全国のドクター9,183人の想いを取材
クリニック・病院 161,378件の情報を掲載(2020年6月06日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市緑区
  4. 中山駅
  5. ひだまり歯科医院
  6. 坂元健士 院長

坂元健士 院長の独自取材記事

ひだまり歯科医院

(横浜市緑区/中山駅)

最終更新日:2019/08/28

11939 df 1 main 1438597215

「予防を徹底して三保町から虫歯と歯周病をなくしたいと、本気で思ってます!」と力を込めて語る「ひだまり歯科医院」坂元健士院長。奈良県出身で、歯科医師を志して神奈川歯科大学へ進んだ。横浜の穏やかで品のいい土地柄が気に入り、また、自らの診療スタイルを生かして地域住民とじっくり付き合い、地域に根差したクリニックにしたいと、この緑区三保町で開院したという。学生時代からテニスが趣味という爽やかなアスリートでもある坂元院長。関西出身らしいサービス精神旺盛な親しみやすい人柄と、楽しい語り口で、多くの患者に慕われる。地域住民の健康を願い、また患者の痛みや負担をできるだけ軽減した治療に積極的に取り組む診療姿勢も印象的だ。そんな熱血ドクター・坂元院長の、歯科治療や予防歯科に対する思い、地域住民の歯を守りたいという夢をご紹介しよう。

(取材日2015年7月18日)

夢に向かって予防歯科に “熱く”取り組むアスリート・歯科ドクター

まず開院までの経緯を教えてください。

11939 df 1 1 1438597215

接骨院を開業していた父が、3人の息子を医学系に進ませたいと強い希望を持っていたので、長兄が整骨院を継ぎ、次兄が医師になり、私が歯科医師になったんです。もともと奈良のど田舎、御所市出身で、やはり首都圏に一度は出てみたいなと神奈川歯科大学に進みました。大学病院での研修を経て、勤務医となり、2006年に「ひだまり歯科医院を」開院しました。この地を選んだのは、僕は「患者さんと話したい」「楽しく治療したい」「患者さんを笑顔にしたい」という思いが強いので(笑)、駅前などより、人の動きの少ない住宅街で地域に根付いたクリニックをめざしたいと考えたからです。

ひだまりという名前や、白木作りの院内が印象的ですね。

ありがとうございます。痛い思い、大変な思いで来られる方が、少しでも温かい気持ちになっていただけるようにと“ひだまり歯科医院”と名付け、院内もリラックスして過ごしていただける空間になるように工夫しました。特徴としては、キッズルームが独立していてとても広いこと。小学校が近く、お子さんや親子連れで来られる方が多いんですよ。僕やスタッフ手作りの「ひだまり新聞」も置いています。スタッフみんなの思いや趣味なども書いてあるので、患者さんとスタッフで話が弾んだり、そんな様子を見ていると僕もうれしくなってくるんですよ。

クリニックとしての特徴を教えてください。

11939 df 1 2 1438597215

患者さんは、ほぼ三保町の方ですね。お口の中のことに何でも対応できるクリニックでありたいと考えていますので、口腔外科と矯正は専門医の先生の外来日を設けて幅広く対応しています。最近、かみ合わせの不調を訴える方が多いので、咬合治療も手がけています。特に力を入れているのは予防歯科で、虫歯や歯周病を予防するために、患者さんと歯科医師、歯科衛生士と二人三脚、三人四脚でできることを探したいと考えています。予防については、特に歯科衛生士の果たす役割が大きいので必要なトレーニングも行い、随時スキルアップすることを心がけています。

歯を守り、一生笑顔で暮らすため、予防への意識改革をめざす

予防歯科に力を入れるようになったきっかけは?

11939 df 1 3 1438597215

開院以来、ずっと予防は大切だと考えていましたが、予防を中心に据えた診療スタイルにしたのは約3年前からです。それは、治療を中心とした診療では患者さんを幸せにできないと思うようになったからなんです。治療して再発して、また治療するという繰り返しはやめたいのです。もちろん必要な治療はしますが、その後は徹底的に歯を守っていただきたいので、予防について熱く語ります(笑)。患者さんも熱心に検診に来てくださるようになりましたし、患者さんが予防に目覚めてくれた時のうれしさは“ハンパではない”ですし、予防に取り組むのは楽しいですね。意識が高くなればその方は、一生、自分の歯で食べられる。そう考えるとうれしいんですよ。

