全国のドクター9,363人の想いを取材
クリニック・病院 161,015件の情報を掲載(2021年3月06日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 八千代市
  4. 八千代台駅
  5. 信愛歯科医院
  6. 高本 理敏 副院長

高本 理敏 副院長の独自取材記事

信愛歯科医院

(八千代市/八千代台駅)

最終更新日:2020/04/01

117621

八千代台駅東口から徒歩7~8分。八千代台南の住宅街にあるのが「信愛歯科医院」だ。開業1978年と長い歴史があるが、2014年からは高本敏政院長の長男である高本理敏副院長が主に診療にあたっている。高本副院長は、地域に密着したクリニックとして虫歯や義歯などの一般歯科治療を丁寧に行っている。2018年10月からは新たにマイクロスコープを導入、さらに精密な治療が可能となった。加えて、口腔トラブルの根本的な原因の一つである噛み合わせや顎関節症まで含めた総合的な治療によって、機能と美しさが融合した最良の口腔環境の実現に努めている。「いずれは八千代台から世界レベルの歯科医療を発信したい」と話す。その心の奥に秘めた熱い思いを存分に話してもらった。
(取材日2018年11月28日)

口腔内のトラブルを引き起こした根本的原因を探る

こちらのクリニックは長い歴史があるそうですね。

1

ここは父が開業した歯科医院で、今年で40年になります。2014年からは私が実質的な診療にあたっています。長くこの地でやっていますので、患者さんの中には親子2代3代にわたって通ってくださる方も多くおられてうれしいですね。患者さんはお子さんからご高齢の方まで幅広いですね。当クリニックは目立たない場所にありますが、診療内容を知って遠方から来られる方、紹介で受診する方も多くいらっしゃいます。

歯科医師になられたのは、やはりお父さまの影響でしょうか。

そうですね。一番身近でしたし、歯科医師という仕事はとても面白そうだと感じていました。というのも、私は小さい頃から細かい作業や物を作るのが大好きだったんです。大学の実習の時も、没頭して休憩せず作業を続けていました。友人からは「少しは休んだら」と言われましたが、突き詰めてこだわりたい性格なので、疲れを感じることなく熱中していたことを覚えています。ですから、今は歯科医師の仕事が楽しくて仕方がありません。患者さんの歯の機能が整うとともに美しく完成する、そして喜んでいただける。それは私にとっても至極の喜びです。毎日毎日、常に歯科のことばかり考えています。まさに歯科医師は私にとって天職だと思います。

こちらの診療方針についてお聞かせください。

2

さまざまな方が受診されるのですべての方に当てはまるわけではありませんが、ここ八千代台から最先端の咬合歯科医療を提供することをめざしています。もちろん虫歯のみの治療や、損失した部分のみの義歯やインプラント治療を希望される方もおられますので、そのような場合は丁寧な治療を行っています。しかし虫歯でも歯周病でもその根本的な原因を探っていきますと、噛み合わせや歯並び、顎関節の異常などが複雑に絡み合っている場合が多いのです。例えば歯周病は細菌感染が原因ですが、実は噛み合わせが悪く歯周組織に余計な力がかかり、傷んだところに細菌が感染して進行する、というケースも多くあります。ですから、トラブルを引き起こした根本的な原因はどこにあるのか、何が本質的な原因なのかをしっかり探り、その根本的な部分から治して口腔内をトータルに整えることが重要と考えています。

マイクロスコープを導入し、さらに精密な治療を実践

最近、マイクロスコープを導入なさったそうですね。

20190305 3

より精密で正確な治療を実現できるよう、マイクロスコープをこの10月から導入しています。患部を30倍に拡大して目視で確認できますので、以前にも増して緻密な治療を行えるようになりました。虫歯などすべての治療で活用していますが、中でも力を発揮するのが根管治療です。根管治療ではできるだけ神経を残すようにしているのですが、どうしても神経を取らざるを得ないような場合、神経の状態を詳しく見ることができますので、その判断も適切に行えます。マイクロスコープで撮影した動画をそのまま患者さんにお見せできる点も利点だと思います。

顎関節や噛み合わせについてはどのようなアプローチをしているのですか?

