医療法人みなとみらい 逗子金沢内科クリニック

谷 祐至院長

133900

逗子市にある「逗子金沢内科クリニック」は、一般的な内科の診療だけでなく、糖尿病・甲状腺・睡眠時無呼吸症候群を専門とする神奈川県内でも珍しいクリニックである。2017年の4月に新たに院長に就任したのは、東京医科歯科大学や北里大学病院などで糖尿病や甲状腺疾患などの「内分泌疾患」の研究、診療に長年携わってきた谷祐至(たに・ゆうじ)先生。丁寧かつ穏やかな語り口が印象的なドクターで、専門の分野以外にも、日本内科学会総合内科専門医の資格を併せ持ち、その守備範囲はとても広い。「院長に就任してから日は浅いのですが、地域医療に貢献できる身近なクリニックの一員として、質の高い医療をスタッフとともに提供していきたいです」という谷院長に、治療方針から趣味の話まで存分に語ってもらった。
(取材日2017年4月18日)

総合的な診療で、複数の症状が絡む内分泌疾患を改善

―院長になるまでの経緯をお聞かせください。

東京医科歯科大学大学院を修了後、ロサンゼルスでの研究生活を経て、糖尿病、内分泌代謝、総合内科を中心に大学病院などで診療してきました。主に内分泌代謝内科で、糖尿病、甲状腺疾患などの「内分泌疾患」を診察してきましたが、これらの疾患は大きな病気を引き起こすきっかけになるだけでなく、生活習慣病など複数の症状が複雑に絡んでいる場合が多いのです。これらをトータルに管理することで重篤な病気を予防し、患者さんによりよい治療を提供できるのではないかと考えました。そんなとき、この分野で専門性の高い医療を提供している当院を知ったのです。当院は全7施設ある、医療法人みなとみらいグループの1つなのですが、いずれも糖尿病、甲状腺疾患、睡眠時無呼吸症候群に対応しており、各分野において専門性の高い医師が多数在籍しています。ここでなら、自身のこれまでの経験も生かせるのではと考え、2017年4月に院長に就任いたしました。

―クリニックの特徴をお教えいただけますか?

当院は、糖尿病や甲状腺疾患を専門とする医師が総合的な診療を実施しています。整った医療環境のもと臨床検査技師が詳しい検査を行うほか、看護師や管理栄養士による糖尿病のセルフケア支援など、専門医療機関ならではのサポートを提供しています。このように「専門的な検査」と「専門的な治療」の双方を同時に行えるのが、当院の大きな強みと言えるでしょう。このほか、定期的に勉強会を開くなど、スタッフの育成にも力を注いでおり、患者さんへの医療サービスの充実を常にはかっています。

―クリニックに通っているのは、どういった症状の患者さんが多いのでしょう?

内科全般を診療していますから、もちろん風邪や胃痛など一般内科の患者さんも来院されますが、やはり糖尿病や甲状腺の疾患を持った方が多いです。まだ就任して間もないですが、この逗子エリアにお住まいの方々は比較的健康に関する意識が高いようですね。生活習慣病に対する予防意識を持った方が多いという印象です。地域には高齢の方も多く、高血圧、高脂血症、高コレステロール血症などの慢性疾患を併せ持っている方が少なくありませんから、そういう方にこそぜひ利用していただきたいと思っています。

記事更新日:2017/07/10


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細