全国のドクター9,192人の想いを取材
クリニック・病院 160,580件の情報を掲載(2023年1月28日現在)

  1. TOP
  2. 三重県
  3. 四日市市
  4. 伊勢松本駅
  5. 医療法人 コンドウ歯科医院
  6. 近藤 聡 院長、近藤 由希子 先生

近藤 聡 院長、近藤 由希子 先生の独自取材記事

コンドウ歯科医院

(四日市市/伊勢松本駅)

最終更新日:2021/10/12

139356

近鉄湯の山線の伊勢松本駅から徒歩1分、住宅街の一角に構える「コンドウ歯科医院」。ともに岡山大学歯学部出身の近藤聡院長と、妻の近藤由希子先生とで2002年に開業。白を基調としたシンプルな外観で、広々とした院内はリビングのような温かみを感じる。聡院長は一般歯科に加えて矯正とインプラント治療、由希子先生は小児歯科を担当。地域のかかりつけ歯科として家族で通う患者も多いという。「患者さんのためになるものはどんどん取り入れていきたいです」と話す聡院長は、新しい機器や技術の導入にも積極的。由希子先生は子どもが泣かずに治療を受けられるよう努めているそうだ。「地域の皆さんのお口の健康をサポートすることで体全体の健康に寄与していきたいです」と話す2人に、診療にかける思いを聞いた。

(取材日2020年2月3日)

家族みんなで通える歯科医院をめざして

開業までの経過、こちらで開業された理由などについてお聞かせください。

1

【聡院長】私が四日市生まれで、育ったのはいなべ市ですが母の実家がこの近くだったために小さい頃からなじみのある土地でしたね。岡山大学歯学部を卒業後、勤務医を経験してそろそろ開業を、と考えていた時に、たまたまここの土地が売りに出ているとの情報が入り、見知った土地でもあったために2002年にこちらでの開業を決意しました。
【由希子先生】私は岡山出身で、岡山大学歯学部を卒業して岡山大学病院に勤務していましたが、結婚してから四日市で暮らすようになりました。開業のためにいろいろ土地を探していた時にここに巡り合ったのですが、この辺りは落ち着いた雰囲気で、近鉄湯の山線の伊勢松本駅からもすぐですし、ここだな、という感じでしたね。

この地域や患者層にはどのような特徴がありますか。

【由希子先生】松本街道からこちら側は比較的古くからの住宅街で、2世帯で住まわれる方も多い地域です。道路の向こう側は集合住宅や新しい戸建ての住宅が多く、若い方、子育て中の方が多い感じですね。当院は開業当初からファミリー層を意識して、お子さんから高齢者まで幅広い年代の方々を対象にした歯科医院をつくろうと考えていましたが、来院される患者さんはまさにその方々ですね。
【聡院長】当院は駅前ですが街道から1本入っているので初めての方には意外とわかりにくいようです。でも、当院の患者さんの多くはクチコミで来られる方なので、皆さん探して来てくださいますね。ご家族皆さんで通ってくださっている方々もたくさんいらっしゃいます。

ご専門や得意な診療についてお聞かせください。

%ef%bc%92

【聡院長】私は一般歯科担当ですが、矯正やインプラント治療も行います。もともと歯並びに興味があったので矯正歯科を専門に選ぼうかとも思いましたが、トレーニングに時間がかかるので、まずは勤務医で一般歯科の経験を積むことを選びました。勤務しながら矯正も学ばせてもらい、開業後も講習会で技術を学びました。インプラント治療も同様です。矯正もインプラントも当院でできるところはしっかり責任を持ち、専門の先生に任せたほうが良い場合にはすぐに紹介できる体制で取り組んでいます。
【由希子先生】私は小児歯科担当です。大学の小児歯科では、子どもたちを泣かせずに治療を行う、ということについて学びました。いきなり治療ではなく、まずブラッシング指導などに通ってもらい、少しずつ慣らします。子どもは泣いて当然ではなく、説明して信頼関係を築けば小さなお子さんでもその子なりに理解して、意外と泣かずに治療を受けてくれますよ。

