医療法人社団 博慈会 青葉さわい病院

医療法人社団 博慈会 青葉さわい病院

澤井 崇博病院長
頼れるドクター掲載中

99999

田園都市線あざみの駅西側の高台にある「青葉さわい病院」は、一般病床、地域包括ケア病床、回復期リハビリ病床、療養病床の、4種類の病床を有する病院だ。1985年に整形外科の単科病院としてたまプラーザで開業したが、横浜市の慢性的な病床不足に応え、住民が住み慣れた地域を出ることなく医療から介護まで受けられる態勢を整えるため、2005年に現在地に移転増床して再スタートを切った。高い専門性を有する整形外科に内科、リハビリテーションを加え、特に糖尿病、足の外科などでは専門的な診療を強化している。現病院長は2011年に就任した整形外科が専門の澤井崇博先生。一般外来診療から回復期リハビリテーションまで幅広く対応しながら、「思いやり」そして、「『生きている』喜びを」、という同院の理念に基づき、患者との触れ合いを重視し、信頼される病院をめざして日々、奮闘している。同院の特徴や得意の診療分野、将来の展望などを余すところなく語ってもらった。
(取材日2014年5月20日)

「思いやり」そして「生きている」喜びを

―病院の歴史と地域における役割を教えてください。

1995年にたまプラーザで整形外科病院としてスタートし、2005年に移転して現在の形になりました。高度な治療は大学病院などにお任せし、当院は整形外科を中心にした急性期から、回復期、療養期までの一貫した医療を提供しています。在宅医療を行う医療機関や介護施設とも緊密に連携しています。ご高齢の方が病気になっても最後まで住み慣れたこの地で生活できるという一連の流れの、ちょうど真ん中あたりの役割ですね。私は整形外科で膝が専門ですが、今は一般外来診療と、回復期リハビリテーション病棟での診療をメインに担当し、急性期を脱した患者さんをどうやってご自宅に帰してあげるかと常に考えています。「思いやり」そして、「『生きている』喜びを」が当院の理念ですが、患者さんに快適な環境と温かい触れ合いのある医療を提供し、たとえ治療中、療養中であっても患者さんが生きている喜びを実感されることをめざしています。

―得意な診療分野にはどんなものがありますか?

整形外科は幅広い年齢層の外傷や骨、関節、筋肉の病気全般を診療していますが、特色があるのは足の外科。足の痛みに特化した専門外来です。痛みの原因はさまざまですが、それを突きとめることから始まり、手術やインソール、ストレッチなどで治していきます。近くには高校や中学もあるので、運動部の生徒さんが捻挫などでよく来られています。糖尿病内科では日本糖尿病学会糖尿病専門医が管理栄養士やリハビリのスタッフとチームを組んで、教育入院を実施しています。消化器内科は苦痛の少ない経鼻内視鏡などの設備を充実させ、消化器病の内視鏡検査に力を注いでいます。それにリハビリテーションのスタッフが充実し、入院、外来に加えて訪問でもリハビリを行っていることも特徴です。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細