全国のドクター8,977人の想いを取材
クリニック・病院 160,767件の情報を掲載(2021年9月25日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 目黒区
  4. 中目黒駅
  5. 医療法人社団happyteeth 中目黒歯科医院
  6. 玉橋岳史 院長

玉橋岳史 院長の独自取材記事

医療法人社団happyteeth 中目黒歯科医院

(目黒区/中目黒駅)

最終更新日:2020/04/01

13708

悪くなってから歯を治すよりも、歯の健康と美しさを保つための場所。そんなクリニックとして地域の人々に親しまれている「中目黒歯科医院」は、審美歯科をメインにホワイトニングやインプラント治療で、高い水準の患者ニーズを満たしている。治療を手がけるのは審美治療を得意とする玉橋岳史院長。常に新しい素材や治療法を取り入れ、働き盛りのビジネスマンや美意識の高い女性たち、とりわけ歯の役割が重要な芸能人やスポーツ選手などもサポートする。他県からも患者が足を運ぶ評判の診療について玉橋先生に話を聞くため、中目黒の閑静な住宅街に建つ温かな雰囲気のクリニックを訪れた。
(取材日2013年12月21日)

歯の美しさを追求する審美治療

さっそくですが、先生の手がける審美歯科についてお聞かせください。まず、どんな治療をするのですか?

13708 df 1 1 1414141300

主にジルコニアなどのオールセラミックのかぶせ物治療や、金属の詰め物をハイブリッドインレーと呼ばれる白い詰め物に替える治療などをしています。補綴(ほてつ)治療とはちょっと違って、審美歯科は美しさに重点を置くのが特徴です。歯の色を白く、明るくできるホワイトニングもニーズが高いですね。ご自身の印象を大切にしているビジネスマンや美意識の高い女性の皆さん、あるいは提携しているモデル事務所のモデルさんなどが撮影前に治療に来られます。ホワイトニングは歯の質や状態によって、歯に薬剤がしみる度合いが違いますので、お試しいただいてから治療を始めることができます。

患者側にしてみると、かぶせ物や詰め物の材質の違いというのはわかりにくい気がします。

確かに言葉では伝わりにくいので、模型をお見せするようにしています。前歯に使うのは透明性が高く見栄えのいいジルコニアセラミック、それよりも硬くて強度のあるセラミックは奥歯用、土台となるグラスファイバーの模型もありますよ。そして、保険適用の材質もお見せして、表側はプラスチックで変色しやすいこと、裏側は金属で年月が経つと体に悪影響を及ぼしかねないことなどを説明し、患者さんにそれぞれの特徴を知ってもらいます。

なるほど。目で見ながら説明してもらうとわかりやすいですね。説明ではどんなことを心がけていますか?

歯科の専門用語は使わず、患者さんが使う普通の言葉で話すようにしています。また必ず鏡で治療前の歯をお見せして、治療後にも鏡を見ながら治療の進捗をご説明します。このとき、次回の治療の説明もしておくと今後の方向性が見えて患者さんのモチベーションが上がりますし、何よりも治療に対する同意を得ることができます。この説明と同意をインフォームド・コンセントと呼びますが、当院ではそれを徹底しているせいか、患者さんは治療後もメンテナンスで定期的に通院される方が多く、遠方だと福島から出張のたびにお見えになる患者さんもいらっしゃいます。

それはまた遠いですね。1回の治療にはどれくらいの時間を割くのでしょう?

13708 df 1 2 1414141300

治療内容と患者さんのご希望によりますが、遠方の方に限らずほとんどの患者さんは通院回数を減らしたいとおっしゃるので、1回の治療になるべく時間をかけるようにしています。前歯などは4時間くらいかけてまとめて治療してしまうこともありますよ。ただ1回の治療は短時間にして、こまめに通うという方もいますので、その辺は患者さんに応じて臨機応変に対応しています。

歯科意識の高い中目黒で患者の期待に応えたい

そもそもなぜ中目黒で開業を?

13708 df 1 3 1414141300

以前は高円寺で開業していたのですが、大学の同級生で当院のグループの理事長である大槻克彦先生の声がけで院長を引き受けました。中目黒は審美治療のニーズが高い地域だと思います。患者さんの年齢層は20〜40代が中心ですが、歯の健康に対する意識レベルは年代を問わず全体的に高いですね。ちょっとでも気になることがあれば歯科を受診し、3ヵ月から半年おきに定期検診やクリーニングに通うといったメンテナンスの習慣をお持ちの方が多いです。当院の患者さんにも悪い歯を放っておいて、ひどくなってから受診するような方はいません。

患者さんは何をきっかけにこちらを受診されるのでしょう?