具体的にはどのような予防を行うのですか。

虫歯や歯周病には歯ぎしりや噛みしめも影響しているので、予防には歯磨きだけではなく、力のコントロールが重要であることがわかっています。例えば歯ぎしりは100キロの力がかかるといわれています。歯周病は骨が痩せていく病気ですから、そこで歯ぎしりをすると、それこそ死に神のようにさらに骨を破壊していくのです(笑)力がかかるんですよ。歯磨きを一生懸命していても、マウスピースで歯ぎしりの力を回避しないと治らない歯周病もあるのです。ですから、どうして虫歯や歯周病になるのか、症状に加えて、生活習慣や生活環境などからも原因を見極めて、その方にあった予防法を共に考え、実践していただくという感じですね。歯科医院をうまく利用して正しいケアを行い歯を守ることができれば、その方はずっと笑顔でいられるはず。そのためにも歯の大切さをわかっていただきたいと考えています。

子どもの予防歯科にも熱心に取り組まれていますね。

11939 df 1 4 1438597215

そうです。子どもさんこそ予防が重要ですからね。最近のお母さん方は、歯科医療に対する知識はお持ちですが、予防に関する意識はまだ低い方も少なくありません。本人だけでは無理ですから、まずお母さん、お父さんが虫歯に対する正しい認識を持ち、子どもさんの歯を守りたいという強い思いを持ってほしい。さらに言うと、思いを持つだけでは予防にはならないので、行動に起してほしい。口で言うほど虫歯予防は簡単ではないので、その気持ちを根付かせていくのが私の役目だと思っています。忙しい親御さんだと、おやつの甘い物の制限や、ついつい子どもさんの歯磨きは後回しになりがちです。その気持ちは本当によくわかるのですが、忙しくても時間がなくても仕上げ磨きはする、フロスは通すというようになってほしい。ゆくゆくはフロスを通すのが当たり前の世界を作っていきたいと思っています。それまでは今の環境でできることをやってもらい、お子さんも理解すれば進んで予防するようになりますから、歯ブラシなどの技術的なことももちろん大事ですが、歯の大切さを伝えていきたいと考えています。

「歯並びや前歯は美しく、奥歯はしっかり噛める」を合い言葉に

ところで先生ご自身のこともお聞かせください。

11939 df 1 5 1438597215

趣味はテニスで24年間のキャリアがあります。今もトレーナーに指導を受けてトレーニングに取り組んでいるんですよ。テニスで学んだことが歯科治療に生かせることもあります。こちらに出てきてからの年月の方が長くなり、ふだんは標準語です。横浜は都会だと思っていましたが、意外とのんびりしていて住みやすいです。今、楽しいことは、予防ですね(笑)。テニスのイメージトレーニングと同じで、口に出していると実現することがあると思うので「三保町から虫歯と歯周病をなくしたい」と言っています。テニスも歯科治療も面白いと思って取り組んでいると、どんどん希望や夢が実現していくと思っています。

今後、取り組んでいきたい治療や分野などがありますか。

これから歯科医療の分野では、オペや歯周外科治療など以外にも、例えば口腔内の菌を薬やサプリメントでコントロールするなど内科的な治療も増えてくると思います。患者さんには負担の少ない治療ですから、ぜひ積極的に勉強して提供していきたいと考えています。外科的な処置が少なければ、「歯医者さんは痛い、怖い」というイメージもなくなりますし、僕も血を見なくてすむから助かります(笑)。そして虫歯と歯周病をとにかく全部治療して、あとは徹底的な予防で再発を防ぐように意識改革をしたい。三保町から虫歯をなくしたい、虫歯や歯周病にならないのは当たり前にしたいと真剣に考えています。「虫歯がなくなると歯医者さんは仕事がなくなるか」というとそうではなくて、今度は歯の色や歯並びが気になり、もっと歯をきれいにしたいと考える方が増えると思うんですよ。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

11939 df 1 6 1438597215

やはり健康は何よりの宝だと思います。健康だからこそ、年をとっても元気にいろんなことにチャレンジできるし、自分で動けるのです。そのためにお口の健康を守っていただきたいし、そのお手伝いをするのが私たちの役目だと考えています。歯を大切にして、歯並びや前歯は美しく、奥歯はしっかり噛めるようにしていただきたいというのが、今の熱い思いですね。とにかくお子さんからお年寄りまで、全世代の方々にお口の中を健康にして、いつも元気で笑顔で、幸せに過ごしていただきたい。三保町から虫歯をなくすプロジェクトを成功させて、何でも好きな物が食べられること、歯や歯ぐきが痛くないことのありがたみを皆さんに知っていただきたいですね。

Access