「健口」は健康の基本だという考えを重視

そもそも歯科医師をめざされたきっかけはどのようなことですか。

%ef%bc%93

【聡院長】父の病気の関係で小さい時から病院に行くことが多かったため、医師とか医療従事者への憧れがありました。手先が器用で細かいことが好きだったこともあり、結果として歯科医師になりました。今考えても、この仕事は誇りをもって取り組める自分の天職だと思っています。
【由希子先生】私は小学校の時に矯正をした経験から、歯科医師に興味を持ちました。矯正をした時に歯磨きや食事指導も受け、歯磨きの仕方を変えるだけでぐんと虫歯になりにくくなったのにも驚きましたね。進路を考えた時に地元の岡山大学に歯学部があったのも1つのきっかけとなり歯科の道に進みました。

クリニックの施設や機器についてのこだわりはありますか。

【由希子先生】外観も内装もどの世代の方も入りやすいように、親しみやすいものにしました。小児歯科と一般歯科がわかりやすいよう、診療室への入り口もわけています。親子でいらっしゃった際にもお子さんや親御さんが不安になられないように、小児歯科の診療室は待合室からすぐ見える位置につくりました。
【聡院長】6年前に増床して、歯科用CTやマイクロスコープを入れました。マイクロスコープは使いこなすまでに時間がかかりましたが、今では根管治療にはなくてはならないものだと感じています。口腔内を3Dスキャンする機械も最近導入しました。マウスピース型装置を作る時に歯型をシリコンで採る必要もなくなりましたし、矯正のシミュレーションをすることで、患者さんご自身にこんな感じにしていきましょう、というのを見てもらうことができるんですね。

普段の診療で大切にされていることは何ですか。

%ef%bc%94

【由希子先生】1つはお子さんが泣かずに治療ができるように、ということで言葉かけにも気をつけています。とにかく最初が大事なので、不安を与えない雰囲気づくりですね。もう1つは「健口」、健康な口をつくることが体全体の健康にもつながるという考えから、虫歯ができにくい生活習慣をお子さんの時から身につけてもらうようにすること、歯科医師としてそのお手伝いをしていくことですね。
【聡院長】私は自分が受けたい治療、自分の家族に受けさせたい治療を患者さんに提案していくことです。そして、治療の前には十分な説明を尽くし、患者さんに納得していただいてから治療に入るように心がけています。特に初診の患者さんには30分ぐらいは時間をとって対応しています。

地域のかかりつけ歯科医院として予防歯科に注力

講習会等にも積極的に参加され、技術や情報の習得に努めておられるそうですね。

%ef%bc%95

【聡院長】はい。これは治療の役に立ちそうだ、患者さんのためになるだろう、と思える機器は積極的に導入してきましたし、それを操作するためのトレーニングにもずいぶん通いました。マイクロスコープの時には四ツ谷のクリニックの先生のところに何度も勉強に行きましたし、それでも慣れるのに1年くらいかかりました。3Dスキャンを行うための機械導入の時も目黒のメーカーまで通いましたね。また、矯正歯科、インプラント治療に関しては一通り自分でできるところはやっていこうと考え、専門家が受けるような講習はほとんど受けてきましたので、専門家と変わらない治療ができるかと思います。その上で、さらに専門的な処置が必要な患者さんは、迅速に、しかるべき専門機関に紹介するようにしています。

今後の展望をお聞かせください。

【聡院長】矯正歯科は今後も増えていくと思いますので、そこに力を入れていきたいですね。また、歯周病の患者さんは多いのですが、治療後のメンテナンスに通って来られる方はまだまだ少ないのが現状です。ですから、矯正と歯周病の治療と予防歯科。この分野をさらに進めていきたいと考えています。また、今後は歯周病の歯周組織再生療法にも取り組んで行こうと思っています。1月でちょうど50歳になりましたので、それを機会にまた新しいことにどんどん挑戦していきたいですね。
【由希子先生】お子さんに虫歯のないお口をつくってあげることは、ご両親からの最高のプレゼントだと思います。当院がその一助になれるように今後も努めてまいります。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

%ef%bc%96

【聡院長】いろいろな医療が進んできていますが、やはり一番大切なのは予防歯科だと思います。健康な歯を保つのには、かかりつけの歯科医院を見つけて、定期的にメンテナンスに通われるのが最良の方法だと考えます。気になることがあったら気軽に受診してみてください。詳しく丁寧にご説明いたします。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/30万円~、成人矯正治療/60万円~、子どもの矯正治療/30万円~、マウスピース型装置を用いた矯正治療/40万円~、マイクロスコープを用いた治療/2万円~、セラミックインレー/3万円~、セラミッククラウン/4万円~
※詳細は直接お問い合わせください。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access