噛み合わせはよく噛んで消化を助けるという機能だけでなく、肩こりや頭痛、顎関節症などとも深い関係があります。顎関節の異常は、音がする、口を開けると痛いという場合は自覚できますが、症状のない人は気づきにくいでしょう。しかし噛み合わせをよく診ますと顎の関節にかなり負担がかかっていることがわかります。当クリニックでは、顎運動測定装置という特別な検査機器を使って顎のさまざまな動きを調べることが可能です。この機器で前後左右、開口・閉口運動など口を動かす時に、顎の関節がどんな動きをしているかを3次元的に精密に測定します。それを踏まえて、顎が正しい位置に戻るよう噛み合わせを作っていきます。この機器ではより定量的な診断を行えるので、より適切な治療方針が決定できます。

他に力を入れている分野について教えてください。

4

審美的処置や矯正、インプラント治療にも力を入れています。どの処置も最も重要視しているのは機能性です。本来の歯の機能を回復させることを第一に、さらに見た目の美しさも重視しています。矯正では、私が正しいと確信している咬合理論に基づいて抜かない矯正を行っています。矯正は第一小臼歯つまり前から4番目の歯を抜いてスペースを作る方法が主流となっていますが、4番目の歯は顎の位置を安定させるために非常な重要な歯です。当クリニックではこの歯を残す非抜歯矯正を行っています。インプラントは、ガイドシステムを導入しています。CTデータと模型データをコンピューター上で一致させて埋入計画を行い、その設計に沿って3Dプリンターでガイドを作成しますので、より安心、安全で正確な処置をめざすことが可能になります。

普段、心がけていることはどんなことですか?

自分が受けたいと思う治療を患者さんに施すこと、そして家族や友人に治療を行う感覚で患者さんに向き合うことです。治療内容については、今、考えられる最良の案をまず提示してお話させていただいています。幸い、噛み合わせや歯列矯正なども含めて総合的に口腔環境を改善したいという意識の高い方が増えていますので、そのご要望に応えられるよう精いっぱい努力しています。当クリニックのスタッフは経験豊富な人が多く、自ら率先して仕事をしてくれますので、とても助かっています。

口腔全体をトータルに診る世界基準の歯科医療を発信

これまでで何か心に残ったできごとはございますか。

5

総合病院での研修医時代、義歯の具合が悪く、刻み食しか食べられない方の治療をさせていただきました。総義歯を作ったのですが、治療後、ご家族の方が何人もいらっしゃってお礼を伝えてくださったときは、私もうれしくて泣いてしまったことを覚えています。噛み合わせが悪く、頭痛や肩こりのひどい方にマウスピースを装着した段階で喜ばれたこともありました。やはり咀嚼は栄養吸収の点でも重要ですし、脳にも刺激を与えますので意識や意欲を高める効果もあると思っています。

ところでお休みの日はどのように過ごしていますか。

休みの日はほとんどセミナーや勉強会に出かけています。非常に信頼できる先生に教えていただき、とても刺激になっています。同期で意識の高い仲間もいますから、自分も頑張ろうと、負けてはいられないとモチベーションが上がります。セミナーに出ない日は、専門書を読みこんだり、歯科技工士さんのところに行って技工物を作るなどして勉強しています。休みの日でも仕事のことしか考えていない状況です。あとは八千代市の歯科医師会の草野球チームでピッチャーをしていますので試合に出る日もあります。

では最後に今後の展望とメッセージをお願いいたします。

6

もともと院長がつくった歯科医院ですので、地域の方の歯の健康維持、メンテナンスも含めて一般歯科治療は今後もしっかりと継続していきたいです。マイクロスコープを活用して1本1本の歯を精密に丁寧に治療していくことは当然ですが、加えて総合的な診断力と一つ一つの技術力をさらに高めて、顎関節や噛み合わせなども含めた口腔全体をトータルに診る歯科医療をめざしたいと思います。当初と比べると自分が理想とする歯科医療に少しずつ近づいてきているように思いますので、さらに高みをめざし、世界基準の歯科医療を発信していきたいですね。私で対処できない場合は各分野それぞれ信頼できる歯科医師を紹介することもできますので、お気軽に相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/25万円~、顎運動測定検査/5万円~、審美歯科(セラミック)/6万円~、部分矯正/3万円~、小児矯正/25万円~、成人矯正/70万円~

Access