東邦大学医療センター大橋病院

東邦大学医療センター大橋病院

長谷弘記 病院長

頼れるドクター

13609 df 1 main 1441853698

国道246号線から一本入ったところに建つ「東邦大学医療センター大橋病院」。1964年に開設されてから、すでに50年。大学病院として常に先端医療を提供しつつも地域に根付き、特に目黒区・世田谷区・渋谷区を中心とした地域密着の診療を実践してきた。院内にはどこかアットホームな、温かく居心地のいい雰囲気が広がる。長谷弘記院長は、「地域のクリニックとの医療連携を重視しながら、それぞれの患者さんをしっかり拝見する診療を心がけています」と、穏やかな笑みを浮かべる。新病院担当副院長を経て、2015年7月、院長に就任。腎臓内科の世界的パイオニアとしても知られ、その包み込むような優しいまなざしで、病院の行く末を見つめ続ける。「現在の診療システムを精査するとともに、より充実した体制を整え、2018年の新病院開設を迎えたいと思っています」と熱く語る長谷院長に、地域連携構築で意識されていることや新病院建設について、今後の展望から医師を志した理由などプライベートな話まで、じっくりと伺った。
(取材日2015年8月25日)

クリニックとの医療連携を構築し、地域密着の診療を実践

―先生は院長に就任されたばかりだそうですね。

はい。今年7月から院長を務めています。ただ、その前に6年ほど副院長を務めていましたし、大橋病院ではもう40年弱診療をしていますから、病院のことも地域のことも、それなりに理解はできているのではないかと思っています。当院は決して敷居が高いわけではないものの、大学医学部の付属病院ということで地域の方が気軽にちょっと足を運ぶ、というのとも少し違うかもしれません。でも、ずっと重視してきたのは、近隣のみならず、もう少し広く、目黒区・世田谷区・渋谷区のクリニックの先生方との医療連携。そういう意味では、常に地域に根付いた、地域密着の診療を実践してきたということになると思いますね。

―地域のクリニックとの連携体制はどのように構築されてきたのですか?

それは各診療科によってかなり違うと思います。例えば、私が専門とする腎臓内科は、10年ほど前に新設された当初からホームページで「1人の患者さんに2人の主治医」をキャッチフレーズとして掲げていました。紹介状のやり取りだけではなかなか伝わらないことも、患者さんが行き来することで、かかりつけのクリニックの先生、われわれ双方に非常に多くの情報を与えてくれるもの。患者さんを中心にした医療連携を構築していこうと思ったんです。実際、患者さんには普段、地域のかかりつけの先生の診察を受けながら数か月に1度こちらを受診いただき、病状の変化に応じて治療方針を変更。立て直したものを引き続きかかりつけの先生に実践していただいたり。また、新しい知識や技術を地域の先生方にお伝えすることで、地域のクリニックでは行い得なかった先端治療を身近なところで受けていただけるようにもしてきました。今では、ご紹介いただいたらどんなに遅くとも2か月以内にはきちんと診断をつけ、治療方針を立ててクリニックの先生にお返しするようにしていることもあり、クリニックからのご紹介、当院から地域のクリニックへの逆紹介ともに増えているんですよ。通院の手間はもちろん、決して広くない当院の待合室で受診のたびに長時間待っていただく大変さを考えても、身近なところでケアをしてもらうのが患者さんにとってベストだと思っています。

―診療する上で一番心がけていらっしゃるのはどのようなことでしょう?

わかりやすく丁寧にお話することですね。難しい言葉は一切使わず、ぞんざいな話し方にならないよう、そして患者さんがリラックスし気兼ねなく何でもお話いただけるよう心がけています。特に私は内科医ですから、診察や検査でわかることより、患者さんとの会話の中で得られる情報のほうがずっと多く、重要だったりするんです。服装も、院長室に入る時は白衣を着ていますが、外来では昔から白衣は着ません。白衣を着ると、どうしても「患者さんとお医者さん」になってしまうでしょう?確かに医師が患者さんを診るんですから、弱い者と強い者の立場になってしまうのも仕方ないかもしれませんが、なるべくそれを小さくできないかと思っているのです。実は、初めて自動血圧計ができたとき、待合室で患者さんご自身が測る値と、診察室で私が直接測る値を比べたことがあったんですが、ほとんどの方が私の測った値のほうが低かったんです。白衣高血圧という言葉があるくらい、普通は医師の前に出ると緊張して血圧があがってしまうものなんですが、「私の前でリラックスしていただけているんだ」と思うと、とてもうれしかったですね。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細