全国のドクター9,132人の想いを取材
クリニック・病院 161,254件の情報を掲載(2020年7月09日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. 蓮田市
  4. 蓮田駅
  5. 内村歯科医院
  6. 内村 裕香 院長

内村 裕香 院長の独自取材記事

内村歯科医院

(蓮田市/蓮田駅)

最終更新日:2020/06/03

Top

埼玉県蓮田市の閑静な住宅街の中、県道87号線沿いにある「内村歯科医院」は、やわらかな笑顔がすてきな内村裕香院長が明るい女性スタッフとともに、「関わるすべての人が元気になる場所」をめざして日々の診療にあたっている歯科医院だ。院内は待合スペースも診察室内もゆったりと広く明るい空間になっており、家族ぐるみで通う患者も多いというのも納得できる優しい雰囲気が漂う。歯科だからこそ患者の健康に貢献できることがあると考える内村院長は、健康増進のためのスポーツ推進活動や、食育などの情報発信で、地域住民の健康寿命を長くするための取り組みに熱心。地域に溶け込んだ医療の実践をめざす内村院長に、日々の診療にかける思いや今後の展望などを聞いた。
(取材日2019年11月12日)

まずは患者の話をじっくり聞くことが大切

かわいらしい外観のすてきな歯科医院ですね。

1

当院はご家族ぐるみで通ってくださっている方も多く、お子さんと一緒に通院される親御さんもいらっしゃいますので、一緒に入っていただいても狭く感じないようゆとりを意識しました。診察室内は、各治療ユニットの間隔が離れているので、プライベート感は確保されていますが、大きな窓もありますしちょうど良い開放感もあります。内装はオフホワイトとオレンジに水色をプラスして、「元気になれる歯科医院」を色でも表現したつもりです。院内の写真や手作りのオブジェは、ほとんどが患者さんの作品なんですよ。診察の予約のない日にもお顔を見せてくださる方もいらっしゃいますし、季節ごとの農産物もたくさんいただきます。今では患者さん同士のご紹介で来院される方も多く、中には県外から来てくださっている方もいらっしゃいます。本当に温かい地域の皆さんのおかげで、ここまで来ることができました。本当に感謝しております。

患者の話を聞くということを大切にしていらっしゃいます。

特に初診時には1時間ほどお時間をいただいて、エックス線撮影やお口の中の診察などの後、カウンセリングをさせていただいています。ここで重きを置いているのは、患者さんのお話を丁寧に聞くということです。もちろん痛みなどがある場合は応急処置をまず行いますが、治療開始に先立って患者さんのご希望をじっくり聞かせていただきます。どのような治療をどの程度求めておられるか、そんなに具体的なイメージがなくとも構いません。いろいろとお話しする中で、患者さんには当院に通っていただけそうかどうかご判断いただきたいと思います。

予防のためのメンテナンスを勧めていらっしゃいますね。

2

当院では、矯正治療、インプラントや入れ歯、食生活など、幅広い診療が可能な体制を取り、最善の治療選択をしていただけるよう努力しています。私は大学病院などの口腔外科に所属していたこともあり、抜歯やインプラント、有病者の方もしっかり診れるよう学んできました。歯は一度削ると二度と元には戻りません。ですから歯を削る、抜くといった治療は最終手段にとっておきたいのです。口腔だけでなく全身を捉えるというスタンスで患者さんの訴えに耳を傾けると、歯に直接の原因がないこともありますし、少しの処置で経過観察をしていてもよいということもあります。いずれの場合も、定期的にメンテナンスを受けていただき、良いお口の中の状態を保つことが肝心です。それがひいては高齢になっても自分の歯でお食事が取れることにつながり、健康寿命の延伸にもつながっていくと考えています。

歯科以外の情報も積極的に発信

「うっちーRUNRUNくらぶ」など、患者がスタッフと一緒に楽しめる取り組みをされています。

3

みんなで楽しく体を動かし、当院に関わりのある方が元気に過ごしていただけたらとの思いがあったことや、患者さんからのお声もあり立ち上げました。名前も患者さんが命名してくださいました。しっかりした体を維持することも健康寿命を延ばすために大切です。おそろいのTシャツも作ったんですよ。今月は蓮田市主催のマラソン大会にみんなで出場します。企画したイベントへの参加は患者さんでなくても誰でも参加できます。業者さんなども参加されます。こちらからさまざまな案内を差し上げて、皆さんが好きなものに参加するという感じです。最近は蓮田や春日部などの埼葛地区で取り組んでいる「さいかつボール」というスポーツ競技にも参加したり、無理なく楽しく活動しています。

