全国のドクター12,574人の想いを取材
クリニック・病院 158,541件の情報を掲載(2024年6月25日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. 蓮田市
  4. 蓮田駅
  5. 内村歯科医院
  6. 内村 裕香 院長

内村 裕香 院長の独自取材記事

内村歯科医院

(蓮田市/蓮田駅)

最終更新日:2023/04/14

内村裕香院長 内村歯科医院 main

「内村歯科医院」は、蓮田駅よりバスで約15分、または羽貫駅より車で約5分の県道87号線沿いにある歯科医院だ。笑顔がすてきな内村裕香院長と明るい女性スタッフたちが、「関わるすべての人が元気になる場所」をめざしている。院内は待合スペースも診察室内も広く明るい。歯科だからこそ患者の健康に貢献できることがあると考える内村院長は、食育などの情報発信で、地域住民の健康寿命を長くするための取り組みにも注力。地域に溶け込んだ医療の実践をめざす内村院長に話を聞いた。

(取材日2022年11月22日)

親子や家族ぐるみで通える歯科医院

とてもかわいらしい外観ですね。

内村裕香院長 内村歯科医院1

当院はご家族ぐるみで通われる方がとても多いんです。ですからお子さんやお孫さんと一緒でも狭く感じないよう、また感染対策上も効果的なゆとりを意識しています。診察室内は各治療ユニットの間隔が離れているのでプライベート感は確保されつつ、大きな窓があることでの開放感もあります。内装はオフホワイトとオレンジに水色をプラスし「元気になれる歯科医院」を表現したつもりです。院内の写真や手作りのオブジェは、ほとんどが患者さんの作品。診察の予約のない日にもお顔を見せてくださる方もいらっしゃいますし、季節ごとの農産物もいただくことも。今では患者さん同士のご紹介で来院される方も多く、県外にお住まいの方もいらっしゃいます。

患者さんの話を丁寧に聞くことを大切にしていらっしゃるとか。

患者さんのご希望や治療の緊急度などにより変わりますが、初診時には1時間ほどお時間をいただき、エックス線撮影やお口の中の診察などの後、カウンセリングをさせていただくことがあります。ここで大切にしているのは、患者さんのお話を丁寧に聞くということ。もちろん痛みなどがある場合は応急処置を優先しますが、治療開始に先立ち患者さんのご希望をじっくり聞かせていただきます。どのような治療をどの程度求めておられるか、具体的なイメージがなくとも構いません。お話しする中で、患者さんには当院に通っていただけそうかどうかご判断いただいています。

親子や家族で通う良さはどんなところでしょう?

内村裕香院長 内村歯科医院2

当院には保育士がいて専用の保育室があり、親御さんの治療中はお子さんをお預かりできますので一緒に来院して、まず場所に慣れていただけます。親御さんと一緒に歯科医院へメインテナンスなどで通院する習慣をつけていただければ、それは一生の財産になると思います。定期メインテナンスに通い大きな治療をせずに済めば、一生自分の歯でおいしいお食事を取っていただくことも可能ではないでしょうか。当院ではミルクや母乳のあげ方、離乳食やおやつについて、さらにお子さんの心身の発達についてのお話もさせていただいています。食に関してはそれぞれのご家庭で考え方の方向性をそろえていただくとなお良いと思いますね。きちんとした食に関する知識などをもとに、より良い日々の生活をしていただけるのはご家族でしか取り組めないこと。そういった意味でもご家族で通っていただければありがたいです。

患者に有益な情報を積極的に発信

予防のためのメインテナンスを勧めておられますね。

内村裕香院長 内村歯科医院3

当院では、矯正治療、インプラントや入れ歯、食生活のアドバイスなど、幅広く対応することが可能な体制を取り、最善の治療選択をしていただけるよう努力しています。私は大学病院などの口腔外科勤務の経験もあり、抜歯やインプラント、有病者の方も診療できるよう学んできました。歯は1度削ると二度と元には戻りません。ですから歯を削る、抜くといった治療は最終手段に残しておきたいのです。口腔だけでなく全身を捉えるというスタンスで患者さんの訴えに耳を傾けると、歯に直接の原因がないこともありますし、少しの処置で経過観察をしていても良いということもあります。いずれの場合も定期メインテナンスを受け、良いお口の中の状態を保つことが肝心。それが高齢になっても自分の歯でお食事が取れることにつながり、健康寿命の延伸にもつながっていくと考えています。

