事する場合も、必ず地盤を検査したり”治し”たりする必要があります。ブリッジ・義歯・インプラントなど歯がない場合の治療法は各々の利点欠点がありますので、患者さんと相談しながら決めます。義歯は専門の技工所に依頼し、歯に極力負担をかけない設計をします。インプラント治療は従来の方法では大変でしたが、近年の改良された方法(抜歯即時埋入法・ショートインプラント・ガイドサージェリー)では、歯を抜く程度の低侵襲な手術で、安全性に配慮した計画性の高い術式に進化しましたので、歯を削るブリッジや義歯をしたくない方にはお勧めできる治療です。またいずれの方法もメンテナンスのしやすさを考え、何かあった場合にやり直しが簡単にできるように注意しています。

歯科医師としてのやりがいを感じるのは、どんなときですか?

歯周治療をベースにした歯科治療は、本当の意味で患者さんを治す治療だと考えているので、やりがいは尽きることはありません。その中でも歯磨きの成果が出た時が一番うれしいです。虫歯や歯周病の問題はほぼ毎日の歯磨きの問題から始まるので、患者さんが正しい歯磨きを身につけられたら、治療も予防も成功したも同然だと思います。当院が指導する歯磨き方法は、歯周病と虫歯のケアや予防に役立つのですが、患者さんの毎日の努力が必要です。それでも頑張って実践した方の口腔内は驚くほどきれいになっていると感じます。歯科治療の中でも歯周治療は、抜いたり削ったりだけではなく、患者さんとともに口の中を治して健康状態をめざしていく治療法なので、非常にやりがいを感じます。

読者へのメッセージと今後の展望をお聞かせください。

20200814 6

開業前に患者さんから、一度治療しても何年かするとまた悪くなる、毎月定期検診に行ってもいつの間にか虫歯や歯周病になる、十分な説明が足りない、治療が怖いなど歯科治療に対する不満、不安を多く耳にしました。私も歯科医師になる前は皆さんと同じ気持ちでしたので、丁寧な治療と説明をして、怖くない、自分も通いたいと思える歯科医院を目標にしています。今までの歯科治療に不満がある方や、時間をかけても丁寧な治療を受けたい、本当の予防を知りたい方に来ていただきたいです。また常に新しい技術を導入しデジタル化を図ることで、歯の型採りをしなくて済むなど、治療をより気軽に受けられるようにしていきます。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/40万円~、歯周組織再生療法/10万円~、かぶせ物治療/セラミック:11万円~、ゴールド:10万円~、義歯治療/35万円~(税抜)

Access