むらおか歯科・矯正歯科クリニック

むらおか歯科・矯正歯科クリニック

小林 里佐先生

118280 %e3%82%80%e3%82%89%e3%81%8a%e3%81%8b%e6%ad%af%e7%a7%91%e7%9f%af%e6%ad%a3%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

市川市の住宅街にある「むらおか歯科・矯正歯科クリニック」。30年以上この地で診療を行ってきた同院だが、2018年11月のリニューアルオープンを機に、父から院長職を引き継いだ小林里佐先生。もともとは入れ歯を得意としていた同院だったが、現在は複数の歯科医師がそれぞれの専門性を生かしながら連携し、幅広い年代の患者のさまざまなニーズに応える歯科医院になった。1児の母でもある小林先生の担当は、一般歯科と小児歯科。子どもの診療については「泣かせない治療」をモットーに取り組んできたという。そのテクニックをはじめ、同院のさまざまな魅力を探った。
(取材日2018年11月8日)

得意分野の異なる歯科医師が集まり幅広く対応

―開業から30年以上たつそうですね。

父が自宅で開業したのが当院の始まりで、1980年のことでした。父は入れ歯が得意で、今でも同業の歯科医師にセミナーで教えるほど。そのため、近隣の患者さんからも、入れ歯専門の歯科医院と思われ、ご高齢ばかりの歯科医院だったんです。その後、2001年に私が、2002年に矯正歯科を担当する私の夫が入職すると、「あそこは女性の先生がいるから」「矯正もやってもらえるらしい」ということで、お子さんや学生さんなど若い年代の患者さんが急増し、それに合わせて歯科医師やスタッフも増えたので、自宅兼用の診療所では手狭になってしまいました。診療所も30年以上たって古いからと思い、2018年11月に2階まですべて診療に使えるクリニックへ建て替えたんです。

―患者さんはお年寄りやお子さんが多いのですね?

もともといらしていたお年寄りに加え、近年は若いファミリーが移り住んでくるようになり、小さいお子さん連れのご夫婦がすごく増えました。最初は、ご高齢の患者さんが私を見て「女性の先生が入ったんだね。今度孫を連れてきてもいい?」などとおっしゃって、少しずつお子さんが増えていきましたが、ある時から急にお子さんが増えたんです。私のモットーは泣かせない治療なので、それを続けているうちに、そのことが小学校の親御さんたちの間でクチコミで広まり、次々紹介してくれていったようです。ただ、私がここで勤務し始めた当初に診ていた子の多くが中高生や大学生になっても通い続けてくれているので、ほとんどの年代の方に満遍なく足を運んでいただいていることになります。

―あらゆる年代に対応するのは、大変な面もあるのでは?

確かに、年代によってニーズの傾向は違ってきますからね。小さいお子さんだと予防目的で来院されることが多く、小学生以上は小児矯正、それより上の中・高・大学生も年齢的にご本人が歯並びを気にし出すので、やはり矯正治療が増えます。大人になると定期検診で通われることが多く、ご高齢者は入れ歯がメインです。こうしたさまざまなニーズについて、当院では、得意分野の異なる歯科医師が複数在籍し対応しています。先ほども申し上げましたが、父は入れ歯を中心にご高齢の患者さん全般を担当、夫は矯正治療の担当で、私は小児歯科と妊娠されている方、一般歯科的な治療全般も兼任する、というような役割分担です。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

子供の矯正治療(1段階目)30万円
大人の矯正治療(セラミック・表側)70万円
大人の矯正治療(マウスピース型装置での矯正、上or下のみ)50万円
※検査診断代は別途3万5000円となります。すべて税別となります。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
Saitama nishi after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細