全国のドクター9,184人の想いを取材
クリニック・病院 160,574件の情報を掲載(2023年1月27日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 千葉市中央区
  4. 本千葉駅
  5. 佐藤歯科医院
  6. 佐藤 顕正 院長

佐藤 顕正 院長の独自取材記事

佐藤歯科医院

(千葉市中央区/本千葉駅)

最終更新日:2022/07/15

137751 top

JR千葉みなと駅にほど近い港湾エリアの一角に構える「佐藤歯科医院」を訪ねた。院長の佐藤顕正先生が1994年の開業以来、一般歯科から義歯、インプラント、審美歯科などオールラウンドな歯科診療を手がけており、千葉市内のほか、房総方面や都内からマイカーで通院する患者も多数いる、隠れ家的クリニックだ。2022年春には、バリアフリーと感染症対策を念頭に院内を全面リニューアル。「患者さんが心からリラックスできる歯科医院でありたい」との思いから、大好きなハワイのパワースポットをイメージしたハワイアンテイストの空間を再現し、患者からも好評のようだ。佐藤院長に、クリニックの特色や診療のモットー、数多く手がけてきた義歯治療やインプラントに関する話題など、じっくりと話を聞いた。

(取材日2022年6月2日)

ハワイをイメージした癒やしの診療空間を実現

南国風のインテリアなど、癒やされる雰囲気の院内空間ですね。

20220616 1

ありがとうございます。当院は開業から25年以上が過ぎ、かかりつけの方の中にもご高齢の患者さんが増えてきました。できる限り院内のバリアフリーを実現するとともに患者さんにとってより快適に過ごしていただきたいという思いで、この春に院内の全面改装を行ったんです。患者さんにとっての快適性はもちろんのこと、私やスタッフにとっても居心地の良い空間を整えることが、より質の高い診療を提供することにつながると考え、私の大好きなハワイのパワースポットでもある有名ホテルの中庭をモチーフに、内装をデザインしてもらいました。使用するBGMやオリジナルで調合したアロマオイルなどもすべてハワイアンテイストで統一し、患者さんが五感でハワイにいるような雰囲気を味わいながら、リラックスして診療を受けていただけるようにしました。

どういった年齢層の患者さんが多く来られますか?

子どもからご高齢の方まで、幅広い年代の方がいらしています。長年のかかりつけ患者さんからのご紹介や、インターネットであらかじめ調べて都内や房総方面からマイカーで通ってくださる方もいます。痛みやトラブルが出て、今すぐどうにかしてほしいといったような「その場しのぎの診療」でなく、こだわって義歯やインプラントの治療を選ぼうとしている方や、審美面に配慮した治療で口元をきれいに整えたい方など、腰を据えてしっかり治療したいという意識の高い患者さんが多いのが当院の特徴です。また、私は市内の小学校などで学校歯科医をやっていることもあり、そうしたご縁や保護者の方のクチコミなどで、子どもの治療や矯正のご相談も多いですね。

保育資格を持った女性スタッフが治療中にお子さんを預かってくれると伺いました。

20220711 2

はい。以前、妻が子どもを連れて治療を受けようとしたときに、子どもを預けられず、治療を受けられないことがありました。小さなお子さんを持つお母さんたちは、子育てに追われて通院が難しくなり、お子さんのことを優先してご自身の治療を諦めたり、先延ばしにしてしまうケースが多くなってしまうんです。そこで当院では、保育資格を持つスタッフが診療ユニットのすぐ横に設けたキッズスペースでお子さんをお預かりし、その間にお母さんの治療ができるようにしました。診療室の中にあるキッズスペースなら、お互いの存在を近くに感じながら安心して治療を受けることができますからね。お子さんのお口の中の健康を守るためには、お母さんの口腔環境をきれいに保っていくことがとても重要になります。当院のような環境をぜひ利用していただいて、お母さん自身の治療も諦めずに続けてほしいと願っています。

真心をもって患者と家族のように向き合う

先生のこれまでの歩みも少しお聞かせいただけますか?

