全国のドクター9,352人の想いを取材
クリニック・病院 160,592件の情報を掲載(2022年8月09日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 目黒区
  4. 都立大学駅
  5. たかくら歯科・矯正歯科クリニック
  6. 高倉 百々子 院長

高倉 百々子 院長の独自取材記事

たかくら歯科・矯正歯科クリニック

(目黒区/都立大学駅)

最終更新日:2022/08/08

20220801 13459 top

都立大学駅から徒歩1分、目黒通りに面したビルの2階にある「たかくら矯正歯科クリニック」。一般歯科から矯正歯科まで幅広く経験を積んだ高倉百々子院長はおっとりとした温かい人柄の先生。細やかな気配りと心遣いで治療期間の長い矯正治療を精神面でもサポートしている。「子どもが通院するのを楽しみにするような歯科医院に」という高倉先生の想いが、かわいらしい装飾が施され明るく清潔な院内にもあふれている。外科矯正を専門としていた大学病院時代の話から現在の診療のモットーなどを聞いた。

(取材日2010年4月2日/更新日2022年8月1日)

矯正を中心に、子どもから大人まで診療

歯科医師になったきっかけは何でしたか。

20220801 1

私自身が幼い頃から小児歯科にかかっていて、女性の先生に診てもらっていました。歯医者のイメージが良くて、楽しい所という印象がありました。待合室には漫画があって、帰りにはレストランに連れて行ってもらえる。親と一緒におでかけ気分で楽しみにしていました。進路を決める時に、生物系に進みたいと思っていたのですが、女性として仕事を続けていくことを考えると歯科の仕事がいいのではと思いました。また、子どもの頃の印象が良かったので、私も子どもが喜んで来てくれるような歯科医師になろうと思い小児歯科を勉強したいと考えるようになりました。

矯正歯科を専門としたのはどんないきさつからですか。

20220801 2

昭和大学歯学部を卒業した後、東京医科歯科大学で入れ歯やブリッジなどの人工物で修復する治療を専門とする補綴(ほてつ)科を専門にしていました。ここでは、歯科の一般治療を行っていましたので、虫歯の治療も行っていました。その後、歯を動かして歯列を治すということに興味を覚え、矯正を専門とする科に移りました。その後東京大学の付属病院に勤務し、外科矯正という手術を伴う矯正に携わりました。先天的に顎が割れている人の矯正や顎が出ている人の治療などです。顎の骨を削ってかみ合わせを調整する手術などを行ってきました。また、研究のテーマとしてアクロメガリー(先端巨大症)の研究も行っていました。良性の脳腫瘍やホルモン異常などが原因で成人が発症する病気で、舌や唇や骨が肥大するためかみ合わせが悪くなります。

一生を通して治療できるかかりつけ医に

診療内容の特徴を教えてください。

20220801 3

当院の治療内容は矯正がメインにはなりますが矯正専門ではなく、小児歯科、虫歯や歯周病治療も行いますので、お口の中のケア全般に対応しています。虫歯の治療もその場でできるところが矯正専門の歯科医院との違いですね。保健センターでは、幼児検診も担当していますし、当院では、入れ歯を作ることもできます。一人で全部を診ることができますので、生まれた時から高齢になるまで一生を通して治療したいと思います。最近ご相談の多いマウスピース型装置を用いた矯正については、適切な時期から開始するようにしていて、4歳か5歳くらいから希望があれば装置を着けますが、ある程度の段階で、一旦装置を外しています。あまりにも早くから始めてしまうと矯正期間が長くなりお子さんも疲れてしまいますから。無理やり装置を着けるような強要をせずに、ゆっくりと経過を見ながら必要な時に装置を着ける方針で行っています。

診療を行う上でのモットーは何でしょう。

自分が治療を受けるのであればということをまず考えています。消毒に関しても自分が嫌だな、汚いなと思うことのないよう注意していますし、痛みに関してもどの程度ならば痛いかということを常に考えています。矯正は治療期間が長いので時々嫌になる方もいますし、そういう気持ちを患者さんの身になって考えるようにしています。装置を着けている時の不快感も我慢せずに気軽に相談してほしいです。また、もともと小児歯科を専門にしたいという気持ちがありましたので、院内を明るく、楽しい雰囲気にするように心がけています。お母さんから「この子は歯医者に通うのが好きなの」と言ってもらえることがうれしいですね。お子さんが大人になるまで通ってくれる歯医者でありたいと思っています。

矯正治療を始めようか悩んでいる方へのメッセージをお願いします。

20220801 4

年齢によって骨のやわらかさや水分の含有量が違うため、やはり子どもの頃のほうが歯を動かしやすいです。年を重ねると歯周病などの心配もあるので、矯正をしたいと思っている方は早めに始めるほうがいいですね。しかし今は装置も進歩し、以前よりも年齢に関係なく治療が受けられるようになりました。お子さんの場合は中学高校と進学すると部活や勉強が忙しくなり歯磨きができず不衛生にしてしまう方もいます。定期的に通えなくなり治療がなかなか進まないということもあります。この年代のお子さんの治療には本人の強い意思と家族の協力が必要だと思います。費用がかかる治療ではありますが、30本位の歯を動かすので、1本あたりで考えると数万円。その後の生活の質向上が期待できると考えれば長い人生の中でメリットは大きいと思います。結婚式や成人式など、大事な時には装置を外すということも対応していますので、気になる方はご相談ください。

気軽に相談しやす雰囲気づくりを

プライベートの充実も大切だそうですね

20220801 5

アクセサリーを作ることや編み物をたまにしています。このクリニックをオープンしたての頃は今よりも物が少なくてスペースがありましたので、知り合いの講師を招いて院内でアクセサリー作りの教室を開いたこともありました。今は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためできなくなってしまいました。体を動かすことも好きで、テニスもしています。最近は忙しくてできていませんが、大人になってからはじめたチェロも趣味のひとつです。また、美しい自然を見ることが好きなので、以前は国内外を気分転換に旅行することもありました。モロッコやアフリカ、勉強会出席を兼ねてアメリカ各地にも行きました(笑)。現在は海外に出かけたりしづらい状況ですが、いつかまた自然を見に出かけられたらいいなと思います。

クリニックでの診療以外にどんな仕事をされていますか。

都内のクリニックに月に1回ずつ診療に通っています。また目黒区の歯科医師会に所属していますので、保健センターで検診や障害者のための歯科治療施設でも診療をしています。日々の診療はもちろん大切にしていますが、地域の仕事にも参加させていただいています。

今後の抱負を聞かせてください。

20220801 6

子どもから親御さん、お年寄りの方まで幅広く診療できるように、医療体制をさらに充実させていきたいと思っています。長くかかりつけにしていただけるよう、何でも気軽に相談できる雰囲気づくりを今後も心がけていきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

マウスピース型装置を用いた小児矯正/40万円~
マウスピース型装置を用いた成人矯正/80万円~
小児矯正治療/60万円~
成人矯正治療/60万円~
部分矯正/15万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access