古畑病院

古畑 正院長

12675 df 1 main 1438250166

東急田園都市線池尻大橋の駅から徒歩3分。「古畑病院」は開業して80年以上という歴史を持つ個人病院だ。院長の古畑正先生は2代目にあたる。80周年を機に病院を建て直し、2013年にリニュ―アルオープン。新しい病棟はどこも明るく、耐震設計。新しく設けられた広々したリハビリテーション室や整えられた検査設備など、近代的な病院となって地域の患者を迎え入れている。二次救急医療をはじめ、専門の医師が上部と下部の内視鏡検査を行っており、各種検査から禁煙治療まで幅広い診療に対応している同院。「個人病院ならではの小回りのきく診察、治療」を心がけ、「スピード、スマイル、スモール」の3Sをモットーとする先生に、さまざまな話を聞いた。(取材日2015年7月21日)

個人病院ならではの小回りのきく診療が特徴

―80年以上の歴史を持つ病院だと伺いました。

明治生まれの父が1932年に外科診療所として開業したのが始まりですから、2018年に85周年を迎えます。20床の病院となったのが1958年で、東京五輪のときに、高速道路開通のために改築して39床になりました。私が、東京医科大学附属病院から戻って副院長になったのが1976年です。建物や設備も老朽化してきましたので、全面的に建て直して、2013年にリニューアルオープンしました。新病院の目玉施設は、170平方メートルのリハビリテーション室で、言語療法室も併設しています。スタッフとして理学療法士が6名、作業療法士1名、言語療法士1名が在籍していますが、言語療法士が常駐しているのは、個人病院では珍しいことかもしれませんね。外来と入院なさった患者さんのリハビリを中心に行っていますが、リハビリの効果は大きいと実感しています。患者さんが目に見えて元気になられるので、われわれもうれしく思っています。

―病院の理念と特徴を教えてください。

「癒やす医療、慈しむ介護」を理念に掲げ、地域に密着した二次救急病院として、「いつでもなんでも相談できる病院」をめざしています。「癒やす医療」というのは、例えば傷口を縫い合わせるのが治療だとしたら、それに加えて精神的なケアまで行うことです。何より地域の患者さんにとって「いつでもなんでも相談できる病院」でありたいですね。病院という名前はついていますが、一般のクリニックと同じ身近な存在でありながら、検査設備などはより高度なものがそろっているとお考えいただければうれしいです。小回りがききますから、胃や大腸の内視鏡検査などの検査がスムーズに短時間で行えるのはメリットかと思います。私は外科ですが、娘が担当する皮膚科も、多くの患者さんに来ていただいています。成人、小児の湿疹やアトピー性皮膚炎など皮膚疾患全般のほか美容皮膚科など自費診療の治療も行っています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細