3

高校時代に将来の進路を考えていたときに、ふとしたことから歯学部への進学を決めました。しかし大学入学後、歯科医師になるためには手先の器用さが必要と気づきました。周りにいる器用な友人たちと自分を比べて初めは少し落ち込みましたが、不器用さというのは努力で補うことができるということがだんだんとわかってきて、外科の縫合などは当時、人一倍練習したのをよく覚えています。卒業してからは大学病院で総義歯の治療を専門に手がけた後、インプラント専門クリニックでインプラント治療の技術を磨きました。そこで3年ほど勤めた頃にこの場所での開業の誘いがあって、ちょうど開業場所を探し始めていたタイミングだったこともあり、ご縁を感じて開業を決めました。

日々の診療で大切にされていることはありますか?

何よりもまず、真心を持って患者さんと向き合うことですね。患者さんは私にとって、家族も同然。街に歯科医院が数多くある中で、患者さんが「ここを選んでよかった」と思い、大切な人にここを紹介したいと思っていただけるような、満足度の高い歯科医療を届けたいと、いつも考えてスタッフと連携を取りながら診療にあたっています。私たち歯科医師が治療でめざすべきことは大きく分けて2つあると考えていて、1つはしっかりと噛める口元を整えること。そして2つ目は笑顔をきれいにすること。歯科の仕事のことを「スマイルクリエイター」と表現されることがありますが、まさに患者さんの笑顔をつくる仕事だと思っています。治療を経てきれいになった自分に自信を持ち、見た目のきれいさだけでなく、心からの美しい笑顔を見せてくださることが、私やスタッフにとって一番の喜びなんです。

義歯とインプラント、どちらの治療も数多く手がけられているそうですね。

20220711 4

失った歯を補う治療法として、義歯とインプラントはしばしば比較対象として挙げられますが、どちらにもメリットデメリットがあり、患者さんご本人が感じる噛み心地であったり、費用面などの条件に照らし合わせてご自身に合ったものを選択することが大切です。周囲の健康な歯を守るという意味では、歯槽骨に直接歯を固定できるインプラントはメリットが大きいといわれますが、メンテナンスが不十分だったり、強すぎる力で噛み続けることによって長く維持できないというリスクもはらんでいます。義歯も正しい設計と使い方次第では、違和感のない噛み心地を実現することも期待できます。患者さんのお口の状態に応じて、最適と思われる治療を一緒に考えていきましょう。

大病を克服し、歯科医師としての使命を胸に

セラミックを用いた補綴治療にも力を入れているそうですね。

20220711 5

先進のCADCAMシステムも完備しているので、セラミックのかぶせ物などはできるだけ院内で作製し、スピーディーに治療することができます。患者さんと私の間で治療後の仕上がりのイメージを入念にすり合わせて、患部にフィットする削り方などを工夫しながら、診療外の時間に私自身が作っているんです。前歯のかぶせ物などは、特に口元の目立つ場所にありますから、合わせてみて少しイメージと違うようならその場ですぐに手直しをして焼き直したりと、私自身が最初から最後まで一貫して手がけられるところが、当院の補綴治療の魅力だと思っています。治療を受ける際は価格で選ぶのではなく、口腔内を一番理解しているかかりつけ医で受けることをお勧めします。

お忙しい毎日かと思いますが、休日などはどのようにお過ごしですか?

学生時代からサーフィンが好きで、今でも休日になると、早朝から一の宮の海へサーフィンによく出かけていますね。6歳の息子も一緒にやっています。また、ゴルフも好きなので根っからのアウトドア人間ではあるのですが、フラワーアレンジメントや神社めぐりも好きです。千葉県内の神社の中でも、お気に入りは何といっても香取神社。近いところでは稲毛の浅間神社も私にとってのパワースポットです。

読者へのメッセージをお願いします。

6

実は今から4年ほど前、私は診療中に突然脳出血で倒れてしまい、救急車で搬送されたことがありました。一時は左半身が麻痺してこのまま動かないのではないかと思ったほどですが、奇跡的に回復し、現在に至ります。以前と同じように患者さんと向き合って歯科診療に打ち込むことができているのは、神様が与えてくれた奇跡。そして同時に、歯科医療で患者さんのために尽くすという使命を与えられたのだと感じています。だからこそ、歯科治療になかなか行けずにいる子育て中のお母さんたちや、よく噛めずにつらい思いをしているご高齢の方など、困っている方たちを精一杯お支えしたいという思いが強くあります。歯科でお困りのことがあれば、お気軽に当院にご相談ください。初診受付につきましては、ご紹介の方もしくは痛みのある緊急の方を優先させていただきます。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/26万円~、セラミックを用いた補綴治療/2万円~、小児矯正/7万円~

Access