求人情報ON
ファーストタワー歯科クリニック

ファーストタワー歯科クリニック

堀 直広院長
頼れるドクター掲載中

139045 %e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%bf%e3%83%af%e3%83%bc%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

インフォームドチョイスを重視して治療法を決定

―一番大切にしていることはどんなことですか。

開業当初から大切にしているのが「調和」、「ビーイング・ハーモニー」です。まずこの街や地域との調和。地域に密着した歯科クリニックとしての役割を果たすことです。また、患者とクリニックとの調和も大切です。患者さんが求めている内容と我々が提供する歯科医療をどのように調和させていくか。この調和を実現するためには、患者さんと話をよくさせていただくことから始まります。患者さんが何を望んでいるのか、その希望や要望を第一に考えて、それに応えるよう治療やサービスを提供することです。「インフォームドコンセント」はもちろんのこと、私は「インフォームドチョイス」という考え方を重視しています。今は治療方法も数多くあり選択肢が数多いですから、一つ一つの治療のメリット、デメリットをしっかりお話しながら、一番良いと思う治療法を選択して患者さんと一緒に治していきましょうという考えです。

―ところで先生は保育士の資格を持っているそうですが。

開業して2年目に保育士の資格を取りました。長男が生まれた時に父親の育児参加について学びたいと思い、独学で3年かけて取得しました。子どもに対する知識が増えましたので、治療中も表情や態度を見ながらタイミングよく声をかけ、治療を進めたり休憩をはさんだりと役に立っています。ちょっと気になる子どもの態度も、それが子ども本来の姿であると知っていれば何も困惑することはありません。小児治療では、親御さんから感謝していただくこともあり、うれしい限りですね。

―こちらでは乳幼児の診療も行っているようですね。

乳幼児を対象とし、“Carries Free Club(カリエス フリークラブ)”という予防歯科の会も行っており、生後半年の乳児から4歳まで、月に1回通っていただいて口腔内の衛生状態のチェックや口腔ケアをしています。年に1回のメンテナンスですと、モチベーションの維持も難しいですが、月に1回のチェックですと気持ちが持続しやすいのではないでしょうか。最初の歯が生える頃から正しいケアを習慣づけ、長く使用できる丈夫な歯を育てることを目的としていますし、歯科医院を怖い場所だと思われないよう無理やり押さえつけたりせず、ゆっくり時間をかけて治療を進めています。この時期は、食べる、話すといった口腔機能が発達する時期ですので、そういった観点からも診ていきたいですね。口腔機能に関しては今年の春から「口腔機能発達不全症」が新しい病名として保険導入されていますので、当クリニックでも対応を開始しています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント/1本 20万円~、乳幼児の予防歯科検診/年間1万2000円(別途会費あり)



Access