「うっちーRUNRUNくらぶ」など患者さんと一緒に楽しめる取り組みをされています。

みんなで楽しく体を動かし、当院に関わりのある方に元気に過ごしていただきたいとの思いや、患者さんからのお声もあり、当院ではさまざまな取り組みをしています。その一つが「うっちーRUNRUNくらぶ」です。これは患者さんが命名したんですよ。しっかりした体を維持することも健康寿命を延ばすためには大切なこと。こちらからさまざまな案内を差し上げて、皆さんが好きなものに参加するという感じですから、気軽に楽しみながらやっています。またスタッフの一人がベビーマッサージ関連の資格を取りましたので、少人数でベビーマッサージのイベントを始めようと考えています。ここ数年は新型コロナウイルス感染症の流行で思ったような活動はできませんでしたが、これからいろいろとできるといいなと思っています。

情報発信にも熱心に取り組まれていますね。

内村裕香院長 内村歯科医院4

「生きることは食べること」。きちんと栄養を取ることは大切です。食育は子どもだけのためのものではありません。同じ食材でも調理の仕方、組み合わせ方、食べ方、噛み方で体に対する影響は大きく違ってきます。平均寿命と健康寿命との差は依然として大きいものがあります。できるだけその差をなくし、いつまでも健康で長生きをするためには、賢く食べるということが重要なのです。他にも「鼻うがい」や「あいうべ体操」「ゆびのば体操・ソックス」などいろいろと取り組んでいます。また美容と噛みしめ・食いしばりは深い関係がありますのでご相談に応じています。お口周りの筋肉の緊張をほぐしてあげると随分違うんです。歯を噛みしめすぎて歯茎を傷めたり、中には歯が割れてしまうことも。噛む力のコントロールも大切です。そんな生活に役に立つ情報を多くの方に知っていただきたいと思います。

歯科ならではのアプローチで地域を健康に

新たに取り組みたいことはありますか?

内村裕香院長 内村歯科医院5

子どもへのアプローチ強化のために助産師さんの話を聞いたり保育の勉強もしています。生後すぐの哺乳から歯科が関わり発育発達をサポートできることがたくさんありますし、3歳頃までしか関われないことも多いんです。賢い食事は小さいうちから身につければ自然と自分のものにすることができると思います。当院では「歯っぴーくらぶ」というお子さんが楽しみつつ虫歯予防や食育ができる会員制クラブ活動を行っています。また、私自身は分子栄養学も学んでいます。血液検査をすると足りない栄養素や、普段の食生活のバランスの良さ悪さがわかります。栄養摂取の状況は健康だけでなくメンタルにも影響するといわれているんです。栄養の取り方は健康にも影響することを皆さんにも知っていただきたいですね。

訪問歯科診療でも活躍されていますね。

訪問診療の需要はとても増えてきました。私と歯科衛生士で伺い、口腔ケアやお口周りの体操なども行います。当院では動画も配信していて、ご家族やご本人と一緒に見ながら取り組んでいます。このお口周りのトレーニングは誤嚥性肺炎の防止が期待できます。またお食事が自分でできるかできないかは、生活の質に大きく影響してきます。お口や周囲の機能が維持されている方は、心身ともに年齢よりも若くお元気な印象があります。私たちがケアさせていただくことで、一日でも長くご自分のお口でお食事をしていただきたいと思っています。当院の歯科衛生士は月に1回、技術や症例検討、接遇などを専門の講師を招いて勉強しています。スタッフの意識も変わりましたし、さまざまなスキルがアップしたことを実感しています。

読者へのメッセージをお願いします。

内村裕香院長 内村歯科医院6

当院は、患者さんと私たちが一緒に元気になることを一番に考える歯科医院です。最終目標は「ピンピンコロリ」。基本的に何らかの病気をお持ちの方が通う医科と異なり、歯科は健康な方々も集う場所です。ですから、その健康を保ち、また病気になる一歩手前の未病の時期にアプローチできます。バネのない入れ歯、インプラントなどの治療はもちろん、予防歯科やメインテナンスに注力しているほか、食育や運動など積極的に情報発信もしていきます。待合室には、患者さんと目標を共有し、りんごや葉っぱの絵を貼って一緒に木を育てていく「ハッピーツリー」があり、多くの患者さんが参加してくれています。知っているお友達の目標を見て応援する子もいて心を動かされます。これからも患者さんが「心も体も元気になる」ための活動を続けていきますので、一緒に健康で長生きしましょう。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正/36万3000円~、インプラント治療/1本35万円~、バネのない入れ歯/10万9900円~

Access