川田歯科クリニック

川田俊大院長、川田隆央副院長

12317 df 1 main 1444031741

「なぜ虫歯になったのか」という病気の本質を理解した上で治療を行う

―訪問診療も行っておられると伺いました。

【院長】訪問診療や在宅診療の必要性が近年ほど叫ばれていない時代、父が先んじてスタートさせました。今は体力的なこともあって、ご依頼があれば伺うようなペースですが、高齢化が進む中、今後ますます必要とされるかと思うので、今後は副院長に頑張ってもらいたいですね (笑)。
【副院長】当院は昔からの患者さんが多く、私のことを幼い頃から見知ってくれている方も少なくありません。しかし、年齢を重ねるとともに歩行が困難になったり、認知症になったりと、通院が難しくなる方が増えています。長いお付き合いの患者さんたちが、ずっと安心して歯科治療を受けられるよう、今学んでいることを生かして、当院の訪問診療をより強化していきたいと思います。

―特に予防を重視しておられると耳にしましたが、そのきっかけを教えてください。

【院長】大学を卒業する頃から、ただ治すだけでなく、「なぜ虫歯になったのか」という病気の本質を理解した上で、予防を意識した治療を行いたいと考えてきました。昔は虫歯の人が多く、歯科医師もどんどん削って、治していかなければならない。当時としては仕方のないことで、大学でも教えてくれるのは治療の仕方ばかりでした。そこで、卒業後は病理学教室に残り、病気の根本的な原因に迫る予防医学的な研究に携わる道を選びました。当時から“全ての医療の原点は予防にある”と考えていたからです。臨床を実地で学んだのは、父の病気をきっかけに当院に戻ってきてから。手取り足取りは教えてもらえず、すべて父の背中を見ながら自分で研究して学び、できることから身につけていきました。

―「痛みの少ない治療」もこちらのクリニックの特長だと伺いました。

【院長】私が所属する日本歯科東洋医学会のテーマでもある、「無痛治療」を実践しています。お子さんの治療でいえば、虫歯の治療や乳歯の抜歯は麻酔なしで行っているんですよ。初めて来られる親御さんには驚かれることも多いのですが、呼吸法を少し工夫するだけで、麻酔なしでも痛みを伴いません。一方、大人の方は“合谷”という手のツボを応用することで痛みを軽減する事が可能です。また、歯周病の治療では「歯周内科療法」を用いることでなるべく歯を抜かずに保存することに努めています。これは顕微鏡で口腔内の菌の数・種類を確認し、その菌にあった薬を用いて除菌を行うもので、原因となる細菌を周囲の歯と一緒に削り取る、といった従来の外科的方法とは異なります。一時的に菌をなくすのではなく、歯周病が進行しにくい口腔環境へと導けるため、患者さんにとっては削らないことによる「痛みの軽減」だけではなく、その後の「予防」に繋がります。

―こちらでは、口臭やいびきに関する外来も設けているとのことですが。

【院長】歯科医院は「“本物の医療”として、口に関する悩みをすべて解決する場所」だと考え、全身の健康面を考えながら治療にあたっています。口臭は口腔内の原因の他に、鼻や胃・肺などの内科的要因で、臭いが出ている方もいらっしゃいます。そこで口臭測定器という機械を使ってどの程度の臭いを発しているのかを確認し、数値が出た場合には臭いの原因を探り、治療をするところまで行っています。いびきの外来については、口周りの筋力トレーニングをしたり、実際にマウスピースをお作りし、睡眠時無呼吸症候群の予防に努めています。通常の治療も特殊外来的な治療も、総じて「予防」を常に意識して行っていることが当院の一番の特長だといえるのではないでしょうか。歯科医ではなく口腔科医として、毎日の診療に臨んでいます。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musa after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細