半数が患者さんの紹介です。「友だちの前歯がきれいになったので、どこで治したのか尋ねたら、こちらだった」というようなお話を伺うたびに、ありがたいことだなと思います。そうした患者さんの期待に、より高いレベルで応えていかなくては、と身の引き締まる思いです。私としても、黒い穴の開いた歯が白くきれいになって、患者さんが「すごい!」と笑顔になってくれたときは、「よし!」とうれしくなります。もう、心の中でガッツポーズですよね。

まさに審美歯科の魅力ですね。先生が審美治療に力を入れるようになったのはなぜですか?

大学時代から、何かこう、きれいに形に残る治療が好きで、歯科医師になった頃からすでに審美歯科を専門にしたいと思っていました。実は父が歯科医師で、実家の福島県いわき市で開業しているのですが、そこには審美治療のニーズがほとんどないため、家業は弟に任せて、長男の私はこうして東京で仕事をしています。都会では常に新しい材質、新しい治療法に触れられるし、患者さんのニーズもあるので、日々勉強することが楽しくて仕方ありません。新しいもの好きという私の性分もあるかとは思いますけどね。

それはお子さんの頃からですか?

13708 df 1 4 1414141300

ええ。子どもの時分から好奇心旺盛で、新しいものが大好きでした。それが日進月歩の歯科の世界と合っていたのでしょうね。細かい手作業も得意で、誕生日のプレゼントといえばプラモデルでしたし、祖父の家の裏山から竹を切り出してきて竹とんぼを作ったり、正月には凧を作ったり。祖父が器用な人だったので、見よう見まねでいろいろやりました。そういうところも今の職業につながっているのでしょうね。

安全・安心な治療を地域に提供し続ける

今後、力を入れていきたい治療分野はありますか?

13708 df 1 5 1414141300

インプラント治療を強化していきたいと考えています。インプラント治療で患者さんが一番心配されるのが、手術の信頼性です。その点、当院ではCTやレントゲンの画像をお見せしながら、診断内容と治療内容の説明にしっかりと時間をかけ、シミュレーション通りに手術できるガイデッドサージェリーシステムを導入して、安全で安心なインプラント治療を可能にしています。またインプラントも術後のケアを怠れば歯周病になるとことを知ってもらい、患者さんのメンテナンス意識を高めていくことも歯科医師の大切な役目だと思っています。定期チェックは1ヵ月に1回受けていただくのが基本です。

毎日診療でお忙しいと思いますが、ご自身のリフレッシュ法を何かお持ちですか?

自宅も中目黒にあるので、平日は週2日、仕事の後に自宅の目の前のスポーツジムで汗を流しています。2日のうち1日はゴルフのレッスンにあてています。休みの日は春と秋にゴルフ、夏は海でジェットスキーなどのマリンスポーツ、冬はスノーボードを楽しみます。スノーボードはインストラクター資格も持っているんですよ。とにかく体を動かすのが大好きで、家でじっとしていることはほとんどありません。

お宅が中目黒ということは、街でばったり患者さんに会うなんてこともおありでしょうね。

ばったりどころか、よく行く飲み屋さんで患者さんと一緒になりますよ。お客さんの半分くらいが患者さんだったりします(笑)。もう20年近く中目黒に住んでいますから、ご縁がだいぶ増えましたね。若い人が増えている街でもありますが、古くからお住まいの方もたくさんいらっしゃって、皆さん、温厚で気さくな人ばかりですから、仕事を離れてプライベートでもお付き合いがあります。

そんな地域の皆さんや読者に、ぜひメッセージをお願いします。

13708 df 1 6 1414141451

私が院長を任せてもらってから15年が経ち、当初5歳だったお子さんの患者さんが立派に成人されて、今でも当院に通ってくださっています。街の歩みとともに、そうした患者さんの成長を見届けることができて幸せに思うとともに、これからも患者さんとの意思の疎通を大切にし、地域に根差した診療を続けていきたいと思います。歯のことでお困りのことや、こんなふうになりたいというご要望をぜひ気軽にご相談ください。責任を持ってお応えします。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access