食育やアロマなど、歯科以外の情報発信にも熱心ですね。

当院の2階にはプロジェクターなどを用意したセミナー室があります。私がアロマや薬膳などの勉強をしていることもあって、不定期ですが皆さんに少しでも役に立つ情報をお届けしたくて、「おはなし会」と称して気軽に集まり、楽しくお茶を飲みながらリラックスして会話する会を催しています。そのほうがたくさん質問があり学びになります。「生きることは食べること」きちんと栄養を取ることは大切です。同じ食材でも調理の仕方、組み合わせ方、食べ方、噛み方で体に対する影響は大きく違ってくると思います。食育は子どもだけのためのものではありません。平均寿命と健康寿命との差は依然として大きいものがあります。できるだけその差をなくし、いつまでも健康で長生きをするためには、賢く食べるということが重要なのです。他にも「鼻うがい」や「あいうべ体操」「ゆびのば体操・ソックス」など、いろいろと取り組んでいます。

お顔周りのエステも受けられます。

20191203 4

美容と噛み締め・食いしばりは深い関係がありますので、ご相談に乗っています。エステでお口周りの筋肉の緊張をほぐしてあげるだけでも随分違うんですよ。歯を噛み締めすぎて歯茎を痛めたり、中には歯が割れてしまうこともあります。噛む力のコントロールも大切だと考えています。

歯科ならではのアプローチで健康に寄与する

今後、新たに取り組みたいことはありますか?

5

もっともっとお子さんへのアプローチを強化したいと思い、助産師さんの話を聞いたり、保育の勉強をしたりしています。生まれてすぐの哺乳から歯科が関わることで、健やかな発育発達をサポートできることもたくさんあります。賢い食事の仕方一つとっても、大人になってからでも十分対応可能ですが、小さいうちから自然に身につけておけば、特に意識しなくても自分のものにすることができると思います。将来的には、そういった歯科ならではのアプローチを取り入れた保育所の開設や、高齢者の方も子どもと一緒に過ごせる場所をつくることができるといいなと思っていますね。現在の当院では、「歯っぴーくらぶ」というお子さんが楽しみながら虫歯予防や食育のできる会員制クラブを行っています。私は食育について専門的な知識がありますし、保育士も在籍していますので、何かご相談がありましたら、お気軽にご相談ください。

訪問歯科診療を始められたそうですね。

当院の歯科衛生士は嚥下に関して専門的な勉強を積んできましたので、それを生かし患者さんが食事をもっと楽しめるようにしていきたいと思いました。また、通院されている高齢の患者さんの中に、通院がつらくなってきた方がちらほらいらっしゃるようになったので、始めさせていただきました。お食事が自分でできるかできないかは、生活の質に大きく影響してきます。私たちがケアさせていただくことで、一日でも長くご自分のお口でお食事をしていただきたいです。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

当院は、患者さんと私たちが一緒に元気になることを一番に考えている歯科医院です。最終目標は「ピンピンコロリ」ですね。何らかの病気をお持ちの方が通う医科の医院と異なり、歯科医院は健康な方々が集う場所です。ですから、その健康をいかに保っていくか、また病気になる一歩手前の未病の時期にアプローチできます。バネのない入れ歯、インプラントなどの治療はもちろん、予防歯科やメンテナンスに注力しているほか、食育や運動など、楽しく気軽に始められるイベントの取り組みや、セミナーの開催も行っています。待合室には、患者さんと目標を共有し、りんごや葉っぱを貼って一緒に木を育てていく「ハッピーツリー」があり、多くの患者さんが参加してくれています。知ってるお友達の目標を見て応援する子もいて心を動かされます。これからも患者さんが「心も体も元気になる」ための活動を続けていきますので、お口を入り口に一緒に健康で長生きしましょう。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正/30万円~、インプラント治療/1本35万円~

Access